あまり身近でないアブたち(2013年11月8日)

前回に引き続きアブの話題。
今回はあまり近所では見かけないアブたちだ。
写真1はスキバツリアブ。
クロバネツリアブは見たことがあるが、スキバツリアブは初めて見た。がっちりした体形でなかなか見応えのあるアブだ。

▼写真1 スキバツリアブ♀(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_23201426.jpg


写真2、3は帰省先の岩手で撮ったアカウシアブ。
アカウシアブはかなり大きかった。
体長は25ミリくらいとのことだが、感覚的には30ミリかそれ以上に見える。
写真は登山口の駐車場に車をとめていたときに撮ったもの。そこから山の中に入ってもぶんぶん飛び回っていた。私は刺されたことがないので特に気に留めなかった。実際には刺されるとかなり痛いらしい。

▼写真2 アカウシアブ♀ その1a(ノートリミング、2013年8月4日、岩手県)
d0303129_23205657.jpg

▼写真3 アカウシアブ♀ その1b(ノートリミング、2013年8月4日、岩手県)
d0303129_2321164.jpg


写真4、5も帰省先の峠付近で見つけたアブ。これはキスジアブではないかと思われる。
複眼の模様からすぐに分かると思ったのだが、なかなか分からなかった。記事のアップ直前にようやくネット上で似た写真を見つけた。
アカウシアブほどではないが、アブとしてはやや大きめに感じた。

▼写真4 キスジアブ その1a(ノートリミング、2013年8月4日、岩手県)
d0303129_2321844.jpg

▼写真5 キスジアブ その1b(2013年8月4日、岩手県)
d0303129_23214869.jpg


写真6はアオメアブ。
アオメアブには今年初めて出会った。三度目の出会いでやっと♀と分かる写真が撮れた。
光の加減で複眼は青緑色ではなく赤に見えた。

▼写真6 アオメアブ♀(ノートリミング、2013年9月18日、埼玉県)
d0303129_2322959.jpg


写真7は一昨年に林道脇で撮影したカワムラヒゲボソムシヒキ。
過去のアブ画像でお蔵入りしていたのを同定してみた。
今ならすぐにムシヒキアブの仲間だろうと見当がつくが、一昨年には分からなかったようだ。
こんなムシヒキアブに出会っていたとは自分でもちょっとびっくり(笑)。カワムラヒゲボソムシヒキにはこの一度しか出会っていない。

▼写真7 カワムラヒゲボソムシヒキ♀(2011年6月24日、東京郊外)
d0303129_23222293.jpg

※写真7はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

写真8、9は昨年春に撮ったセダカコガシラアブ。
この日はたくさん見かけた記憶があるが、今年はまったく見かけなかった。
林縁に咲くシャガの花の上で交尾しているカップルに、飛んできて邪魔する個体も見られた(写真9)。

▼写真8 セダカコガシラアブ その1(2012年5月16日、東京郊外)
d0303129_23223748.jpg

▼写真9 セダカコガシラアブ その2 交尾シーン(2012年5月16日、東京郊外)
d0303129_23222529.jpg

※写真8、9はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

写真10〜12は昨年秋に撮ったものの、最近ようやく同定できたルリミズアブ。
名前が分かってみると、特に珍しいアブではなかった。

▼写真10 ルリミズアブ♂ その1a(ノートリミング、2012年9月29日、東京郊外)
d0303129_2322392.jpg

▼写真11 ルリミズアブ♂ その1b(ノートリミング、2012年9月29日、東京郊外)
d0303129_23225858.jpg

▼写真12 ルリミズアブ♂ その1c(ノートリミング、2012年9月29日、東京郊外)
d0303129_2323556.jpg


一年近く名前が分からなかったのは、ルリミズアブにしては複眼が緑色っぽかったのと、翅を開いてとまっていたために、ネット上で絵合わせできる画像が少なかった。実際には翅を開いていた方が、腹部先端の方が太いというこのアブの特徴がよく分かるようだ。
この個体は林縁の散策路脇の手すりにとまってじっとしていた。

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-11-08 00:01 | 虻・蜂 | Comments(6)

Commented by puntamama at 2013-11-08 12:55
セダカコガシラアブ 名前のまんまですね (笑)
愉快な格好です!
Commented by Sippo5655 at 2013-11-08 21:28
いろんなアブがいるものですねぇ・・・
そういえばほぼ毎年、晩秋の頃によく見る
あれは、ハエかなあ?
面白い顔の子がいるんですよ^^
口をぽか~んと開けて、何やらギャグになりそうな(笑)
あの子の名前、調べたいけど無理そうです^^;
アブに刺されると大変なようですね。
夏場に何度か刺されて、1週間くらい?
痛かったような、痒かったような><
Commented by みき♂ at 2013-11-09 02:59 x
puntamama様
コメントありがとうございます。
セダカコガシラアブ、図鑑で見た通りの感じでした。小さいアブです。
Commented by みき♂ at 2013-11-09 03:02 x
Sippo様
コメントありがとうございます。
口をぽか〜んと開けた感じのハエ、気になります(笑)。

Sippoさんところのななちゃんが早く良くなるよう祈っております。
Commented by yoda-1 at 2013-11-09 05:59
確かに、半分以上はYODA未見に思えます。
特に、キスジアブの複眼の綺麗さと腹部の大きさが印象的です。
セダカアブは、昨年の北海道遠征で多数観てビックリした思いでがあります。
http://yoda1.exblog.jp/15700458/
Commented by みき♂ at 2013-11-09 11:36 x
yoda様
コメントありがとうございます。
アブも大きいのから小さいのまで、愛嬌のあるのからこわもてまで、いろいろバラエティに富んでいますね。
あとはヒラタアブ系ですが、過去画像をひっくり返すのが面倒なので、ある程度撮れたら載せるという方向で…(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード