人気ブログランキング |

ナミスジフユナミシャク その2(2014年1月13日)

12月下旬に見られはじめたナミスジフユナミシャク、年明けには主フィールドでよく見られるようになった。
写真1は擬木柵で、写真2はトイレの中で見つけた♂。

▼写真1 ナミスジフユナミシャク♂ その1(ノートリミング、2014年1月2日、東京近郊)
d0303129_2261875.jpg

※OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

▼写真2 ナミスジフユナミシャク♂ その2(2014年1月2日、東京近郊)
d0303129_2263175.jpg

※ニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真3、4は木柵で見つけた♀。
淡いグリーンに見えたので遠目にはイチモジフユナミシャク♀かと思ったが、近くでよく見ると腹部の鱗粉(?)がはげたナミスジフユナミシャク♀だった。

▼写真3 ナミスジフユナミシャク♀ その1a(ノートリミング、2014年1月2日、東京近郊)
d0303129_2264357.jpg

▼写真4 ナミスジフユナミシャク♀ その1b(2014年1月2日、東京近郊)
d0303129_2264268.jpg

※写真3、4はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真5は初詣に出かけた東京郊外の山麓のガードレールで見つけた♂。
翅を開いていないので確信はないものの、ナミスジフユナミシャク♂の羽化間もない個体ではないかと思う。
薄暗いのはもう17時近かったから。初詣の帰り、生ビール&蕎麦を堪能した後に山麓をひと回りして見つけた。

▼写真5 ナミスジフユナミシャク♂ その3(ノートリミング、2014年1月3日、東京郊外)
d0303129_22652100.jpg

※OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真6〜8は1月9日に主フィールドで見つけた♀と♂。

▼写真6 ナミスジフユナミシャク♀ その2a(ノートリミング、2014年1月9日、東京近郊)
d0303129_2271259.jpg

▼写真7 ナミスジフユナミシャク♀ その2b(2014年1月9日、東京近郊)
d0303129_2272226.jpg

▼写真8 ナミスジフユナミシャク♂ その4(ノートリミング、2014年1月9日、東京近郊)
d0303129_229089.jpg

※写真6〜8はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真9、10は1月11日に見つけた♂と♀。
このように、主フィールドでは擬木柵で毎日のように見られる。

▼写真9 ナミスジフユナミシャク♂ その5(ノートリミング、2014年1月11日、東京近郊)
d0303129_229951.jpg

※写真9はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

▼写真10 ナミスジフユナミシャク♀ その3(ノートリミング、2014年1月11日、東京近郊)
d0303129_229174.jpg

※OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

フユシャク類の♀に関しては、蛾の種類も多い郊外の野山では逆に見つけることが難しい。♂の姿は灯火廻りで見つけることもできるだろうが、♀の姿はどこを探して良いのかポイントが掴みにくいのだろう。
主フィールドのように、昼間手軽に♂も♀も見つけられる場所はなかなかないのではなかろうか。

参考サイト:虫Navi日本産フユシャクWEB図鑑相模国の自然スケッチ、ほか

by mikiosu | 2014-01-13 02:30 | | Comments(2)

Commented by himeoo27 at 2014-01-13 09:40
冬尺蛾メスを樹の幹で見つけることは、
御神木と呼ばれるような生息確率の高い樹の幹
で探す以外、私のように目が悪いと「まぐれ」を期
待するしか方法がありません。
貴兄のポイントのように人工木の杭や、夜灯火が
灯るトイレや街灯廻りは、メスが見つけやすいの
かな?
Commented by みき♂ at 2014-01-14 02:03 x
himeoo様
コメントありがとうございます。
一昨年に初めてフユシャク類の♀を見てから、今季が3年目。
蝶・蛾以外の昆虫も少ない真冬の間の無聊をフユシャク類に慰めてもらっている感じです。
最近は公園内のトイレもこぎれいになって、蛾類が見つけにくくなっているのが寂しいです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード