人気ブログランキング |

サカハチチョウ春型は裏翅が綺麗(2018年4月25日)

4月21日は二日前と同じ東京郊外に遠征。前回1匹だけ見かけたサカハチチョウは増えているだろうか。

目当てのポイントに着くとすでに撮っている方がおられた。
広場の隅に積んである白っぽい砂利の山に複数のサカハチチョウがきて吸水していた。

写真1〜4はサカハチチョウ。
砂利の山の上にとまっているのをつま先立ちで撮る。そのせいで脚先まで写っていないが、まあ翅が写っていれば良いかな(笑)。
背景が緑、地面が白で露出の変化が激しい。ほんのちょっとした角度の違いで色再現が大きく変わる。
暗い画像から明るい画像へと並べてみる(写真1〜4)。
(写真1のみ補正なし。写真2〜4は+0.3EV)

▼写真1 サカハチチョウ その1a(ノートリミング、2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_143292.jpg

▼写真2 サカハチチョウ その1b(ノートリミング、+0.3補正、2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14321961.jpg

▼写真3 サカハチチョウ その1c(ノートリミング、+0.3補正、2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14322524.jpg

▼写真4 サカハチチョウ その1d(ノートリミング、+0.3補正、2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14323390.jpg


拡大画像も並べてみる(写真5〜7)。
以前も書いたことがあるけれど、サカハチチョウ春型の裏翅は鉱物の断面みたいで結構好きなのだ。
今日はこういうシーンを撮りたかったのでミッションクリア!(笑)

▼写真5 サカハチチョウ その1e(+0.3補正、2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_1432415.jpg

▼写真6 サカハチチョウ その1f(+0.3補正、2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14324851.jpg

▼写真7 サカハチチョウ その1g(+0.3補正、2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14325461.jpg

※写真1〜7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

裏翅をたっぷり撮ったあとは開翅にチャレンジ。
写真8〜12はサカハチチョウの開翅シーン。
この個体は砂利の山の脇で吸水していたようだ。これは♂だと思う。

▼写真8 サカハチチョウ その2a 開翅(2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_1433340.jpg

▼写真9 サカハチチョウ その2b 開翅(2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14331260.jpg

▼写真10 サカハチチョウ その2c 開翅(2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14332011.jpg

▼写真11 サカハチチョウ その2d 開翅(2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14332768.jpg

▼写真12 サカハチチョウ その2e 開翅(2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14333565.jpg

※写真8〜12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

砂利山の中腹で吸水する個体も(写真13)。

▼写真13 サカハチチョウ その3 開翅(2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14334416.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

一昨日見かけたときには草地に砂利の山は見た目も良くないしどうかなと思ったが、サカハチチョウにとっては良い吸水ポイントになっているようだ。
これが良い採集ポイントにならなければ良いのだけれど。

この日は暑かったので汗を吸いにくる個体もいた。最初は右手にとまったので撮れなかった。一度飛んだ隙にマクロレンズに交換して待っているとほどなく左手にとまってくれた。

写真14、15はサカハチチョウの手乗り写真。
空背景(写真14)と緑背景(写真15)で撮ってみた。

▼写真14 サカハチチョウ その4a 手乗り(ノートリミング、2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14335273.jpg

▼写真15 サカハチチョウ その4b 手乗り(2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_1434240.jpg

※写真14、15はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

帰りには林道脇の葉上にとまる姿も撮っておく(写真16)。
サカハチチョウは地面どまりが多い。葉上にとまる姿はチャンスがあれば押さえておきたい。葉っぱは萎れていたけど(苦笑)。

▼写真16 サカハチチョウ その5(2018年4月21日、東京郊外)
d0303129_14341044.jpg

※写真16はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

一昨日には1匹だけ見かけたサカハチチョウ、この日は7〜8匹は見られただろうか。1日おいて出かけたのは良い選択だったかもしれない(自画自賛)。
昨年撮れた卵の写真は枯葉に1個産み付けたもの。今季はできればカラムシの葉裏に2〜3個重ねて産み付けたものを見てみたい。(つづく)

by mikiosu | 2018-04-25 15:30 | | Comments(6)

Commented by twoguitar at 2018-04-25 17:34 x
裏面の紋様、とても綺麗です!
雲の上に載るような写真も面白いですね。

サカハチチョウも今季は早いですね。
一緒に行ったときは5月中旬でしたよね。
Commented by だんちょう at 2018-04-26 01:43 x
こんばんは(o´∀`)b

サカハチチョウ、こちらではごくごく普通に見られる蝶ですが、改めて見るとその美しさはピカイチですね!
特に春型は格好よいですね!!
Commented by mikiosu at 2018-04-26 02:57
twoguitar様
コメントありがとうございます。
サカハチチョウ、春型の裏翅は綺麗ですよね。
ちょうど白っぽい砂利の上で良かったかもしれません。
今季は季節の進み方が2週間くらい早い感じがしています。
Commented by mikiosu at 2018-04-26 03:02
だんちょう様
コメントありがとうございます。
サカハチチョウは夏型も嫌いじゃないですが、やっぱり春型が好きです。いつか北海道でアカマダラも見てみたいです。
Commented by nika4 at 2018-04-26 07:10 x
こんにちは。
手乗りサカハチとは羨ましい!
ナイスです!
Commented by mikiosu at 2018-04-26 22:01
nika様
コメント&ナイスありがとうございます。
サカハチチョウは割りと手乗りしやすいと思います。
それよか以前nikaさんが撮られていた重なった卵の方がずっとナイスです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード