人気ブログランキング |

アカシジミ&ウラナミアカシジミ(2018年5月21日)

ウラゴマダラシジミを撮った翌日はアカシジミ&ウラナミアカシジミ狙いで東京郊外に遠征した。
最初に見つけたのはウラナミアカシジミ(写真1)。
公園外れのマユミの花にきていた。近くでうろうろしているのはアリではなくヒメクロトラカミキリらしい。

▼写真1 ウラナミアカシジミ その1(2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10463251.jpg


※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真2は葉上で口吻を伸ばしているウラナミアカシジミ。
ゼフィルスではこういうシーンをよく見かける。

▼写真2 ウラナミアカシジミ その2(2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10464296.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真3〜5はコナラにきていたウラナミアカシジミ。
写真3は吸汁していたところにやってきたコクワガタ♂との陣取り合戦に負けた直後だ。

▼写真3 ウラナミアカシジミ その3a(2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10464910.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

しつこく撮っていると隣のコナラに飛んでしまった(写真4)。
これは約50ミリ(フルサイズ換算約100ミリ)で撮影。

▼写真4 ウラナミアカシジミ その3b(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10465732.jpg


写真5は150ミリで撮影(フルサイズ換算300ミリ)。
こういうときはズームレンズのありがたみを感じる。

▼写真5 ウラナミアカシジミ その3c(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_1047572.jpg

※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

マユミにはアカシジミもきていた(写真6)。
マユミの花には毎年アカシジミ&ウラナミアカシジミがよくきているけれど、細い枝が被ってなかなかクリアに撮れないのが難点である。

▼写真6 アカシジミ その1(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10471526.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

近くのスイカズラの葉上にもアカシジミがとまっていた(写真7)。
これは約55ミリで撮影(フルサイズ換算110ミリ)。

▼写真7 アカシジミ その2a(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10472539.jpg


写真8は150ミリで撮影(フルサイズ換算300ミリ)。

▼写真8 アカシジミ その2b(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_1047358.jpg


撮っているうちになぜか葉っぱが水平になっていた(写真9)。
これも150ミリで撮影(フルサイズ換算300ミリ)。

▼写真9 アカシジミ その2c(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10474371.jpg

※写真7〜9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ほぼ満開のヤマボウシにもアカシジミが複数きていた。
吸蜜に夢中なので遠慮なく近づいて撮る(写真10〜12)。

▼写真10 アカシジミ その3a(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10475132.jpg

▼写真11 アカシジミ その3b(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_104805.jpg

▼写真12 アカシジミ その3c(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_1048713.jpg

※写真10〜12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

良い機会なので60ミリマクロレンズでも撮っておく(写真13〜15)。
ゼフィルスが翅をスリスリするシーンでは腹部が出たところ(写真13)と隠れたところ(写真14)の両方を撮っておきたくなる。そうではあるまいか。

▼写真13 アカシジミ その3d(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10481858.jpg

▼写真14 アカシジミ その3e(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10482548.jpg


ゼフィルスはキリリとした複眼も魅力的だ(写真15)。

▼写真15 アカシジミ その3f(ノートリミング、2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10484057.jpg

※写真13〜15はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ズームレンズに戻してまたもアップで撮る(写真16)。
私もしつこい(笑)。
複眼は当然として触覚や脚まで鮮明に撮れると気持ちが良い。できれば口吻が分かれているところまで撮りたいくらいだ。

▼写真16 アカシジミ その3g(2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_10485140.jpg

※写真16はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

同じヤマボウシにビークマーク付きの個体がきていたので撮っておく(写真17)。
かわいそうとか痛々しいと言うのも分かるけれど、こうして生き延びているのは運が良い、あるいは強運の持ち主と考えられるので縁起が良い蝶とも言えるのではないか。

▼写真17 アカシジミ その4(2018年5月16日、東京郊外)
d0303129_1049018.jpg

※写真17はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ビークマーク (Beak Mark)についてちょっとネットで調べてみた。Beakは鳥のくちばしのことなので、「くちばしの跡」と言うことになるが、実際に蝶の翅を破ったのは鳥のほかにカマキリやトカゲなどの可能性もあるらしい。写真17のビークマークは鳥のくちばしで付けられたものとはちょっと違うようにも思える。

写真18〜20は翌日別の公園で見かけたアカシジミたち。
場所を聞いたわけではないので推測なのだが、前日この公園のガマズミに多数のアカシジミがきていたらしい。この日は1匹しか見かけなかった。
それでも近くのヤマボウシをチェックすると数匹のアカシジミが見つかった。

▼写真18 アカシジミ その5&6(ノートリミング、2018年5月17日、東京郊外)
d0303129_10491069.jpg

▼写真19 アカシジミ その7a&8a&9&10(ノートリミング、2018年5月17日、東京郊外)
d0303129_1049195.jpg


写真20は写真19の左側をズーミングしたもの。

▼写真20 アカシジミ その7b&8b(ノートリミング、2018年5月17日、東京郊外)
d0303129_10492731.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

この公園にはウラナミアカシジミもいるはずなのだがこの日はアカシジミしか見つからなかった。アカシジミにしても以前たくさん見かけたポイントでまったく見られなかったのがちょっと気になる。
ミズイロオナガシジミは二カ所の公園でまったく見られなかったのでまだ出ていないのかもしれない(5月17日現在)。

by mikiosu | 2018-05-21 12:00 | | Comments(8)

Commented by banyan10 at 2018-05-21 19:59
ヤマボウシもアカシジミが好むのですね。
ガマズミが一番絵になるかと思っていましたが、ヤマボウシもいいですね。機会があったら場所教えてください。(^^;
ウラナミアカはマユミで吸蜜するのですね。アカシジミに比べて吸蜜する花が少ない印象ですよね。
Commented by スー at 2018-05-21 20:25 x
早くもゼフィルス類が盛況になってきたようで
どれもピカピカでいいですね。
ウラゴマダラシジミのポイントへ行かれたそうで、
今月末あたり行こうと思っていましたが、
うかうかしてられませんね。(羽化羽化でしょうか)
Commented by だんちょう at 2018-05-22 03:21 x
こんばんは(*´∀`)

ウラナミアカこちらでは、あまり数が見られないんですよね!
模様が奇抜で格好よいゼフですよね!

こにらは、コナラが少ないのかも知れませんね。
Commented by mikiosu at 2018-05-22 05:59
banyan様
コメントありがとうございます。
ヤマボウシは少し盛りを過ぎ気味でぎりぎりでした。
今度メールします。
Commented by mikiosu at 2018-05-22 06:01
スー様
コメントありがとうございます。
今季はいろいろとありがとうございました。
ウラゴマダラシジミは今月末では遅いと思います。すでに擦れ気味なので早く行った方が良いと思います。
Commented by mikiosu at 2018-05-22 06:03
だんちょう様
コメントありがとうございます。
ウラナミアカシジミは少ないのですか。分布図を調べると確かに北海道では局地的なのですね。
でも私はどちらかというとアカシジミの方が好きかな(笑)。
Commented by のり at 2018-05-23 16:08 x
アカシジミってヤマボウシで吸蜜するんですね。
知りませんでした。
ヤマボウシの花びらがひらひらとして絵になりますね。
4頭いっぺんに写ってる写真、みんな夢中!ってかんじでかわいいです。
Commented by mikiosu at 2018-05-23 22:59
のり様
コメントありがとうございます。
今季はアカシジミの発生とヤマボウシの花の盛りがちょうど合っていたのかもしれません。ミドリシジミがきているのを見たこともあるので時期が合えば吸蜜にくるのだと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード