アサギマダラの幼虫(2017年12月10日)

12月7日は東京郊外にアサギマダラの幼虫を見に行ってみた。
今年は秋にアサギマダラが来ていたかどうかもほとんどチェックしていなかったので、幼虫がどれくらいいるかまったく分からない。

写真1はアサギマダラの幼虫。
この日見た中で一番小さな幼虫が2匹。大きさは約5ミリ。はっきりは分からないが一齢幼虫かもしれない。

▼写真1 アサギマダラの幼虫 その1(マクロフラッシュ、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_1415477.jpg


写真2も一齢幼虫かな。

▼写真2 アサギマダラの幼虫 その2a(マクロフラッシュ、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_142252.jpg


よく見ると近くに卵らしきものも写っていた(写真3)。

▼写真3 アサギマダラの幼虫 その2b(マクロフラッシュ、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_1421118.jpg


写真4はもう少し大きな幼虫。
約8ミリ。多分二齢幼虫ではないかと思う。

▼写真4 アサギマダラの幼虫 その3(マクロフラッシュ、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_142196.jpg


写真5は葉裏で食事中の幼虫。
大きさは約7ミリ。肉角がはっきり出ているが、ヘッドカプセルは黒なので二齢幼虫と思う。

▼写真5 アサギマダラの幼虫 その4(マクロフラッシュ、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_1422676.jpg


写真6は自然光で撮ったもの。
これは三齢幼虫と思う。大きさは約9ミリ。

▼写真6 アサギマダラの幼虫 その5a(自然光、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_1423436.jpg


同じ個体をマクロフラッシュで撮ったのが写真7。
マクロフラッシュを使った方が鮮明で良い。外部ストロボでも良いのだが、マクロフラッシュの方が外部ストロボよりも軽くて、葉っぱを裏返しながら片手取りするのには都合が良い。

▼写真7 アサギマダラの幼虫 その5b(マクロフラッシュ、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_1424539.jpg


写真8、9はやや大きめの個体。
約12ミリの三齢幼虫。キジョランには大きな食痕が3つあった。

▼写真8 アサギマダラの幼虫 その6a(マクロフラッシュ、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_1425434.jpg

▼写真9 アサギマダラの幼虫 その6b(マクロフラッシュ、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_14315.jpg


写真10はこの日一番大きな個体。
遠い上に角度も悪くて正確な計測はできていないが、15ミリくらい。横幅もあって重量感があった。

▼写真10 アサギマダラの幼虫 その7(マクロフラッシュ、2017年12月7日、東京郊外)
d0303129_143962.jpg


この日は全部で8個体見られた。まだ12月なので10個体以上はいないと、春まで観察できるかどうかやや心配なところだ。今年はすでにかなり寒くなっているので何とか無事に生き延びて欲しい。


撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

by mikiosu | 2017-12-10 23:59 | | Comments(4)

Commented by だんちょう at 2017-12-13 10:04 x
おはようございます!

アサギマダラですかぁ、羨ましいですね!

北海道では、まずあまり見かけないので見つけると凄く嬉しいですまだぼくは2回しか見たことがありません(っ´ω`c)
Commented at 2017-12-13 22:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikiosu at 2017-12-14 05:10
だんちょう様
コメントありがとうございます。
アサギマダラもさすがに北海道まで行くのは大変なのですね。幼虫の姿は春まで追いかけてみたいと思っているのでご期待ください。と言っても今季は数が少なかったので継続観察ができるかちょっと心配です。
Commented by mikiosu at 2017-12-14 05:13
鍵コメ様
そんなこととはつゆ知らず、失礼いたしました。
これから一段と寒くなりますのでご自愛ください。後ほどメール致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード