2018年 05月 12日 ( 1 )

渓流沿いのカワトンボ&ミヤマカワトンボ(2018年5月12日)

渓流沿いでは4月27日からカワトンボの姿は見られたけれど、写真が撮れたのは29日以降だった。
以前も書いたがニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの区別がつかないのでカワトンボとしておく。

写真1、2はカワトンボの♀。
どちらもまだ複眼の色が薄く、未成熟個体のようだ。

▼写真1 カワトンボ♀(無色翅型) その1(2018年4月29日、東京郊外)
d0303129_10432150.jpg

▼写真2 カワトンボ♀(無色翅型) その2(2018年4月29日、東京郊外)
d0303129_10432886.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真3は5月4日に撮った♀。
こちらも未成熟個体。♀は無色翅型ばかり。

▼写真3 カワトンボ♀(無色翅型) その3(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_10433833.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真4は無色翅型の♂。
たまたますぐ近くにとまってくれた。と言うか近すぎた。

▼写真4 カワトンボ♂(無色翅型) その1(ノートリミング、2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_10441629.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真5、6も無色翅型♂。
GW中に撮ったカワトンボ21匹のうち、無色翅型の♂は計7匹で、あとは全部橙色翅型だ。

▼写真5 カワトンボ♂(無色翅型) その2(2018年5月6日、東京郊外)
d0303129_10442638.jpg

▼写真6 カワトンボ♂(無色翅型) その3(2018年5月6日、東京郊外)
d0303129_10443545.jpg

※写真5、6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真7、8は橙色翅型の♂。
渓流沿いの散策路ではこのように葉上で未成熟個体を見かけることが多い。

▼写真7 カワトンボ♂(橙色翅型) その4(2018年4月29日、東京郊外)
d0303129_10444872.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▼写真8 カワトンボ♂(橙色翅型) その5(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_10445828.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真9〜11は渓流の岩場にいた♂。
時折他のカワトンボと追いかけっこしてはとまる場所を変えていた。

▼写真9 カワトンボ♂(橙色翅型) その6a(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_1045770.jpg

▼写真10 カワトンボ♂(橙色翅型) その6b(ノートリミング、2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_1045152.jpg

※写真9、10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▼写真11 カワトンボ♂(橙色翅型) その6c(ノートリミング、2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_10452538.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真12は正面から撮った♂。

▼写真12 カワトンボ♂(橙色翅型) その7(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_10453683.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真13は河原にいた♂。
腹部には粉を吹きつつあった。

▼写真13 カワトンボ♂(橙色翅型) その8(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_10454548.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真14は河川敷のカラムシにとまっていた♂。
もう全体に粉を吹いていた。

▼写真14 カワトンボ♂(橙色翅型) その9(2018年5月6日、東京郊外)
d0303129_10455514.jpg

※写真14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真15、16は縁紋がまだ白い未成熟♂。
この2個体はやや上流の林道脇で撮ったもの。

▼写真15 カワトンボ♂(橙色翅型) その10(ノートリミング、2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_1046734.jpg

▼写真16 カワトンボ♂(橙色翅型) その11(2018年5月6日、東京郊外)
d0303129_10461474.jpg

※写真15、16はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

GW後半にはミヤマカワトンボも見られるようになった。
写真1、2はミヤマカワトンボ♂。

▼写真17 ミヤマカワトンボ♂ その1(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_10462464.jpg

※写真17はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

日の当たる角度によって翅脈が浮き上がって見えるのが結構好きだ(写真18)。

▼写真18 ミヤマカワトンボ♂ その2(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_10463494.jpg

※写真18はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真19、20はミヤマカワトンボ♀。
♀には白い偽縁紋がある。

▼写真19 ミヤマカワトンボ♀ その1(2018年5月4日、東京郊外)
d0303129_10464379.jpg

※写真19はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

久し振りに持ち出した60ミリマクロレンズでできるだけ近づいて撮ってみた(写真20)。
ミヤマカワトンボにこんなに近づけたのは初めてかもしれない。

▼写真20 ミヤマカワトンボ♀ その2(2018年5月6日、東京郊外)
d0303129_10465314.jpg

※写真20はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

カワトンボ&ミヤマカワトンボは渓流のトンボなのでそんな雰囲気の写真を撮りたいのだがなかなかうまくいかない。近づくと逃げるので広角で撮るのは難しいし、遠くから望遠レンズで狙うと岩の上にとまっているだけの写真になってしまう。
じっとしているとすぐ近くにとまることもあるようなので、そんな幸運を頼りに広角レンズを付けて川辺でじっと待つ…などという辛抱強い撮り方は私には無理であった。

by mikiosu | 2018-05-12 23:59 | 蜻蛉 | Comments(4)