最近買った虫の本7(2017年12月20日)

最近買った虫の本の紹介を最後にやったのは2016年6月なので、一年半もやってなかった(反省)。本を買うたびに写真を撮っておくようにしているが、さすがに一年半も放置しておくと全部紹介するのは何だか面倒だ(笑)。
そんなことでかいつまんで紹介する。

写真1はちょうちょ通信VOL.1。

▼写真1 ちょうちょ通信VOL.1
d0303129_14593711.jpg


ちょうちょ通信はブログ「わさびの萌え萌えいもむし&むしブログ☆」をやっておられるわさびさんが作成している冊子だ。付録のペーパークラフトはご友人が作ってくださっているとのこと。
これまでに、
・ちょうちょ通信2016冬号VOL.1「冬のチョウたちを探そう!」(付録;オオムラサキようちゅうペーパークラフト)、
・ちょうちょ通信2017初夏号VOL.2「みんな大好き! アゲハチョウ」(付録;アゲハ幼虫ペーパークラフト)、
・ちょうちょ通信2017夏号VOL.3「日本の国蝶! オオムラサキ」(付録;うごこくオオムラサキ)、
・ちょうちょ通信2017冬号VOL.4「海を渡るチョウ! アサギマダラ」、
の4号まで発行されている(2017年12月20日現在)。

写真2は『ずかん 虫の巣』(監修:岡島秀治、写真:安田守、技術評論社、2015年8月20日初版発行、128ページ、本体価格2680円)

▼写真2 『ずかん 虫の巣』
d0303129_14594514.jpg


一応子供向けの本になっているのだけれど、いつもながら子供向けの本の質の高さに驚く。私にはかなり勉強になる。

写真3は『超拡大で虫と植物と鉱物を撮る』(監修:日本自然科学写真協会、文一総合出版、2017年5月15日初版発行、128ページ、本体価格2400円)

▼写真3 『超拡大で虫と植物と鉱物を撮る』
d0303129_14595310.jpg


タイトルで大体中身が分かると思う。マクロ撮影に懲りたい人にはかなり参考になると思う。自分にはちょっとハードルが高いか。

写真4は文一総合出版のハンドブック3冊。

▼写真4 『アリハンドブック』ほか
d0303129_1506100.jpg


今年も文一総合出版のハンドブックはいろいろ買った。
・『アリハンドブック』(解説:寺山守、写真:久保田敏、文一総合出版、2011年4月1日初版第二刷発行、80ページ、本体価格1400円)
・『新カミキリムシハンドブック』(鈴木知之著、文一総合出版、2017年3月30日新版第一刷発行、128ページ、本体価格1600円)
・『ハエトリグモハンドブック』(須黒達巳著、文一総合出版、2017年6月24日初版発行、144ページ、本体価格1800円)
写真はないが『ハチハンドブック』(藤丸篤夫著、文一総合出版、2016年6月17日初版第二刷発行、104ページ、本体価格1400円)も買っている。

写真5は『蝶の採集マップ 関東中部篇』(西山保典編、朝日出版社、1984年8月25日初版発行、120ページ、定価880円)

▼写真5 『蝶の採集マップ 関東中部篇』
d0303129_150167.jpg


これは近所の古本屋で見つけた。以前石川会長に見せて貰って欲しいなと思っていた。内容はやや古いがチョウのポイントまで電車やバス、徒歩で行く方法と時間、料金まで書いているのが面白い。

写真6は『蟲の饗宴』(奥本大三郎著、世界文化社、2017年10月1日初版発行、128ページ、本体価格1400円)

▼写真6 『蟲の饗宴』
d0303129_1502460.jpg


どうも読んだことがある気がする。昨年の引っ越し以来蔵書を整理していないのでダブっているのかどうか調べられない(苦笑)。内容は雑誌「太陽」に連載された『蟲の饗宴』(1982年〜1984年)に加筆・修正を加えたものとのこと。

写真7は『海野和男の蝶撮影テクニック』(海野和夫著、草思社、2017年12月13日初版発行、128ページ、本体価格1800円)

▼写真7 『海野和男の蝶撮影テクニック』
d0303129_1503340.jpg


ご存じ海野和男氏の最新刊。海野氏のサイトをいつもチェックしていて、12月8日に発売と書いてあったのでその日に書店で買った。

写真8は『ギフチョウの里』(栗田貞多男編著、小田高平、阿部泰文、ギフチョウの里刊行委員会著、クリエイティブセンター、2016年4月30日初版発行、160ページ、本体価格9800円)

▼写真8 『ギフチョウの里』
d0303129_1504136.jpg


栗田貞多男氏が8年間に渡って撮影、記録したギフチョウ&ヒメギフチョウの生活史。昨年からずっと気になっていたのをようやく買った。冬の間にじっくり読んで春の女神との出会いに備えたい。

写真9、10は『日本産蝶類幼虫・成虫図鑑Ⅱ シジミチョウ科』(手代木求著、東海大学出版会、1997年7月5日初版発行、140ページ、本体価格24000円)

▼写真9 『日本産蝶類幼虫・成虫図鑑Ⅱ シジミチョウ科』(外箱)
d0303129_1505152.jpg

▼写真10 『日本産蝶類幼虫・成虫図鑑Ⅱ シジミチョウ科』(ウラジロミドリシジミのページ)
d0303129_1505875.jpg


これは神保町の古本屋で見つけて買った。
ちょっと高かったが内容を見たら欲しくなってしまった。写真10に見られるようにシジミチョウ類の幼虫も蛹も卵も成虫も、かなり質の高いイラストで描かれていて、眺めているだけでも楽しくなる。姉妹編のタテハチョウ科も欲しかったが一度に買うと財布へのダメージが大きいので自重(笑)。でも次に見たら買うんじゃないかな…。

本の紹介としては判型も掲載すべきところであるが調べるのが面倒なので堪忍してください…。
では皆さま、 Joyeux Noël!

by mikiosu | 2017-12-20 23:59 | その他 | Comments(6)

Commented by だんちょう at 2017-12-25 10:40 x
こんにちは(*´∀`)

凄いたくさんの昆虫の本を購入されているのですね!!

僕は最後にかったのも忘れてしまうほどのかなり前になります!

どの本も興味深い本ばかりですね🎄🎄🎄
Commented by mikiosu at 2017-12-26 12:29
だんちょう様
コメントありがとうございます。
昆虫絡みの本は写真を撮り始める前から好きなので、最近はますます買いまくってます(笑)。
Commented by twoguitar at 2017-12-26 14:39 x
蝶だけでなく虫全般を幅広く求めていますね。
チョウ通信まであって驚きました。
良い年をお迎えください。
Commented by mikiosu at 2017-12-27 12:18
twoguitar様
コメントありがとうございます。
近年読むのは昆虫関係ばかりで文芸書はほとんど読んでません(苦笑)。
twoguitarさんもどうぞよいお年を。
Commented by Sippo5655 at 2017-12-27 22:45
様々な本があるものですね!
ネットでいろいろ調べられる時代ですが
紙の本と対峙するのとは全然違う

私もお気に入りの本を、
もっと増やしたいです♪
Commented by mikiosu at 2017-12-28 14:06
Sippo様
コメントありがとうございます。
自分は元々活字人間なので紙媒体には思い入れがあります。電子書籍とかはちょっと…。と言いつつ本の整理をまったくしてなくて困ってます(苦笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード