最近買った虫の本2(2015年2月23日)

昨年2月に「最近買った虫の本」という記事をアップしていた。
この1年間にもいろいろ買った。その一部を紹介してみたい。

写真1は『イモムシのふしぎ』(森昭彦著、SBクリエイティブ発行、税別1200円)。
蝶や蛾のイモムシの生態などが詳しく書かれていて勉強になった。

▼写真1 イモムシのふしぎ
d0303129_23152516.jpg


写真2〜5はすべて今森光彦氏の本だ。
写真2は『世界のチョウ』(今森光彦著、アリス館発行、税別3800円)。
今のところ海外まで蝶を撮りに行く予定はないが、海外の美麗な蝶の写真を見るのは結構好きだ。

▼写真2 世界のチョウ
d0303129_2316922.jpg


写真3は『昆虫4億年の旅』(今森光彦著、新潮社、税別3600円)、写真4は『ネイチャーフォトギャラリー』(今森光彦著、偕成社、税別1800円)。
これは確か2冊一緒に買った。今森光彦氏の本は写真ばかりでなく、撮影時のエピソードも興味深いものがある。

▼写真3 昆虫4億年の旅
d0303129_2316311.jpg

▼写真4 ネイチャーフォトギャラリー
d0303129_23164263.jpg


写真5は『世界昆虫記』(今森光彦著、福音館書店)。
これは古本屋で見つけて買ってきた。というか、何か今森光彦氏の本がないか探しに行って買った。前の持ち主が熱心に読み込んだと見えてかなり傷んでいた。その分安く買えた。

▼写真5 世界昆虫記
d0303129_23163639.jpg


写真6は『チョウのすべて』(渡辺康之著、トンボ出版、税別1800円)。
子どもでも読めるように平易な語り口でチョウの生態を解説した本。50ページくらいですぐに読み終えてしまうが、ゴマシジミなどはアリの巣の中の幼虫の姿まで撮られていて、かなり勉強になる。

▼写真6 チョウのすべて
d0303129_23164337.jpg


写真7、8は同じ渡辺康之氏の著作『ウスバキチョウ』(北海道大学図書刊行会、税別15000円)。
この本でウスバキチョウの写真を眺め、撮りに行きたいというテンションを高めようと言う寸法だ(笑)。
この本はちょっと高いので買おうかどうしようか迷っていた。
「ウスバキチョウの本を買おうかと思ってるんだ」と家人に話すと、
「高いの? 買って上げようか」とニコニコしながら言う。ん? なんでだ。
…ははあ、こいつまたどこかに旅行するつもりだな。
そう思って聞くと、やはり沖縄に行ってくるらしい。まあいいけど。

▼写真7 ウスバキチョウ(外箱)
d0303129_23171956.jpg

▼写真8 ウスバキチョウ(表紙)
d0303129_23172933.jpg


そんなことで、『ウスバキチョウ』を家人に買ってもらうことになったので、どちらにしようか少しばかり迷っていた本を自分で買うことにした。
写真9はその『大雪山の自然3 動物昆虫』(昆野安彦&丹治茂雄著、北海道新聞社、税別13000円)。
こちらの本にもウスバキチョウのほか、ダイセツタカネヒカゲ、アサヒヒョウモンが取り上げられている。
蝶や蛾のほか、エゾナキウサギ、エゾシマリスなどの写真もたくさんあって、小動物好きの家人にはこちらの方が受けは良かったようだ(笑)。
大雪山か…、行ってみたいなあ(遠い眼)。

▼写真9 大雪山の自然3
d0303129_23172246.jpg


最後におまけ。
『ウスバキチョウ』『大雪山の自然3』を買ったついでにオコジョの写真集も買ってしまった(世界文化社、税別920円)。
この本には「てくてく写日記」のbanyanさんが撮られたオコジョの写真も掲載されているそうだ。

▼写真10 オコジョ
d0303129_23173377.jpg


撮影機材:OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

by mikiosu | 2015-02-23 23:19 | その他 | Comments(2)

Commented by yurinBD at 2015-02-26 23:01
たくさんの本を読まれているのですね!
改めてみき♂さんの蝶、昆虫への愛情の深さを感じます!
大雪山のウスバキチョウ、ダイセツタカネヒカゲ、
アサヒヒョウモン、憧れますね~。
テンションを高めて是非ウスバキチョウの撮影に!
奥様も沖縄なのですから、みき♂さんの北海道もアリです(笑)
Commented by みき♂ at 2015-02-27 03:47 x
yurin様
コメントありがとうございます。
本は最近、昆虫関係のものしか読んでいません(苦笑)。
大雪山、結構テンションが上がってます。
もっと背中を押してください(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード