2018上高地旅行編 その2(2018年7月27日)

今回の上高地旅行のお目当てはタカネキマダラセセリであった。2013年にオオイチモンジは撮れているので、今回はチャンスがあればオオイチモンジも撮れればいいなくらいに思っていた。あとは運次第であるがヤリガタケシジミやコヒオドシが撮れれば万々歳と言ったところか。

旅程二日目も上天気で、河童橋から目指す岳沢を見てみるとこんな感じであった(写真1)。

▼写真1 河童橋から穂高連峰を望む(2018年7月23日、上高地)
d0303129_236264.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

写真2は登山道を登り始めて30分くらいのところ。
こういう登りをゆっくり歩くのは決して嫌いではない。

▼写真2 岳沢登山道(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_236135.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

しかし、この日は暑くてゆっくり登っても体温が上昇しっぱなしで発汗が収まらない。河童橋付近の売店で買ったペットボトルは家人と1本ずつなのに早くも心許なくなってきた。暑さに備えて余分に買うべきであったと悔やむ。
一度ゆっくり休憩したあとに少し登ると涼しい風が吹き出してくる場所があった。
岳沢名物の風穴なのだそうだ(写真3)。

▼写真3 岳沢登山道の風穴(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2362153.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

岩の隙間を覗いてみると氷が残っていた(写真4)。
これはまさに天然のクーラーであった。涼しくて気持ちよいのでここから動きたくなかった(笑)。

▼写真4 風穴の中の氷(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2362924.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

風穴で涼んでからは元気が出てまた登り始める。
少し登ったところに花がいくつか咲いていて、タカネキマダラセセリがいたような気がした。慌ててレンズを望遠系ズームレンズに換えて視線を戻すと…もういなかった。今となってはタカネキマダラセセリだったかどうかも定かではない(涙)。
その場所でしばらく粘るとベニヒカゲがきた(写真5、6)。
時期的にはクモマベニヒカゲがいるはずなので、ベニヒカゲが撮れると思っていなかった。

▼写真5 ベニヒカゲ その1a 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2363710.jpg

▼写真6 ベニヒカゲ その1b 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2364499.jpg

※写真5、6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ベニヒカゲが出るには早いのではないかと思ったけれど、後日海野和男氏のブログを見ると、某高原で7月28日にたくさん出ていたと書いておられた。

登山道脇の花にタカネキマダラセセリが戻ってこないのでさらに登ると、最初のチェックポイントのガレ場に出た。
写真7はガレ場(見晴台)から河童橋方面を撮ってみたもの。
標識によるとここは標高1760メートル。

▼写真7 岳沢から河童橋を望む(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2365413.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

ガレ場のヨツバヒヨドリにはアサギマダラがきていた(写真8)。

▼写真8 アサギマダラ♀ その1a(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_237277.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

少し休んでさらに上を目指すものの、次のガレ場までが意外に遠く、家人もさりながら自分の体調もやや心配になったので途中で諦めた。
引き返すときにスマホのアプリで標高を測ると1880メートルであった。もうちょっとで良いポイントがあったかもしれないが、暑い上に飲み物も少なかったので無理をしたくなかった。

最初のガレ場に戻り、日陰に家人を休ませておいて、一人で付近をウロウロしてみる。ガレ場は炎天下で暑そうだけれど、ちょっと脇によると日陰もあるし、涼しい風が吹いてくるので意外に暑くなかった。
ここではヒメシジミがたくさん見られた。
写真9はヨツバヒヨドリの花に飛んでくるヒメシジミ♀。

▼写真9 ヒメシジミ♀ その1a(2018年7月23日、上高地)
d0303129_2371158.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真10は吸蜜中の姿。

▼写真10 ヒメシジミ♀ その1b(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2371780.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

フィッシュアイレンズでも撮ってみた(写真11)。

▼写真11 ヒメシジミ♀ その1c(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2372516.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

写真12は別個体の♀。

▼写真12 ヒメシジミ♀ その2(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2373490.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

♂もたくさんいたのだけれど、飛んでばかりでシャッターチャンスがほとんどなかった。
写真13は唯一撮れた♂の開翅。
できれば花にくるところを撮りたかった…。

▼写真13 ヒメシジミ♂ 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2374361.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ヒメシジミ♂の開翅が思うように撮れなくてモヤモヤしていると、少し離れた柳系の木の枝に大きめの蝶が見えた。
これはもしかしてキベリタテハではないか(写真14)。
かなり熱心に樹液を吸っていた。

▼写真14 キベリタテハ その1a(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_23751100.jpg


横からだけど開翅(写真15)。
そこで開翅されてもなあ…と思いながらもシャッターを切ってしまう(笑)。
横から見ると結構毛深い。夏に生まれるけれど成虫越冬に備えているのか。

▼写真15 キベリタテハ その1b(2018年7月23日、上高地)
d0303129_2375986.jpg


少し動いて開翅してくれた(写真16)。

▼写真16 キベリタテハ その1c 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_238731.jpg


口吻がはっきり見えた(写真17)。

▼写真17 キベリタテハ その1d(2018年7月23日、上高地)
d0303129_2381910.jpg


粘ると綺麗に翅を開いてくれた(写真18)。

▼写真18 キベリタテハ その1e 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2382875.jpg


さらに粘ると小飛して開翅(写真19)。
腹部のふくよかさからすると♀のように思えるがどうだろうか。

▼写真19 キベリタテハ その1f 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_2383881.jpg


微妙に動くとエンジ色に見える(写真20)。

▼写真20 キベリタテハ その1g 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_238461.jpg

※写真14〜20はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

キベリタテハは8月の発生が普通なので、最初は越冬個体かと思った。実際に2013年に近くでボロボロの個体を撮っている(過去記事は→こちら)。
しかし撮っているうちになかなか綺麗な個体と気がついたので、かなり熱心に撮った。
お目当てのタカネキマダラセセリは撮れないまま下山することになってしまったけれど、ここ数年まったく撮れなかったキベリタテハが撮れたのは嬉しかった。(つづく)

by mikiosu | 2018-07-27 23:59 | | Comments(15)

Commented by Koriel at 2018-07-30 07:40 x
上高地といえども真夏は暑いのですね。
キベリタテハの最後のショットが惚れ惚れするほど美しいです。クリーム色の縁取りと暗い地色の対比で露出が難しそうな蝶ですね。
まだ会ったことがないので、是非1度見てみたい蝶のひとつです。
Commented by LUFFYY at 2018-07-30 18:29
上高地、綺麗な景色なのですが
ちょっと厳しい蝶撮りポイントの数々
キベリタテハの新生に驚愕しました。
次の投稿も期待してます!!!
Commented at 2018-07-30 20:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nika4 at 2018-07-30 22:23 x
タカネキマダラセセリは残念でしたね。でも綺麗なキベリタテハが撮れたので、良かったですね。
最近羽化した個体なのでしょうね、スレが無いように見えます。羨ましい、ナイスです!
Commented by mikiosu at 2018-07-31 02:06
Koriel様
こちらにもコメントありがとうございます。
いやこの日の上高地は暑かったです。確か32度くらいだったような。予報を見ると今週も連日暑いみたいで、避暑に出かけた方たちは暑くてびっくりしているのではないでしょうか。
キベリタテハは5年振りですが前回は色もほとんどないボロボロの個体だったので、実質今回が初撮りみたいなものです。
Commented by mikiosu at 2018-07-31 02:09
LUFFYY様
コメントありがとうございます。
LUFFYYさんのようにオオイチモンジ&コヒオドシが撮れればもっとテンションが上がったのですが、今回はちょっと…。次の投稿はあまり期待しないでください(笑)。またいつかリベンジしたいです。
Commented by mikiosu at 2018-07-31 02:15
鍵コメ様
コメントありがとうございます。
実は家人に風景とか私とかも撮ってよ! と言われたので今回は少しそんな写真も撮りました(笑)。
私のメールアドレスはご存じでしたでしょうか。ご存じならメールで送っていただければ見てみます。分からない場合は鍵コメでメールアドレスを教えてください。後ほどこちらからメールを送ります。
Commented by mikiosu at 2018-07-31 02:20
nika様
コメント&ナイスありがとうございます。
タカネキマダラセセリはちょっとハードル高かったです。もうひと頑張りできれば…。でも暑かったし仕方ありません。
キベリタテハは嬉しかったのですが、やはり上高地でオオイチモンジが撮れなかったのは寂しいです。上高地はまだ2回目なのでもっと何度も通わないと駄目ですね。
Commented at 2018-07-31 06:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yurinBD at 2018-07-31 11:11
上高地の風景、清々しくて気持ちが良いですね。
それでも今年の日本は暑いと聞きますので、登りは大変ですよね。
タカネキマダラセセリよりも、まずは健康第一です!
キベリタテハの開翅のお写真は素晴らしいです。
未だに証拠写真程度しか撮影したことがなく、羨ましく拝見しました。
日本に帰った後に山登りできるように鍛えます。
Commented by mikiosu at 2018-07-31 13:21
yurin様
コメントありがとうございます。
タカネキマダラセセリは撮れなかったですが、前回行けなかった岳沢には途中までですが登れて、いい経験になったと思います。
そうそう私も次回に備えて秋からジョギングでもしようかなと思ったりしてます(笑)。
Commented by Sippo5655 at 2018-08-03 21:40
上高地って涼しい印象でしたが
暑かったですか。。
今年の猛暑は本当に異常なくらいですよね。
お目当ての蝶には会えずとも
美しいキベリタテハの、こんな素敵なシーンに
出逢うことができて(*´∇`*)
本当に良かったですね!!

暑い時の飲料確保は、特に猛暑の時は
必須項目ですものね。
飲料に不安がある時は絶対無理しない方が良いです。
 
↓のクロヒカゲも素敵っ♪
Commented by ainomidori443zeph at 2018-08-03 22:18
今年のキベリタテハの発生数は期待できそうでしょうか。ここ数年少なかったですからね。
Commented by mikiosu at 2018-08-04 00:57
Sippo様
コメントありがとうございます。
上高地のつづきの記事を作らないといけないのに、暑くてやる気なしです(笑)。
暑すぎて出かけることもできず、かといってブログをアップするでもなし、今季はどうも調子が上がりません…。
Commented by mikiosu at 2018-08-04 00:59
愛野緑様
コメントありがとうございます。
上高地ではほかの方もキベリタテハを撮っておられたようなので、ここ2〜3年に比べると少し期待できそうな気がしますがどうでしょうか。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード