2018年 05月 11日 ( 1 )

渓流沿いのダビドサナエ&コサナエ(2018年5月11日)

今季はクロサナエとヒメクロサナエは撮れたけれど、ダビドサナエがまだ撮れていなかった。
4月29日、林道からの帰りに橋の欄干にとまっているトンボを見つけた。
そっと近づくとダビドサナエ♀だった(写真1)。

▼写真1 ダビドサナエ♀ その1a(ノートリミング、2018年4月29日、東京郊外)
d0303129_1583285.jpg


ちょっと小首をかしげるダビドサナエ♀(写真2)。

▼写真2 ダビドサナエ♀ その1b(ノートリミング、2018年4月29日、東京郊外)
d0303129_1584490.jpg


すぐ近くの道路脇には♂もいた(写真3)。
♂は1カット撮っただけで飛ばれてしまった。

▼写真3 ダビドサナエ♂(2018年4月29日、東京郊外)
d0303129_1585358.jpg


ちょっと下流の河川敷のイタドリ葉上には♀がもう1匹とまっていた(写真4)。

▼写真4 ダビドサナエ♀ その2a(ノートリミング、2018年4月29日、東京郊外)
d0303129_159073.jpg


少し近づく(写真5)。

▼写真5 ダビドサナエ♀ その2b(ノートリミング、2018年4月29日、東京郊外)
d0303129_212730.jpg


さらに近づく(写真6)。
実際には近づいたのではなくズームしただけだ。やはりズームレンズは便利だ(笑)。

▼写真6 ダビドサナエ♀ その2c(ノートリミング、2018年4月29日、東京郊外)
d0303129_213733.jpg


連休後半の5月4日にはコサナエも見られた(写真7)。
これは約80ミリで撮影(フルサイズ換算約160ミリ)。

▼写真7 コサナエ♂ダビドサナエ♂ その2a(ノートリミング、2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_214579.jpg


写真8は150ミリで撮影(フルサイズ換算約300ミリ)。

▼写真8 コサナエ♂ダビドサナエ♂ その2b(ノートリミング、2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_215388.jpg


ちょっと飛んだ(写真9)。

▼写真9 コサナエ♂ダビドサナエ♂ その2c 飛翔中(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_22262.jpg


もう少し大きくしてみる(写真10)。

▼写真10 コサナエ♂ダビドサナエ♂ その2d 飛翔中(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_221031.jpg


背景が暗く、とまっている白い石には日が当たっていて露出が難しかった。

(注:鍵コメ様のご指摘により再検討した結果、コサナエ♂と思われた個体はダビドサナエ♂と改めた。タイトルはそのままで、本文を変更した。2018年5月12日)

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2018-05-11 03:00 | 蜻蛉 | Comments(6)