2018年 05月 31日 ( 1 )

ミドリシジミ♀の開翅シーン(2018年5月31日)

先週の半ばから、転戦して午後にミドリシジミを見に行ったりはしていたが、ミドリシジミは土曜日に撮りに行こうと心に決めていた。
オオミドリシジミの撮影結果にはまだまだ満足できていないしフジミドリシジミに至ってはまったく撮れていないけれど、前者は土日には採集者がくるのは必至で、後者のポイントには人が大勢来る。ミドリシジミなら拙宅から自転車でも行けるポイントがある。これは気軽に見に行けるので助かる(笑)。
とは言え狙いは早朝。早起きして見に行かねばならない。
現地に着いたのは5時40分頃。ちょっと気合いが入りすぎたか。
この日の朝は思ったより天気が良くなく、なかなか日が差さない。
ちょっと外しちゃったかな…と思いかけた頃にようやく姿を現してくれた。

写真1は葉上にとまるミドリシジミ。
これは6時半頃の撮影。

▼写真1 ミドリシジミ その1(ノートリミング、2018年5月26日、東京都)
d0303129_12372469.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真2はドクダミの葉上にとまった別個体。
この2個体は♂か♀か忘れてしまった。確か♀だったような気がする。

▼写真2 ミドリシジミ その2(2018年5月26日、東京都)
d0303129_1238093.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真3〜6はミドリシジミ♀。
まずは葉上で裏翅から(写真3)。

▼写真3 ミドリシジミ♀ その1a(ノートリミング、2018年5月26日、東京都)
d0303129_1238862.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

小飛して開翅(写真4)。
うーん、撮った時はB型と思っていたけれど、AB型だったかもしれない。
最初は左側のB斑がやけに薄いなと思っていた。

▼写真4 ミドリシジミ♀ その1b 開翅(2018年5月26日、東京都)
d0303129_12381541.jpg


角度が変わると逆に右側のB斑が薄くなる(写真5)。

▼写真5 ミドリシジミ♀ その1c 開翅(2018年5月26日、東京都)
d0303129_12382480.jpg


写真6では両方のB斑がちゃんと出ていた。
やはり角度の問題だったようだ。
この個体は小飛しては開翅するなど1時間以上も出没してくれたので、うっかり100枚以上も撮ってしまった。

▼写真6 ミドリシジミ♀ その1d 開翅(2018年5月26日、東京都)
d0303129_12383240.jpg

※写真4〜6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真7は別個体の♀。
ミドリシジミは開翅もさることながら、チョコレート色の裏翅も結構好きなのだ。

▼写真7 ミドリシジミ♀ その2a(2018年5月26日、東京都)
d0303129_12384141.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真8は小飛して葉先にちょこんととまったところ。

▼写真8 ミドリシジミ♀ その2b(2018年5月26日、東京都)
d0303129_12385014.jpg


写真12は葉先で翅を半開翅したところ。
こちらはO型と言って良いだろうか。

▼写真9 ミドリシジミ♀ その2c 半開翅(2018年5月26日、東京都)
d0303129_12385934.jpg

※写真8、9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真10〜12は翌日撮った♀。
まずは葉上でスリスリしているところ(写真10)。

▼写真10 ミドリシジミ♀ その3a(2018年5月27日、東京都)
d0303129_1239854.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

小飛して開翅(写真11)。

▼写真11 ミドリシジミ♀ その3b 開翅(2018年5月27日、東京都)
d0303129_12391663.jpg


さらに小飛して開翅(写真12)。
この個体はA型かO型か意見の分かれそうな個体だ。私ならO型に1票かな。

▼写真12 ミドリシジミ♀ その3c 開翅(2018年5月27日、東京都)
d0303129_12392586.jpg

※写真11、12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

翌日は朝から天気が良かった。前日に続いて朝からミドリシジミを見に行ってみると、ミドリシジミの出はあまり良くなかった。どんな条件が良いのか難しいものである。

写真13は翌日撮った♀。
これは75ミリで撮影(フルサイズ換算150ミリ)。

▼写真13 ミドリシジミ♀ その4a(ノートリミング、2018年5月27日、東京都)
d0303129_12393544.jpg


写真14は150ミリで撮影(フルサイズ換算300ミリ)。

▼写真14 ミドリシジミ♀ その4b(ノートリミング、2018年5月27日、東京都)
d0303129_12394391.jpg


写真15は小飛して翅を開いたところ。
どうやらAB型のようだ。

▼写真15 ミドリシジミ♀ その4c 開翅(2018年5月27日、東京都)
d0303129_1239512.jpg


角度を変えてみるとB斑がよく出た(写真16)。

▼写真16 ミドリシジミ♀ その4d 開翅(2018年5月27日、東京都)
d0303129_12395915.jpg

※写真13〜16はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ミドリシジミ♀はA型だけまだ撮れていない。
今季は発生が早かったので何匹か見かけた♀も新鮮個体ではなかった。もう数日早く見に行くべきだったか。とは言えほかにもいろいろ撮りたい蝶があったので今季はスケジュール調整が難しいのであった(笑)。
次回は♂を盛りだくさんでお届けしたい。

by mikiosu | 2018-05-31 15:00 | | Comments(2)