ツバメシジミ&ベニシジミ(2018年10月8日)

ダイミョウセセリの幼虫を複数見かけた丘陵方面では、シジミチョウを何種類か撮った。

写真1、2はヤマトシジミ♀。
近所の公園ではもうほとんど見られなくなったキツネノマゴがまだ咲いていた。

▼写真1 ヤマトシジミ♀ その1a 半開翅(ノートリミング、2018年10月3日、東京郊外)
d0303129_15221.jpg


青い鱗粉のたっぷり乗った低温期型にはまだ早いだろうか(写真2)。
ヤマトシジミの姿もそれほど多くなかったかな。

▼写真2 ヤマトシジミ♀ その1b 開翅(2018年10月3日、東京郊外)
d0303129_1523178.jpg


ここではツバメシジミ♂も見られた(写真3〜5)。
ツバメシジミもキツネノマゴに吸蜜にきていた。

▼写真3 ツバメシジミ♂ その1a 開翅(ノートリミング、2018年10月3日、東京郊外)
d0303129_1523830.jpg

▼写真4 ツバメシジミ♂ その1b 開翅(ノートリミング、2018年10月3日、東京郊外)
d0303129_1524456.jpg

▼写真5 ツバメシジミ♂ その1c 開翅(ノートリミング、2018年10月3日、東京郊外)
d0303129_1525165.jpg


湿地付近ではミゾソバの花が咲いていた。
そこにはベニシジミの姿が(写真6〜8)。
なかなか新鮮な個体に見えた。

▼写真6 ベニシジミ その1a 半開翅(ノートリミング、2018年10月3日、東京郊外)
d0303129_1525935.jpg

▼写真7 ベニシジミ その1b 開翅(ノートリミング、2018年10月3日、東京郊外)
d0303129_153698.jpg

▼写真8 ベニシジミ その1c 開翅(2018年10月3日、東京郊外)
d0303129_1531469.jpg


この日はどちらかというとチョウよりもトンボ狙いであった。トンボは次回に。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2018-10-08 23:59 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード