マルタンヤンマ♀&ヤブヤンマ♂今季初撮り(2018年7月4日)

好天&蒸し暑いと予想された7月3日はマルタンヤンマ&ヤブヤンマのぶら下がり狙いで出かけてみる。
気温は思ったほど上がらなかったけれど、先客のカメラマンの方々のおかげで首尾良くマルタンヤンマ♀のぶら下がりを撮ることができた。

写真1〜3はマルタンヤンマ♀。
取りあえず40−150ミリズームレンズで撮る。

▼写真1 マルタンヤンマ♀ その1a(ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13513380.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

少し遠いので300ミリ単焦点レンズに換えた(写真2)。

▼写真2 マルタンヤンマ♀ その1b(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13544949.jpg


シルエット気味に撮ってみた(写真3)。

▼写真3 マルタンヤンマ♀ その1c(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13515381.jpg


少しすると向こうにヤブヤンマ♂がいるとの声がする。
チャーンス! とばかりに移動する(笑)。
まずは40−150ミリズームレンズで何枚か押さえる。
写真4は自然光で、写真5はストロボ撮影。

▼写真4 ヤブヤンマ♂ その1a(ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_1352227.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▼写真5 ヤブヤンマ♂ その1b(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13521098.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真6、7は300ミリ単焦点レンズで撮ったもの。
この個体は300ミリでは近すぎるくらいだった。

▼写真6 ヤブヤンマ♂ その1c(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13521928.jpg

▼写真7 ヤブヤンマ♂ その1d(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13522644.jpg


その後はマルタンヤンマの♂はいないかともう少しブラブラする。
見つかったのはまたヤブヤンマ♂。
少し遠かったが40−150ミリズームレンズで撮ったのが写真8。

▼写真8 ヤブヤンマ♂ その2a(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13523485.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

300ミリに換えて撮る(写真9)。
この日は暑いので重い300ミリは置いていこうかと思ったりしたが、やはり300ミリは必要であった。

▼写真9 ヤブヤンマ♂ その2b(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13524451.jpg


この個体はしきりに首を傾げていた(写真10)。

▼写真10 ヤブヤンマ♂ その2c(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13525260.jpg


と言うか正確には何というのか、複眼を掻いたり回したりしていた(写真11〜13)。

▼写真11 ヤブヤンマ♂ その2d(ストロボ撮影、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13525964.jpg

▼写真12 ヤブヤンマ♂ その2e(ストロボ撮影、2018年7月3日、東京都)
d0303129_1353817.jpg

▼写真13 ヤブヤンマ♂ その2f(ストロボ撮影、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13531463.jpg


最後にもう一度落ち着いたところを撮って終了(写真14)。

▼写真14 ヤブヤンマ♂ その2g(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13532290.jpg


15時には気温も下がり(と言ってもまだ30度はあったのだが)、ヤンマたちの姿も見えなくなったので撤収。マルタンヤンマ♂はまた次回のお楽しみということになった。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

by mikiosu | 2018-07-04 23:59 | 蜻蛉 | Comments(10)

Commented by ba-mf08 at 2018-07-05 22:10
最近、寄れてしまうトンボばかりで、私も300mmを使ってないです(汗)
やはり、このレンズ、良いですよね(^^)
Commented by mikiosu at 2018-07-06 14:09
ba-mf08様
コメントありがとうございます。
300ミリはもちろん良いレンズですが、これを使うようになって40−150ミリズームレンズも良いレンズであったとあらためて思うようになりました。両方持ち歩くのはちょっと重くて困るんですが(苦笑)。
Commented by だんちょう at 2018-07-06 22:33 x
こんばんは(o´∀`)b

綺麗なトンボですねぇ、青い目がとても綺麗に輝いていてビックリしました(っ´ω`c)
Commented by mikiosu at 2018-07-07 16:58
だんちょう様
コメントありがとうございます。
ヤブヤンマ♂の複眼は本当に綺麗ですよね。複眼だけならマルタンヤンマ♂に負けてないと思います。まだまだこれから楽しめると思うので、もう何回か撮りに行きたいです。
Commented by yurinBD at 2018-07-09 08:17
ヤブヤンマ雄♂の深いブルーの複眼は美しく、宝石のようですね。
毎年みき♂さんのブログ記事を拝見して、ヤブヤンマをいつか撮影したいと思いつつ、なかなか実現できていません。
当面はみき♂さんのブログで楽しませていただきます。
マルタンヤンマも楽しみにしております!
Commented by mikiosu at 2018-07-10 12:07
yurin様
コメントありがとうございます。
最近サボってばかりですが(汗)、これからヤブヤンマ&マルタンヤンマを見に行ってきます。乞うご期待(笑)。
Commented by Sippo5655 at 2018-07-10 22:36
どちらも綺麗なトンボさん!!
オニヤンマくらい大きいのですか?
ヤブヤンマの複眼のブルーは
特に印象深いですね!!
ところで、ぶら下がりって
どういう状態のことを言うのでしょうか??
Commented by nika4 at 2018-07-10 22:41 x
ヤブヤンマの青い複眼が印象的ですね。とても綺麗です、ナイス!
これだけ綺麗だと、撮ってみたくなります。
Commented by mikiosu at 2018-07-11 23:57
Sippo様
コメントありがとうございます。
オニヤンマよりはちょっと小さいです。
ぶら下がりは、シオカラトンボや赤トンボ類は水平にとまることが多いですが、ヤンマ類の多くは縦にぶら下がるようにとまることが多いです。特にヤブヤンマ&マルタンヤンマは夏の暑い時期に木立の中にぶら下がってとまるので、それを狙って見に行きます。猛暑日だと見られる可能性大です(大汗)。
Commented by mikiosu at 2018-07-12 00:01
nika様
コメント&ナイスありがとうございます。
ヤブヤンマ♂の複眼はなかなか綺麗ですよね。成熟度合いで微妙に色合いが違うので暑い中何度も見に行ってしまいます(汗)。
後日撮れた♀やマルタンヤンマ♂も後ほどアップします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード