羽化直後のアカボシゴマダラ(2018年5月15日)

天気もあまり良くなかった5月9日は近所の公園でアカボシゴマダラを見つけた。
午後遅く出かけようとしていたところ、家に戻ってカメラを持ってきて撮影する。

写真1は羽化直後と思われるアカボシゴマダラ。
これは15時頃の撮影。この日は寒かったので何時頃に羽化したのか分からない。

▼写真1 アカボシゴマダラ その1a(ノートリミング、2018年5月9日、東京都)
d0303129_247213.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

蛹殻も写るように撮ってみた(写真2)。
このあたりのエノキの幼木で幼虫を数匹観察していた。幼虫の姿を最後に見たのは4月17日。それから約3週間になる。

▼写真2 アカボシゴマダラ その1b(ノートリミング、2018年5月9日、東京都)
d0303129_2473620.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

反対側からも撮っておく(写真3)。

▼写真3 アカボシゴマダラ その1c(ノートリミング、2018年5月9日、東京都)
d0303129_2474560.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

30ミリマクロでも撮ってみた(写真4)。
アカボシゴマダラは通常は複眼が黒いのだが、これはオレンジ色の複眼。これまで2〜3個体撮ったことがある。

▼写真4 アカボシゴマダラ その1d(2018年5月9日、東京都)
d0303129_2475381.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

アカボシゴマダラの複眼は羽化後にだんだん黒くなるということではないように思う。
多分複眼の黒いタイプとオレンジ色のタイプがあるのだろう。

念のために翌朝も見に行ってみる。やはり複眼の色は変わっていない。
朝6時頃に撮ったのが写真5。
朝はまだ暗かった。そんな時間にストロボ撮影もどうかと思われたのでLEDライトを使って撮った。

▼写真5 アカボシゴマダラ その1e(2018年5月10日、東京都)
d0303129_248140.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

10日午前は曇りがちで肌寒い。
アカボシゴマダラは午後になってもまだそこにいた(写真6)。
複眼はオレンジ色のまま。葉上で開翅していた。

▼写真6 アカボシゴマダラ その1f 開翅(ノートリミング、2018年5月10日、東京都)
d0303129_2481191.jpg


せっかくなので真上からも激写(写真7)。
最近は取り回しの楽な30ミリマクロばかり使っていたけれど、60ミリマクロの描写も捨てがたいなと思い直す。

▼写真7 アカボシゴマダラ その1g 開翅(ノートリミング、2018年5月10日、東京都)
d0303129_2482014.jpg

※写真6、7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

家に戻ろうとすると拙宅の目の前の草地でバタバタしている蝶がいた。
アカボシゴマダラだ(写真8)。
これも複眼はオレンジ色だ。

▼写真8 アカボシゴマダラ その2a 開翅(ノートリミング、2018年5月10日、東京都)
d0303129_2483046.jpg


仔細に見ると後翅肛角には赤い鱗粉がちょっと見える(写真9)。

▼写真9 アカボシゴマダラ その2b 開翅(ノートリミング、2018年5月10日、東京都)
d0303129_2483834.jpg


直射日光の下では赤い鱗粉は見えなかった(写真10)。
もっとじっくり撮りたかったのに、近くにいたヒメジャノメに追い払われてしまった。

▼写真10 アカボシゴマダラ その2c 開翅(ノートリミング、2018年5月10日、東京都)
d0303129_2484618.jpg

※写真8〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

あとで草地を探ると蛹殻も見つかった(写真11)。

▼写真11 アカボシゴマダラの蛹殻(ノートリミング、2018年5月10日、東京都)
d0303129_2485535.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真12は翌日東京郊外で見つけた蛹。
ここは5月6日にも歩いているのでその後に蛹化した個体ではないか。

▼写真12 アカボシゴマダラの蛹(ノートリミング、2018年5月11日、東京郊外)
d0303129_249482.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

5月12日には遠征先の埼玉県でもアカボシゴマダラを見かけた(写真13)。

▼写真13 アカボシゴマダラ その3a(2018年5月12日、埼玉県)
d0303129_2491134.jpg


これは通常の複眼が黒いタイプだ(写真14)。
後翅には赤い鱗粉が微妙に乗っていたようだ。

▼写真14 アカボシゴマダラ その3b 開翅(2018年5月12日、埼玉県)
d0303129_2491921.jpg

※写真13、14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

by mikiosu | 2018-05-15 05:00 | | Comments(8)

Commented by Koriel at 2018-05-15 07:33 x
アカボシゴマダラの複眼が茶色というのは記憶がなかったので、私が過去に撮った写真を見返してみたら1枚だけありました。
みき♂さんの鋭い観察眼に脱帽です。
それにしてもアカボシゴマダラ、過去にゴマダラチョウと交尾している写真も見たことがありますし、羽化する確率は低いものの交雑可能ということで、今後がとても気になります。
Commented by だんちょう at 2018-05-15 18:19 x
こんばんは(o´∀`)b

アカボシゴマダラも、エノキなんですねぇ。

やっぱり、オオムラサキ見たいな雰囲気がある蝶でよね。

こちら札幌にはいませんので、羨ましいですね(*´∀`)
Commented by Sippo5655 at 2018-05-15 21:59
複眼がオレンジのアカボシもいるのですか!
初めて知りました。
私が持っている画像は全て黒い複眼でした。
ゴマダラチョウに擬態しようとしていたり!?(笑)
そもそもずっと以前からオレンジの複眼の個体がいたのか
興味深いですね!!
Commented by mikiosu at 2018-05-16 03:38
Koriel様
コメントありがとうございます。
昆虫写真を撮り始めて間もない頃にみたアカボシゴマダラの複眼がオレンジ色だったのでずっと気にしてます。
ゴマダラチョウとの交雑もあるのですか、それはちょっと気になりますね。
Commented by mikiosu at 2018-05-16 03:40
だんちょう様
コメントありがとうございます。
アカボシゴマダラもエノキなんですよ。この辺のアカボシゴマダラは外来種なのであまり可愛がってばかりもいられないのですが…。
Commented by mikiosu at 2018-05-16 03:42
Sippo様
コメントありがとうございます。
どうしてもゴマダラチョウに肩入れしてしまうので黒い複眼のアカボシゴマダラは可愛くない感じがしてしまう私です(笑)。
Commented by yurinBD at 2018-05-16 19:26
アカボシゴマダラ1種に注目して丁寧に観察していくと、それまで見えてこなかったものが、見えてくるのですね!
みき♂さんの観察力は凄いですね~、しっかり観察することの大切さを改めて感じました。
目がオレンジだと、可愛く感じますね。
Commented by mikiosu at 2018-05-17 03:40
yurin様
コメントありがとうございます。
いやいや私の観察力など全然凄くないです。暇なだけです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード