マルタンヤンマ♂今季初撮り(2018年7月11日)

高温多湿が予想されると出かけたくないところなのだけれど、そんなときこそマルタンヤンマ&ヤブヤンマのぶら下がりが見られるので頑張って出かけないといけないのであった。
前回の7月3日、マルタンヤンマは♀だけ、ヤブヤンマは♂だけ見られたので、一週間後の7月10日は最低でもマルタンヤンマ♂だけは何とかしたいところだ。
現地に着くと1枚も撮らないうちにもう汗だくになっていた(苦笑)。ポイントにはすでに「あかねの独り言 パート2」のあかねさんが来ておられ、「向こうの木立にマルタンヤンマ♂がいますよ」と教えてくださった。

写真1〜10はマルタンヤンマ♂。
写真1、2は40−150ミリズームレンズで撮ったもの。
さほど意味はないが今回はすべてノートリミングで載せてみた。

▼写真1 マルタンヤンマ♂ その1a(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15445713.jpg

▼写真2 マルタンヤンマ♂ その1b(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1545418.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

この個体はやや高い位置にいたので300ミリでちょうど良かった(写真3)。

▼写真3 マルタンヤンマ♂ その1c(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15451174.jpg


横からも撮っておく(写真4)。

▼写真4 マルタンヤンマ♂ その1d(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1545195.jpg


今回はストロボと自然光の両方で撮っておいた(写真5、6)。
ストロボ撮影ではなるべく背景が真っ暗にならないようにするのが良いと思う(写真5)。
具体的にはシャッタースピードを下げ、ISOを高くする(とは言え、高くしすぎない)。

▼写真5 マルタンヤンマ♂ その1e(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15452770.jpg


シャッタースピードを下げれば、自然光撮影でもISOは高くしなくても大丈夫なので、ノイズも出にくくなる(写真6)。

▼写真6 マルタンヤンマ♂ その1f(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1545362.jpg


写真7、8もストロボ撮影&自然光の比較。

▼写真7 マルタンヤンマ♂ その1g(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1545468.jpg

▼写真8 マルタンヤンマ♂ その1h(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15455398.jpg


ほんのちょっと角度が違うだけで背景の印象がかなり異なるので何枚も撮ってしまう(写真9ストロボ撮影、写真10自然光撮影)。

▼写真9 マルタンヤンマ♂ その1i(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1546145.jpg

▼写真10 マルタンヤンマ♂ その1j(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1546910.jpg

※写真3〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

遠くに♀もいたのでこれもストロボ撮影&自然光撮影で押さえておく(写真11、12)。

▼写真11 マルタンヤンマ♀ その1a(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15461925.jpg

▼写真12 マルタンヤンマ♀ その1b(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15462510.jpg

※写真11、12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

マルタンヤンマはやはり♂を撮らないと撮った気がしないかな(笑)。次回はヤブヤンマ♀の予定。

by mikiosu | 2018-07-11 23:59 | 蜻蛉 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード