人気ブログランキング |

ホシミスジの幼虫&前蛹&蛹、ほか(2017年5月9日)

近所の公園では引き続きホシミスジ幼虫を観察している。
5月1日にはこれまで見つけていなかったユキヤナギの株2つで計4匹の幼虫を新たに見つけた。
写真1はその中の1匹。

▼写真1 ホシミスジ幼虫 その1(2017年5月1日、都区内)
d0303129_12335411.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真2は越冬巣から観察している個体。
5月1日には、もう巣にはとても入りきれない大きさに(幼虫のいる枝の先にぶら下がっている葉っぱの切れ端のようなものが越冬巣)。

▼写真2 ホシミスジ幼虫 その2a(2017年5月1日、都区内)
d0303129_1234435.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

5月8日には20ミリくらいの大きさになっていた(写真3)。
ホシミスジ幼虫は枝の上で身体をくねらせてとまっていることが多い。枝と身体の間から向こう側の葉っぱが見えると、幼虫の尾部にある緑色の三角斑とそっくりだ。これによって天敵の目を逃れているのだろうか。

▼写真3 ホシミスジ幼虫 その2b(2017年5月8日、都区内)
d0303129_12341732.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

5月2日には拙宅前の公園にあるコデマリでヘムレンさんがホシミスジ幼虫を新たに見つけてくれた。

▼写真4 ホシミスジ幼虫 その3(2017年5月2日、都区内)
d0303129_12342868.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

コデマリはもうひと株あるので、そちらもチェックしてみると幼虫が3匹見つかった。
写真5は花の部分にいた幼虫。

▼写真5 ホシミスジ幼虫 その4(2017年5月2日、都区内)
d0303129_12343825.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真6の幼虫は前蛹になろうかという姿をしていた。

▼写真6 ホシミスジ幼虫 その5a(2017年5月2日、都区内)
d0303129_12344969.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

翌日には前蛹になっていた(写真7)。

▼写真7 ホシミスジ前蛹 その5b(2017年5月3日、都区内)
d0303129_12354739.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

前蛹の姿は二日続き、三日目の5日にようやく蛹になった(写真8)。

▼写真8 ホシミスジ蛹 その5c(2017年5月5日、都区内)
d0303129_12355688.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真9は反対側から撮ったもの。

▼写真9 ホシミスジ蛹 その5d(2017年5月7日、都区内)
d0303129_12363963.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

5月8日の時点では蛹2個、幼虫3匹が健在。丹念に探せばもっと見つかると思うけれど、とりあえずは蛹を継続観察して、できれば羽化に立ち会いたいと思う。

写真10は拙宅前のエノキ幼木にいたアカボシゴマダラ幼虫。
これはその後姿が見えなくなった。

▼写真10 アカボシゴマダラ幼虫(2017年5月1日、都区内)
d0303129_1237160.jpg

※写真10はOM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真11は東京郊外で見つけたアカタテハの若齢幼虫。
食草の葉っぱを閉じ合わせて潜んでいたのをちょっと開いてみた。

▼写真11 アカタテハ幼虫(2017年5月3日、東京郊外)
d0303129_12371114.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真12、13はミドリシジミの幼虫。
これは遠征時にヘムレンさん、おはるさんに探してもらった。
10ミリ前後の大きさで、これも葉っぱを閉じて潜んでいたのを開いてみた。

▼写真12 ミドリシジミ幼虫 その1(2017年4月28日、埼玉県)
d0303129_12372192.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真13 ミドリシジミ幼虫 その2(2017年4月28日、埼玉県)
d0303129_12373110.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真14はウラナミアカシジミの幼虫。
主フィールドでおはるさんが見つけて教えてくれた。擬木柵を歩いていたのをコナラの葉に移したもの。

▼写真14 ウラナミアカシジミ幼虫(2017年4月30日、東京近郊)
d0303129_12374030.jpg

※写真14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

シジミチョウ類の幼虫は小さいけれどなかなか味があって、見ていても楽しい。もっとたくさん見てみたいものだ。

by mikiosu | 2017-05-09 23:59 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード