MFのウラギンシジミ越冬個体(12月編)(2019年1月7日)

12月に撮ったウラギンシジミの越冬個体を載せておく。

写真1、2はツバキの葉裏にいる個体(個体A)。
これは「公園昆虫記」のおはるさんに教えてもらった。

▼写真1 ウラギンシジミ(越冬個体A) その1a(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_3533381.jpg

▼写真2 ウラギンシジミ(越冬個体A) その1b(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_353424.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

後日300ミリでも撮っておいた(写真3)。

▼写真3 ウラギンシジミ(越冬個体A) その1c(ノートリミング、2018年12月9日、東京近郊)
d0303129_3535423.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真4はかなり離れた場所の個体(個体B)。
昨冬も同じツバキに1匹いたような気がする。

▼写真4 ウラギンシジミ(越冬個体B) その2(ノートリミング、2018年12月9日、東京近郊)
d0303129_354047.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真5は写真1とほど近い場所の個体(個体C)。
これもおはるさんに教えてもらった。

▼写真5 ウラギンシジミ(越冬個体C) その3a(ノートリミング、2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_354844.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真6は4日後に引き気味に撮ったもの。
この個体は膝の高さくらいの低い位置にいる。

▼写真6 ウラギンシジミ(越冬個体C) その3b(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_3541763.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真7、8は白いサザンカにとまっていた個体(個体D)。

▼写真7 ウラギンシジミ(越冬個体D) その4a(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_3542494.jpg


拡大する(写真8)。
できれば白いサザンカの花と一緒に撮りたかったのだが、この個体を見たのはこの日だけであった。

▼写真8 ウラギンシジミ(越冬個体D) その4b(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_3543373.jpg

※写真7、8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真9は謹賀新年画像に使用した個体(個体E)。
池のほとりのサザンカにとまっていた。

▼写真9 ウラギンシジミ(越冬個体E) その5a(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_3544235.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

約2週間後の大晦日も同じ場所に(写真10)。
サザンカの花の様子は前回のほうが良かったので正月用には18日の写真を使った。

▼写真10 ウラギンシジミ(越冬個体E) その5a(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_354535.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真11は大晦日の個体A。

▼写真11 ウラギンシジミ(越冬個体A) その1d(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_355359.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真12は大晦日の個体C。

▼写真12 ウラギンシジミ(越冬個体C) その3c(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_3551027.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

主フィールドのウラギンシジミは12月18日にABCDEの5個体、大晦日には個体Dを除く4個体が健在であった。

# by mikiosu | 2019-01-07 23:59 | | Comments(6)

MFのムラサキツバメ越冬集団(12月編)(2019年1月6日)

12月中に主フィールドで見かけたムラサキツバメたち。

写真1はアオキの葉上で越冬中の集団(集団B)。
この日は8匹いたようだ。

▼写真1 ムラサキツバメの越冬集団B その1a(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_1336418.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真2は約一週間後の姿。
ちょっと寒くなってきて、ムラサキツバメは横になっている。

▼写真2 ムラサキツバメの越冬集団B その1b(2018年12月11日、東京近郊)
d0303129_13361987.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ストロボ撮影してみた(写真3)。
この日も8匹。

▼写真3 ムラサキツバメの越冬集団B その1c(2018年12月11日、東京近郊)
d0303129_13362821.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真4は少し離れたマテバシイにいた集団(集団A)。
やはりほとんどは横になっている。

▼写真4 ムラサキツバメの越冬集団A その2a(ノートリミング、2018年12月11日、東京近郊)
d0303129_13363852.jpg


数えるとムラサキツバメが11匹、ムラサキシジミが1匹であった(写真5)。

▼写真5 ムラサキツバメの越冬集団A その2b(ノートリミング、2018年12月11日、東京近郊)
d0303129_13364530.jpg

※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真6は12月14日の集団Bの様子。
この日は9匹になっていた。

▼写真6 ムラサキツバメの越冬集団B その1d(2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_13365571.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

同じ日、集団Aをチェックすると…なんと1匹しかいない(写真7)。

▼写真7 ムラサキツバメの越冬集団A その2c(ノートリミング、2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_1337437.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

300ミリで表情を捉える(写真8)。
心なしか寂しげな表情(私見)。

▼写真8 ムラサキツバメの越冬集団A その2d(2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_13371235.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

この日は好天で活動している個体もいた(写真9)。

▼写真9 ムラサキツバメ♂ その1a 開翅(ノートリミング、2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_13372112.jpg


拡大する(写真10)。

▼写真10 ムラサキツバメ♂ その1b 開翅(ノートリミング、2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_13373057.jpg

※写真9、10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真11は移動後。

▼写真11 ムラサキツバメ♂ その1c 開翅(2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_13373984.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

4日後、近くの葉上でムラサキシジミを見つけた(写真12)。

▼写真12 ムラサキシジミ その1a(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_13374853.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

拡大する(写真13)。
忍者のようである。さしずめ隠れ身の術といったところ。しかし拙者の目はごまかせん(笑)。

▼写真13 ムラサキシジミ その1b(2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_13375523.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

集団Aは1匹で変わらず、集団Bは11匹に増えていた(写真14)。

▼写真14 ムラサキツバメの越冬集団B その1e(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_1338327.jpg

※写真14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

12月31日、1匹残っていた集団Aはとうとういなくなり、集団Bは10匹になっていた(写真15)。

▼写真15 ムラサキツバメの越冬集団B その1f(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_13381031.jpg


拡大する(写真16)。
日当たりも良く、活動しているかと思われたが残念ながら飛び出している個体はなかった。

▼写真16 ムラサキツバメの越冬集団B その1g(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_13381888.jpg

※写真15、16はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

# by mikiosu | 2019-01-06 23:59 | | Comments(0)

アカボシゴマダラの前蛹&蛹(2019年1月5日)

昨年末に撮っておいた画像を載せておかないと、いつまで経っても今年の写真を載せられない。もたもたしていないでどんどん掲載していこう。

写真1は11月下旬に主フィールドのエノキで見つけたアカボシゴマダラの蛹。
近くには蛹殻もあった。これから羽化するのかどうかチェックする気満々だったのだが…。

▼写真1 アカボシゴマダラの蛹 その1a(ノートリミング、2018年11月21日、東京近郊)
d0303129_362029.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

数日後には少し離れた場所で前蛹を見つけた(写真2)。

▼写真2 アカボシゴマダラの前蛹 その2a(2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_362863.jpg


拡大する(写真3)。

▼写真3 アカボシゴマダラの前蛹 その2b(ノートリミング、2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_363649.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

60ミリマクロレンズでも撮っておく(写真4)。

▼写真4 アカボシゴマダラの前蛹 その2c(ノートリミング、2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_36449.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

翌日は蛹になっているかチェックしに行く。
ちゃんと蛹になっていた(写真5)。

▼写真5 アカボシゴマダラの蛹 その2d(2018年11月26日、東京近郊)
d0303129_365228.jpg


別角度から(写真6)。

▼写真6 アカボシゴマダラの蛹 その2e(2018年11月26日、東京近郊)
d0303129_37227.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真7は写真1と同じ蛹。
見つけてから6日後、まだ羽化しない。秋口には一週間程度で羽化していたので羽化シーンを期待したけれど、このあとは草刈りされてエノキの幼木もなくなってしまった。

▼写真7 アカボシゴマダラの蛹 その1b(ノートリミング、2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_371089.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

11月25日に前蛹だった個体は、12月5日になっても羽化しない。
この日はちょっと白っぽく粉を吹いたようになっていた(写真8、9)。

▼写真8 アカボシゴマダラの蛹 その2f(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_371787.jpg

▼写真9 アカボシゴマダラの蛹 その2g(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_372692.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

この日、同じエノキにゴマダラチョウの幼虫がいた(写真10)。
これはお仲間が見つけた。いつからいたのか…。最近は幼虫も成虫も見かけるのはアカボシゴマダラばかりなので、ここでゴマダラチョウの幼虫を見つけたのはちょっと嬉しい。

▼写真10 ゴマダラチョウの幼虫(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_373614.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ゴマダラチョウの幼虫は数日後には姿を消していた(写真11)。
地面に降りて枯葉裏に隠れたのであろう(希望的観測)。

▼写真11 ゴマダラチョウ幼虫のいたエノキの葉(ノートリミング、2018年12月9日、東京近郊)
d0303129_374321.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

アカボシゴマダラの蛹はそのままであった(写真12)。
蛹化してから約2週間になる。

▼写真12 アカボシゴマダラの蛹 その2h(ノートリミング、2018年12月9日、東京近郊)
d0303129_37537.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真13は12月14日の様子。

▼写真13 アカボシゴマダラの蛹 その2i(ノートリミング、2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_38015.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真14は12月18日の様子。
この頃にはもう羽化しない可能性が高くなってきた気がした。エノキの葉裏にぶら下がっているので葉っぱが地面に落ちる日もそう遠くないはずだ。

▼写真14 アカボシゴマダラの蛹 その2j(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_38871.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真15は12月31日の様子。
逆光で何だか透けて見えるようだが、このあとどうなってしまうのか。

▼写真15 アカボシゴマダラの蛹 その2k(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_381523.jpg


少し絞って撮ってみた(写真16)。

▼写真16 アカボシゴマダラの蛹 その2l(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_382233.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

寒くて活動を停止したのか、それとも寄生されて羽化できないのか。
とりあえず葉っぱが落ちるまでは観察を続けたい。

# by mikiosu | 2019-01-05 23:59 | | Comments(0)