秋以降の甲虫&カメムシ(2017年12月13日)

9月以降に撮った甲虫類が未掲載なので今のうちに載せておく。今のうち…というのは、放っておくと未掲載のままお蔵入りになってしまうからだ(汗)。

写真1はオオセンチコガネ。
これは鷹の渡りを見に行った際に見つけた。飛んできたのを追いかけて狙ったのだが、あっという間に潜り込んでしまい、望遠ズームレンズを付けたままでやっと撮ったのがコレ。
今年はオオセンチコガネをあちこちで見かけたけれど、飛んでいるシーンばかりでシャッターチャンスはほとんどなかった。飛んでいてもセンチコガネよりきらびやかに見える。できれば飛翔シーンも撮ってみたいけど、ちょっと無理(笑)。

▼写真1 オオセンチコガネ(2017年9月21日、埼玉県)
d0303129_141092.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真2〜5はマメハンミョウ。
これは北関東方面にシルビアシジミを見に行ったときに見つけた。
マメハンミョウはヒメツチハンミョウなどの仲間で、カンタリジンという毒成分を持っているので素手で触るのはやめた方が良いということになっている。
草地の一角にまとまって発生していて、交尾シーンも見られた(写真5)。

▼写真2 マメハンミョウ その1(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1411041.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真3 マメハンミョウ その2(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1411749.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

▼写真4 マメハンミョウ その3(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1412563.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真5 マメハンミョウ その4 交尾シーン(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1413434.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真6〜8は主フィールドで撮ったコミミズクの幼虫。
コミミズクは甲虫ではなくカメムシ目(半翅目)の仲間だ。冬になると公園内の柵で時折見かける。ミミズクも見られることがあるがコミミズクの方がずっと多い気がする。

▼写真6 コミミズクの幼虫 その1(2017年10月24日、東京近郊)
d0303129_1414477.jpg

▼写真7 コミミズクの幼虫 その2(2017年10月24日、東京近郊)
d0303129_1415316.jpg


写真8は歩いているところ。
コミミズク幼虫については、どこかでイカみたいだと書いているのを見た気がするが、まったく同感である(笑)。知らない人に、これはイカの子供だよ、と言えば信じてしまうに違いない(?)。

▼写真8 コミミズクの幼虫 その3(2017年10月24日、東京近郊)
d0303129_142054.jpg

※写真6〜8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真9はヒゲナガサシガメの幼虫。
ヒゲナガサシガメの成虫はあまり見かけない。幼虫はたまに見かける。

▼写真9 ヒゲナガサシガメの幼虫(2017年10月24日、東京近郊)
d0303129_142858.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真10はウシカメムシの幼虫。
ウシカメムシも冬になるとよく見かける。

▼写真10 ウシカメムシの幼虫(2017年10月24日、東京近郊)
d0303129_1421660.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真11〜14はオオキンカメムシ。
オオキンカメムシは房総方面にルーミスシジミを見に行くときのお楽しみの一つである。
できれば集団で越冬しているところを見てみたかったけれど、1匹いただけでも良しとしよう。

▼写真11 オオキンカメムシ その1a(ノートリミング、2017年11月29日、千葉県)
d0303129_1422712.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真12 オオキンカメムシ その1b(ストロボ撮影、2017年11月29日、千葉県)
d0303129_1423451.jpg


拡大してみる(写真13)。
何だか樹脂でできた作り物みたいな雰囲気と言えなくもない。

▼写真13 オオキンカメムシ その1c(ストロボ撮影、2017年11月29日、千葉県)
d0303129_1424842.jpg


少し横からも撮ってみた(写真14)。
腹面もちょっと興味深い。

▼写真14 オオキンカメムシ その1d(ストロボ撮影、2017年11月29日、千葉県)
d0303129_1425633.jpg

※写真12〜14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

ちょうど通りかかった地元の方によると、落ちていた翅を何枚か拾って飾っているという。何年経っても色褪せないとのことであった。

by mikiosu | 2017-12-13 23:59 | 甲虫 | Comments(6)

Commented by だんちょう at 2017-12-18 21:22 x
こんばんは!!

マメハンミョウめちゃくちゃ格好よいですね!

カンタリジン出すんですね。
メノコたちと一緒ですね!
Commented by mikiosu at 2017-12-19 11:59
だんちょう様
コメントありがとうございます。
マメハンミョウ、初見でしたがなかなか興味深い昆虫ですね。
成虫は大豆などを食べるので害虫、幼虫はバッタ類の卵を食べるので益虫という風変わりな扱いをされているようです。
Commented by Sippo5655 at 2017-12-19 21:30
マメハンミョウは、ずっと以前ですが
向日葵の花びらを
もぐもぐしていた子と同じ、、
だったと思います^^;
コミミズクの幼虫は、毎年探しているのですが
見つかりません。
なるほど、イカと言われてみればイカですね(=^・^=)
オオキンカメムシもまだ未見です。
落ちた翅は、色褪せたりしないのでしょうか。
あと、ウシカメムシは幼虫のインパクトも凄いですね!
Commented by nori at 2017-12-20 10:38 x
オオキンカメムシいいですね!
以前伊豆で探したことがありますが
南国ぽいオーラが出ていますよね。
退色しないというのは知りませんでした。
コミミズク幼虫は私はいつもシャコぽいなと思っていましたが
頭のほうは確かにイカぽいですね(^_^)
Commented by mikiosu at 2017-12-20 12:15
Sippo様
コメントありがとうございます。
調べたところではひまわりの花を食べるかどうか分かりませんでした。とは言え食べる範囲はかなり広いようなのでひまわりも食べるかもしれません。
コミミズク幼虫は自分の経験では風の強い日の翌日に柵で見つかることが多い気がします。風で落っこちてくるのかもしれません。
Commented by mikiosu at 2017-12-20 12:21
nori様
コメントありがとうございます。
オオキンカメムシ、退色しないかどうか、自分でも拾って確かめてみたいです。タマムシは何年も前に拾いましたが退色しませんね。
シャコですか、画像検索してみると…ホントだ似てる(笑)。私はエビは食べられますがシャコはちょっと無理です(汗)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード