ヒヌマイトトンボ初見初撮り(2018年7月14日)

ネアカヨシヤンマが撮れた翌日はフィールド仲間の情報を頼りにヒヌマイトトンボを見に出かけてみた。
ヒヌマイトトンボは淡水と海水の混じり合う汽水域に生息するイトトンボで、以前から一度見てみたいと思っていた。
この日は熱中症を危惧するほどではなかったものの気温は30度を優に超えていて、何も遮るもののない炎天下の河川敷で一人ウロウロするのは容易ではなかった(汗)。
しかもポイントと思われるあたりを1時間以上歩いても何も見つからなかった。いや、正確にはシオカラトンボくらいはいたのだけれど、暑くてシオカラトンボにカメラを向ける気にはなれなかった。
昼頃に持参したおにぎりを頬張り、もうひと回りだけしてみて、見つからなかったら諦めようと心に決め、重い足取りで歩き始める。河川敷には草が生い茂り、時に頭上まで伸びていて、細い道を覆い尽くさんとしていた。最後だから藪漕ぎも辞さずの覚悟で草をかき分けて進むとそこに小さなイトトンボの姿が…。
ヒヌマイトトンボだ!
やっと見つかった。小さいとは聞いていたが思った以上に小さかった。

写真1はヒヌマイトトンボ♂。
絶滅危惧種なので場所は関東としておく。

▼写真1 ヒヌマイトトンボ♂ その1a(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16323914.jpg


拡大する(写真2)。
やや草被りだけれど、ようやく見つけた個体なので細かいことは気にしない。
ヒヌマイトトンボには♂タイプの♀もいるらしいが、関東ではそういうタイプはいないとのことなので、これは♂で良いようだ。

▼写真2 ヒヌマイトトンボ♂ その1b(2018年7月11日、関東)
d0303129_16324926.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ちょっと前まで暑くてフラフラしていたが、1匹見つかると元気が出る(笑)。草の生い茂る河川敷をさらに歩くと今度は♀が見つかった。
写真3、4はヒヌマイトトンボ♀。
どうも捕食中のようである。

▼写真3 ヒヌマイトトンボ♀ その1a 捕食中(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_163313.jpg


拡大する(写真4)。
ハエのようなものを捕食していたようだ。

▼写真4 ヒヌマイトトンボ♀ その1b 捕食中(2018年7月11日、関東)
d0303129_16331194.jpg

※写真3、4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

1匹見つかるとなぜかどんどん見つかることがある。その後は未成熟の♀がいくつか見られた。
写真5〜9は多分同じ個体で、未成熟のヒヌマイトトンボ♀。

▼写真5 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16332043.jpg

▼写真6 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16332750.jpg


『ネイチャーガイド 日本のトンボ』に書いてある通り、単眼域に菱形の黒斑が見える(写真7、8)。

▼写真7 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(2018年7月11日、関東)
d0303129_1633393.jpg

▼写真8 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(2018年7月11日、関東)
d0303129_16334939.jpg

※写真5〜8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

せっかくなので60ミリマクロレンズでも撮ってみた(写真9)。

▼写真9 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16335760.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

すぐ近くに別個体もとまった(写真10)。

▼写真10 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その3(2018年7月11日、関東)
d0303129_1634457.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真11は別個体。
この個体の腹部はやや濃い色をしていた。

▼写真11 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その4(2018年7月11日、関東)
d0303129_16341274.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

300ミリでも撮ってみた(写真12、13)。

▼写真12 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その5a(2018年7月11日、関東)
d0303129_1634191.jpg


複眼を拡大する(写真13)。

▼写真13 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その5a(2018年7月11日、関東)
d0303129_16343130.jpg

※写真12、13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

少し離れた場所でも色の濃い♀を見つけた(写真14)。

▼写真14 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その6(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16343938.jpg

※写真14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

♂は1カットしか撮れなかったのはやや残念だけれど、♂も♀も撮れたので良しとしたい。少し涼しくなったらまた♂や交尾シーン狙いで出かけてみたいものだ。

by mikiosu | 2018-07-14 23:59 | 蜻蛉 | Comments(8)

Commented by ba-mf08 at 2018-07-15 18:31
精力的にトンボを撮影されてますね〜(^^)
Commented by yurinBD at 2018-07-15 21:50
ヒヌマイトトンボの初見・初撮りおめでとうございます!
私は一度挑戦したのですが、藪漕ぎする気合いが足りなかったのでしょうね、惨敗して帰ってきてしまいました。
捕食中のお写真は、希少なヒヌマイトトンボの生態写真として貴重ですね!
Commented by mikiosu at 2018-07-16 04:07
ba-mf08様
コメントありがとうございます。
この時期東京近郊ではあまり狙いたい蝶もないので、トンボ狙いになってます。とは言え暑すぎてその後はサボってます(笑)。
Commented by mikiosu at 2018-07-16 04:10
yurin様
コメントありがとうございます。
ヒヌマイトトンボは数年前から撮りたいと思っていたトンボなので嬉しいです。暑くて諦めかけたところで見つけられたので余計に嬉しいかも(笑)。♂の姿をもう少し撮りたいので、猛暑を避けて再度チャレンジしたいです。
Commented by banyan10 at 2018-07-16 08:55
ヒヌマは2回挑戦していますが、駄目でした。
1雄でも十分羨ましいです。
関東で撮影できるイトトンボでは唯一残ってしまいました。
独特の斑紋が奇麗ですね。
Commented by mikiosu at 2018-07-17 05:42
banyan様
コメントありがとうございます。
モートンイトトンボも初撮りの時は嬉しかったですが、ヒヌマイトトンボはもっと難易度が高いですね。また撮りに行きたいですが暑すぎてなかなか出かけられません。
Commented by Sippo5655 at 2018-07-23 21:49
こんなイトトンボさんもいるのですね・・・
もともとトンボには疎く
名前すら知りませんでした><
この猛暑の中の藪漕ぎ・・
見事見つけられて、♂にも♀にも会えたのは
その想いの強さの賜物でしょう!!!
くっきり鮮やかなラインが
独特のオーラを放っているように見えました!
Commented by mikiosu at 2018-07-25 08:21
Sippo様
コメントありがとうございます。
暑さがやわらいだらまた撮りに行こうと思ってましたが、2週間経ってもまだ行けてません(汗)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード