ムラサキツバメの蛹のその後(2018年9月12日)

近所の公園では8月下旬からムラサキツバがあちらこちらで散見される(写真1)。
これは野草園のアオキの葉上にとまったところ。

▼写真1 ムラサキツバメ その1a(ノートリミング、2018年9月7日、東京都)
d0303129_13571923.jpg


ちょっと拡大する(写真2)。

▼写真2 ムラサキツバメ その1b(2018年9月7日、東京都)
d0303129_13573598.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ムラサキツバメの蛹は9月5日に見つけている(その記事は→こちら)。
このポイントで終齢幼虫を最後に見たのが8月25日なので、翌日移動して前蛹、27日に蛹化したとすると、2週間後の9月10日が羽化予定日と推測する。
9月9日、外出するときに通りかかって見ると少し黒化しているように見えた。
この時はカメラを持っていなかったのでスマホで撮っておいた(写真3)。
ブレブレなのはご愛敬で(笑)。

▼写真3 ムラサキツバメの蛹 その1a(2018年9月9日、東京都)
d0303129_13574314.jpg

※写真3はスマホで撮影

翌朝6時前に見に行ってみる。
かなり黒化していてもういつ羽化してもおかしくない感じ(写真4)。

▼写真4 ムラサキツバメの蛹 その1b(ノートリミング、2018年9月10日、東京都)
d0303129_13575078.jpg


拡大してみる(写真5)。

▼写真5 ムラサキツバメの蛹 その1c(2018年9月10日、東京都)
d0303129_13575995.jpg


自然光で撮るとこんな感じ(写真6)。

▼写真6 ムラサキツバメの蛹 その1d(ノートリミング、2018年9月10日、東京都)
d0303129_1358779.jpg


仔細に見ると腹部の両脇がまだ黒くなっていない(写真7)。
羽化は明日だろうか。

▼写真7 ムラサキツバメの蛹 その1e(2018年9月10日、東京都)
d0303129_13581671.jpg


引き上げるときに近くのマテバシイを見るとまだ終齢幼虫がいた(写真8)。

▼写真8 ムラサキツバメの幼虫(ノートリミング、2018年9月10日、東京都)
d0303129_13582519.jpg


その日の夕方は雨になった。
夕食後に見に行くと蛹は真っ黒になっていた(写真9)。

▼写真9 ムラサキツバメの蛹 その1f(ノートリミング、2018年9月10日、東京都)
d0303129_13583651.jpg

※写真4〜9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

翌朝は朝5時台から観察に行く。
写真10は朝5時半の撮影。
まだかなり濡れているのが気になる。

▼写真10 ムラサキツバメの蛹 その1g(ノートリミング、2018年9月11日、東京都)
d0303129_13584687.jpg


こんな状態でもアミメアリがまとわりついている(写真11)。
まるでアミメアリが水分を吸って乾かしてあげているように見える。

▼写真11 ムラサキツバメの蛹 その1h(ノートリミング、2018年9月11日、東京都)
d0303129_13585415.jpg


拡大する(写真12)。
前日の方が黒かったような気がする。
もうすぐにでも羽化するかと思ったけれど、気温も低かったせいかなかなか羽化しない。朝7時までは粘ったが諦めて帰宅。…ちょっと頑張りが足りなかったか。

▼写真12 ムラサキツバメの蛹 その1i(2018年9月11日、東京都)
d0303129_1359364.jpg


昼過ぎに見に行くともう羽化したあとであった(写真13)。

▼写真13 ムラサキツバメの蛹 その1j(蛹殻)(ノートリミング、2018年9月11日、東京都)
d0303129_13591091.jpg


空しいけれど拡大する(写真14)。

▼写真14 ムラサキツバメの蛹 その1k(蛹殻)(2018年9月11日、東京都)
d0303129_13591876.jpg

※写真10〜14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

うーん、もう2時間も粘れば羽化シーンが撮れただろうか。しかし、朝の公園で一人何時間も待つのはなかなかどうして、簡単ではないのであった。

ここのマテバシイのひこばえにはもう1匹幼虫がいた。もう蛹になっているはず。
そう思って探すとやはりいた(写真15)。

▼写真15 ムラサキツバメの蛹 その2a(ノートリミング、2018年9月11日、東京都)
d0303129_13592672.jpg


やはりアミメアリがたくさんまとわりついている(写真16)。

▼写真16 ムラサキツバメの蛹 その2b(2018年9月11日、東京都)
d0303129_1359348.jpg

※写真15、16はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

これほどたくさんのアリが蛹に群がっているからには、何か匂いや養分が関係しているのだろう。
ムラサキシジミの幼虫が分泌する液体を口にしたアリは、幼虫を守るように洗脳されるという研究結果があるらしいので、ムラサキツバメとアリにも同様の関係があるのかもしれない。蛹でも同じような作用があるのかどうかはよく分からない。

# by mikiosu | 2018-09-12 23:59 | | Comments(10)

イチモンジセセリの卵(2018年9月11日)

最近はほとんど遠征に出かけていない。近所の公園をひと回りするか、さもなければ玄関前のスダチでアゲハの幼虫をチェックして終わりだ(笑)。
ある日、カメラ片手に玄関の扉を開けるとスダチの葉上にはイチモンジセセリがいた(写真1)。
ちょっと♀っぽい個体。…そこは君が産卵するところじゃないよ。

▼写真1 イチモンジセセリ(ノートリミング、2018年9月9日、東京都)
d0303129_5183128.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

翌日、玄関を出てすぐの道ばたでイチモンジセセリの産卵行動を見かけた。まさか昨日のイチモンジセセリが産卵したわけではないよね…なんてことを考えているうちに写真を撮るのを忘れてしまった。
イチモンジセセリが去ったあとに草をチェックするとちゃんと卵は付いていた(写真2)。

▼写真2 イチモンジセセリの卵 その1a(ノートリミング、2018年9月10日、東京都)
d0303129_5183914.jpg


拡大してみる(写真3)。
この草はメヒシバかな。

▼写真3 イチモンジセセリの卵 その1b(2018年9月10日、東京都)d
d0303129_5184746.jpg


試しに大きく撮れるデジタルテレコン機能を使ってみた(写真4)。

▼写真4 イチモンジセセリの卵 その1c(ノートリミング、2018年9月10日、東京都)
d0303129_5185777.jpg


拡大する(写真5)。

▼写真5 イチモンジセセリの卵 その1d(2018年9月10日、東京都)
d0303129_519557.jpg

※写真2〜5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

デジタルテレコンも悪くないではないか。以前試した時には画質の点で気に入らなかった記憶があるが、今回は特に問題なかった。これからは卵の撮影に積極的に使おう。

# by mikiosu | 2018-09-11 23:59 | | Comments(2)

ゴマダラチョウの産卵行動&ヤマトシジミの交尾シーン(2018年9月10日)

9月7日、近所の公園外れにある野草園を通りかかるとエノキに蝶がきていた。
ゴマダラチョウじゃないか!
最近見かけるのはアカボシゴマダラばかりなので喜んで撮る。とは言えこの時は60ミリマクロレンズしか持っていなかったので最初は遠くからシャッターを切る(写真1)。

▼写真1 ゴマダラチョウの産卵行動 その1a(ノートリミング、2018年9月7日、東京都)
d0303129_13534054.jpg


撮りながら少しずつ近づく(写真2)。

▼写真2 ゴマダラチョウの産卵行動 その1b(ノートリミング、2018年9月7日、東京都)
d0303129_1354856.jpg


尾端を曲げて、明らかに産卵行動(写真3)。

▼写真3 ゴマダラチョウの産卵行動 その1c(2018年9月7日、東京都)
d0303129_13541683.jpg


半開翅シーンも(写真4)。

▼写真4 ゴマダラチョウの産卵行動 その1s(2018年9月7日、東京都)
d0303129_13542379.jpg

※写真1〜4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

卵は残念ながら見つからなかった。このエノキは幼木と言うほど小さくはないけれど、人の背丈くらいの若い木。これくらいのエノキではアカボシゴマダラの産卵はよく見かけるが、ゴマダラチョウの産卵はもっと高い梢が多いのではなかろうか。いずれにしても最近ゴマダラチョウの姿が少ないのでたくさん産卵して数を増やして欲しい。

我が家の玄関から数メートルのキツネノマゴの群落ではヤマトシジミの求愛シーンが見られた。
最初は葉上の♀に♂が求愛しているのかと思った(写真5)。

▼写真5 ヤマトシジミの交尾シーン その1a(ノートリミング、2018年9月7日、東京都)
d0303129_13543297.jpg


♀も羽ばたきでそれに応えているのかと思うとそうではなく、すでにカップルは成立していて、開翅している♂はカップルに絡んでいるのであった(写真6)。

▼写真6 ヤマトシジミの交尾シーン その1b(ノートリミング、2018年9月7日、東京都)
d0303129_13582340.jpg


♀の羽ばたきはあっちへ行って、と言っているのであろうか(写真7)。

▼写真7 ヤマトシジミの交尾シーン その1c(ノートリミング、2018年9月7日、東京都)
d0303129_13544687.jpg


カップルの♂も開翅すると翅は結構いたんでいた(写真8)。
絡んでいる♂の方が新鮮でイケメンではないのかな(笑)。

▼写真8 ヤマトシジミの交尾シーン その1d(ノートリミング、2018年9月7日、東京都)
d0303129_13545497.jpg


♂はさらに腹端を曲げて♀に迫る(写真9)。

▼写真9 ヤマトシジミの交尾シーン その1e(2018年9月7日、東京都)
d0303129_1355244.jpg


♂のバルバ(把握器)が見えたような気がした(写真10)。

▼写真10 ヤマトシジミの交尾シーン その1f(2018年9月7日、東京都)
d0303129_13551129.jpg


最後は三つ指ついてお願いする♂(?)(写真11)。

▼写真11 ヤマトシジミの交尾シーン その1g(2018年9月7日、東京都)
d0303129_1355191.jpg


諦めて飛び立つ♂(写真12)。

▼写真12 ヤマトシジミの交尾シーン その1h(2018年9月7日、東京都)
d0303129_1355286.jpg


早く行ってくれと急かすカップル♂(?)(写真13)。

▼写真13 ヤマトシジミの交尾シーン その1i(2018年9月7日、東京都)
d0303129_13553521.jpg


絡んだ♂がいなくなったあと(写真14)。
カップル♂は心なしか疲れきった表情に見える(私見)。

▼写真14 ヤマトシジミの交尾シーン その1j(2018年9月7日、東京都)
d0303129_13554455.jpg


近所の公園も頻繁に歩くといろいろ面白いシーンに遭遇する。近所歩きも侮れないのであった。

※写真5〜14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

# by mikiosu | 2018-09-10 23:59 | | Comments(4)