美麗な蜂たち(2013年7月10日)

東京は7月6日に梅雨明けした。この日は朝早くから岩手に行っていたので知らなかったが、今年の梅雨明けは記録的な早さだったらしい。
その後は猛暑が続き、ちょっと近所の公園に行っただけで倒れそうな暑さだ(苦笑)。
そんなことで郊外に出かける気にもなれず、過去画像から蜂について取り上げてみた。

写真1、2はルリモンハナバチ。
ルリモンハナバチは蜂の中でも美麗種として知られる。
写真1は一昨年(2011年)信州方面に旅行に行った際に撮ったもの。
写真2は昨年(2012年)東京郊外の里山で撮影した。
いずれも動きが速くてろくな写真が撮れなかった(苦笑)。

▼写真1 ルリモンハナバチ&マツムシソウ(2011年9月10日、長野県)
d0303129_2316405.jpg

※写真1はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

▼写真2 ルリモンハナバチ&キツネノマゴ(2012年9月7日、東京郊外)
d0303129_23165157.jpg


写真3、4はキコシホソハバチ。
ハバチの中で最も美麗と言われているようだ。
これは一昨年(2011年)東京近郊の公園で撮影した。

▼写真3 キコシホソハバチ&ハコベ その1a(2011年5月8日、東京近郊)
d0303129_2317298.jpg

▼写真4 キコシホソハバチ&ハコベ その1b(2011年5月8日、東京近郊)
d0303129_2317418.jpg

※写真3、4はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

写真5、6はセリシマハバチ。
セリシマハバチは都内でも時折見られる蜂で、珍しい蜂ではないと思うが、この日見かけた時にはとても綺麗に見えた。

▼写真5 セリシマハバチ その1a(2013年4月12日、東京近郊)
d0303129_23172329.jpg

▼写真6 セリシマハバチ その1b(2013年4月12日、東京近郊)
d0303129_23172989.jpg


写真7、8はニッポンハナダカバチ。
これは一昨年(2011年)信州方面に旅行に行った時に公園内の花にきているのを見つけた。
砂地に営巣する狩り蜂の仲間だ。緑色の複眼が綺麗だったが、動きが思いのほか速く、あまり良い写真は撮れなかった。

▼写真7 ニッポンハナダカバチ その1a(2011年7月23日、長野県)
d0303129_23174061.jpg

▼写真8 ニッポンハナダカバチ その1b(2011年7月23日、長野県)
d0303129_23174991.jpg

※写真7、8はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

写真9はハラアカヤドリハキリバチ。
これは写真2のルリモンハナバチと同じく昨年(2012年)東京郊外の里山で見つけた。個体差はあると思うが、この個体は翅が青く輝いて、腹部の赤とあいまってとても綺麗に見えた。

▼写真9 ハラアカヤドリハキリバチ&キツネノマゴ(2012年9月7日、東京郊外)
d0303129_23175892.jpg


写真10はキアシナガバチ。
美麗種と言う訳ではないが、アシナガバチの仲間はいずれも機能美を備えている気がして、一つだけ取り上げてみた。

▼写真10 キアシナガバチ(2013年4月15日、東京郊外)
d0303129_2318936.jpg


写真11はイワタセイボウ。
蜂の中で美麗種と言えばやはりセイボウの仲間だろう。
セイボウ類はこれまで見たことが無かったが、今年5月にゼフィルス狙いで出かけた神奈川県の公園で初めて見つけた。

▼写真11 イワタセイボウ(2013年5月22日、神奈川県)
d0303129_23182028.jpg


残念ながらボケボケの写真しか撮れないまま逃げられ、同定も難しい。一応イワタセイボウとしておく。
今年は他所でもセイボウの仲間らしき種を見かけているが、いずれも素早くて写真を撮るチャンスに恵まれなかった。
過去画像をひっくり返して綺麗な蜂を取り上げてみたつもりだったが、こうして見るとまともに撮れているのはセリシマハバチだけだ(苦笑)。
今年中にもう少し撮影チャンスがあると良いが…。

参考サイト:虫Navi、ほか

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-07-10 23:31 | 虻・蜂 | Comments(4)

Commented by twoguitar at 2013-07-13 20:36 x
6月9日のことですが、ゼフを見に行った神奈川県の公園で知人と出会い話をしていたら、ここでツマムラサキセイボウが現れるのを待っていると言っていました。上の写真は、イワタセイボウの方によく似ていますね。両方いるんでしょうか。
Commented by みき♂ at 2013-07-13 21:43 x
twoguitarさん、こんにちは。
ツマムラサキセイボウもいるのでしょうか。
今季この公園には5月22日〜6月9日の間に5回行ってきましたが、
その後まったく出会えませんでした。
来年のゼフィルスの時期にまたチェックしてみます。
Commented by Nature_Oyaji at 2015-08-27 12:58
こんにちは。
出会いたい昆虫を地名(大方 八王子です)で検索すると、必ずミキ♂さんのサイトがヒットして、覗いてしまいます^^)

今回は「ルリモンハナバチ」です。昨年も何度か検索していて、八王子と絡めて探すと小宮公園での撮影と記載のあるブログがあり、夏になったら探しに行こうと思っていたらトンボ沼にハマってしまい、未だ探しに行っていません
9月になっても見られることを信じてトンボ探しも兼ねて探してみます。今年の目標の一つなんです。
Commented by mikiosu at 2015-08-27 15:38
Nature Oyaji様
コメントありがとうございます。
ルリモンハナバチは主フィールドでも時折見られます。
今月も2回ほど見かけたので、数はそこそこいるのだと思います。花での吸蜜時間が短く、サッと撮らないと写っているのは花だけ…なんてことになります(苦笑)。近々拙ブログでも他の蜂と一緒に取り上げようかと思っていたところです。9月でも見るチャンスはあると思います。出会えると良いですね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード