カテゴリ:蜻蛉( 144 )

ノシメトンボ&マイコアカネ今季初撮り(2018年9月7日)

近所の公園ではトンボもいろいろ見られる。
写真1はコシアキトンボ♂。
あまりカメラを向けないトンボだけれど、目の前にとまったので撮ってしまった(笑)。

▼写真1 コシアキトンボ♂(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_362179.jpg


公園入口ではノシメトンボ♀を見かけた(写真2)。
ノシメトンボは今季初めて見た気がする。

▼写真2 ノシメトンボ♀(2018年9月5日、東京都)
d0303129_362812.jpg


マイコアカネ♂もいた(写真3〜5)。
以前主フィールドで撮ったことがあるけれど、この公園では初めて撮った。

▼写真3 マイコアカネ♂ その1a(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_363642.jpg

▼写真4 マイコアカネ♂ その1b(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_364454.jpg

▼写真5 マイコアカネ♂ その1c(2018年9月5日、東京都)
d0303129_365167.jpg


写真6、7はマユタテアカネ♂。
写真6は絞りf8、写真7は絞り開放で撮ったもの。
水辺で撮る際には、背景が写っていた方が面白い場合がある。

▼写真6 マユタテアカネ♂ その1a(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_365971.jpg

▼写真7 マユタテアカネ♂ その1b(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_37552.jpg


写真8は二日後に見かけたマユタテアカネ♀。
この公園では8月21日にツマグロ型♀を撮っている。この日は通常型がいたので撮っておいた。

▼写真8 マユタテアカネ♀(2018年9月7日、東京都)
d0303129_371356.jpg


この日の撮影では、マユタテアカネ♂とマイコアカネ♂は同じ赤トンボでも微妙に色合いが異なる気がした。もちろん尾端の形状が違うので識別はできるけれど、遠目にはマイコアカネ♂の方がやや朱色っぽく見えて、マユタテアカネではないなと思って近づいたらマイコアカネだった。

撮影機材:※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2018-09-07 23:59 | 蜻蛉 | Comments(6)

マユタテアカネの♂と♀(2018年8月24日)

近所の公園のアオモンイトトンボはキイトトンボが見られた二日後もそこそこ見られた。
写真1、2は睡蓮の花にとまっていたアオモンイトトンボ♂。

▼写真1 アオモンイトトンボ♂ その1a 飛び立ち(2018年8月21日、東京都)
d0303129_519640.jpg

▼写真2 アオモンイトトンボ♂ その1b(2018年8月21日、東京都)
d0303129_5191399.jpg


交尾シーンは何度か見られたけれど、撮れたのは撮りにくい位置の連結シーンのみ(写真3)。

▼写真3 アオモンイトトンボの連結シーン(ノートリミング、2018年8月21日、東京都)
d0303129_519216.jpg


公園外れの茂みの中ではマユタテアカネが複数見られた。
写真4、5はマユタテアカネ♂。
茂みの中にいたのは暑さをしのぐためであろうか。それはともかく、ミズヒキが咲くと夏も終わりという感じではあるまいか。

▼写真4 マユタテアカネ♂ その1a(ノートリミング、2018年8月21日、東京都)
d0303129_5192944.jpg

▼写真5 マユタテアカネ♂ その1b(2018年8月21日、東京都)
d0303129_5193613.jpg


そこには♀も複数いた(写真6、7)。
どちらも翅の先が黒いツマグロ型と呼ばれるタイプ。

▼写真6 マユタテアカネ♀ その1(2018年8月21日、東京都)
d0303129_5194369.jpg

▼写真7 マユタテアカネ♀ その2(ノートリミング、2018年8月21日、東京都)
d0303129_5195027.jpg


写真8〜10は別個体の♂。

▼写真8 マユタテアカネ♂ その2a(ノートリミング、2018年8月21日、東京都)
d0303129_5195778.jpg

▼写真9 マユタテアカネ♂ その2b(ノートリミング、2018年8月21日、東京都)
d0303129_520436.jpg


せっかくなので顔面アップで(写真10)。
腹部は真っ赤なのに翅胸部がまだ赤くなっていない。そのコントラストが美しい。けれど顔を見るとぷっと吹き出す(失敬)。

▼写真10 マユタテアカネ♂ その2c(2018年8月21日、東京都)
d0303129_520125.jpg


マユタテアカネを撮っていると近くにムラサキツバメが飛んできた。ムラサキツバメは次回に。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2018-08-24 23:59 | 蜻蛉 | Comments(2)

キイトトンボとアオモンイトトンボ(2018年8月23日)

拙宅前の公園でキツネノマゴにくるヤマトシジミやイチモンジセセリを撮ったあと、ついでに付近をひと回りしてみると、オレンジ色のイトトンボが見えた。
アオモンイトトンボ♀の未成熟個体であった(写真1)。

▼写真1 アオモンイトトンボ♀(未成熟) その1(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_374012.jpg


どうせなら成熟♀や♂の写真も撮っておこうと付近を探しはじめる。
すると、今度はキイトトンボが見つかった(写真2)。
この公園でキイトトンボを見たのは初めてなので喜んで撮る。

▼写真2 キイトトンボ♂ その1a(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_374836.jpg


写真2は小飛して近くの葉上にとまったところ。

▼写真3 キイトトンボ♂ その1b(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_383336.jpg


さらに小飛して茎にとまる(写真4)。

▼写真4 キイトトンボ♂ その1c(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_384094.jpg


拡大してみる(写真5)。

▼写真5 キイトトンボ♂ その1d(2018年8月19日、東京都)
d0303129_391097.jpg


♀もいないかと探したけれど、ほかにいたのはアオモンイトトンボばかりであった。

写真6はアオモンイトトンボ♂。
アオモンイトトンボは今がピークとばかりあちこちにいた。

▼写真6 アオモンイトトンボ♂ その1(2018年8月19日、東京都)
d0303129_391820.jpg


写真7〜9は池のほとりにいたアオモンイトトンボ♂。

▼写真7 アオモンイトトンボ♂ その2a(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_392787.jpg

▼写真8 アオモンイトトンボ♂ その2b(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_394134.jpg

▼写真9 アオモンイトトンボ♂ その2c(2018年8月19日、東京都)
d0303129_394895.jpg


写真10〜12はすべて別個体の♂。
いずれも池のほとりで撮ったもの。

▼写真10 アオモンイトトンボ♂ その3(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_395971.jpg

▼写真11 アオモンイトトンボ♂ その4(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_31071.jpg

▼写真12 アオモンイトトンボ♂ その5(2018年8月19日、東京都)
d0303129_310194.jpg


睡蓮にもとまっていた(写真13、14)。

▼写真13 アオモンイトトンボ♂ その6a(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_3102731.jpg

▼写真14 アオモンイトトンボ♂ その6b(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_3103544.jpg


写真15、16はクリーニング行動をしていた♀。
♀はアジアイトトンボと紛らわしいが、見た目の大きさからアオモンイトトンボだと思う。この個体はアオモンイトトンボとしても大きいくらいに見えた。

▼写真15 アオモンイトトンボ♀ その2a クリーニング行動(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_3105877.jpg

▼写真16 アオモンイトトンボ♀ その2b クリーニング行動(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_311615.jpg


写真17は♂タイプの♀。
かなり擦れた個体。草被りで良い角度では撮れなかった。これでも目一杯、池に身を乗り出して撮っている。

▼写真17 アオモンイトトンボ♀(♂タイプ) その3(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_311154.jpg


最後にまた未成熟の♀を見つけた(写真18)。

▼写真18 アオモンイトトンボ♀(未成熟) その4(ノートリミング、2018年8月19日、東京都)
d0303129_3112427.jpg


腹部第二節のオレンジ色が上部で半分ほど黒くなっているのがアオモンイトトンボの特徴。黒いラインが第一節まで達しているとアジアイトトンボ♀となる。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2018-08-23 23:59 | 蜻蛉 | Comments(6)

ヒヌマイトトンボ初見初撮り(2018年7月14日)

ネアカヨシヤンマが撮れた翌日はフィールド仲間の情報を頼りにヒヌマイトトンボを見に出かけてみた。
ヒヌマイトトンボは淡水と海水の混じり合う汽水域に生息するイトトンボで、以前から一度見てみたいと思っていた。
この日は熱中症を危惧するほどではなかったものの気温は30度を優に超えていて、何も遮るもののない炎天下の河川敷で一人ウロウロするのは容易ではなかった(汗)。
しかもポイントと思われるあたりを1時間以上歩いても何も見つからなかった。いや、正確にはシオカラトンボくらいはいたのだけれど、暑くてシオカラトンボにカメラを向ける気にはなれなかった。
昼頃に持参したおにぎりを頬張り、もうひと回りだけしてみて、見つからなかったら諦めようと心に決め、重い足取りで歩き始める。河川敷には草が生い茂り、時に頭上まで伸びていて、細い道を覆い尽くさんとしていた。最後だから藪漕ぎも辞さずの覚悟で草をかき分けて進むとそこに小さなイトトンボの姿が…。
ヒヌマイトトンボだ!
やっと見つかった。小さいとは聞いていたが思った以上に小さかった。

写真1はヒヌマイトトンボ♂。
絶滅危惧種なので場所は関東としておく。

▼写真1 ヒヌマイトトンボ♂ その1a(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16323914.jpg


拡大する(写真2)。
やや草被りだけれど、ようやく見つけた個体なので細かいことは気にしない。
ヒヌマイトトンボには♂タイプの♀もいるらしいが、関東ではそういうタイプはいないとのことなので、これは♂で良いようだ。

▼写真2 ヒヌマイトトンボ♂ その1b(2018年7月11日、関東)
d0303129_16324926.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ちょっと前まで暑くてフラフラしていたが、1匹見つかると元気が出る(笑)。草の生い茂る河川敷をさらに歩くと今度は♀が見つかった。
写真3、4はヒヌマイトトンボ♀。
どうも捕食中のようである。

▼写真3 ヒヌマイトトンボ♀ その1a 捕食中(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_163313.jpg


拡大する(写真4)。
ハエのようなものを捕食していたようだ。

▼写真4 ヒヌマイトトンボ♀ その1b 捕食中(2018年7月11日、関東)
d0303129_16331194.jpg

※写真3、4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

1匹見つかるとなぜかどんどん見つかることがある。その後は未成熟の♀がいくつか見られた。
写真5〜9は多分同じ個体で、未成熟のヒヌマイトトンボ♀。

▼写真5 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16332043.jpg

▼写真6 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16332750.jpg


『ネイチャーガイド 日本のトンボ』に書いてある通り、単眼域に菱形の黒斑が見える(写真7、8)。

▼写真7 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(2018年7月11日、関東)
d0303129_1633393.jpg

▼写真8 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(2018年7月11日、関東)
d0303129_16334939.jpg

※写真5〜8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

せっかくなので60ミリマクロレンズでも撮ってみた(写真9)。

▼写真9 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その2a(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16335760.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

すぐ近くに別個体もとまった(写真10)。

▼写真10 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その3(2018年7月11日、関東)
d0303129_1634457.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真11は別個体。
この個体の腹部はやや濃い色をしていた。

▼写真11 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その4(2018年7月11日、関東)
d0303129_16341274.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

300ミリでも撮ってみた(写真12、13)。

▼写真12 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その5a(2018年7月11日、関東)
d0303129_1634191.jpg


複眼を拡大する(写真13)。

▼写真13 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その5a(2018年7月11日、関東)
d0303129_16343130.jpg

※写真12、13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

少し離れた場所でも色の濃い♀を見つけた(写真14)。

▼写真14 ヒヌマイトトンボ♀(未成熟) その6(ノートリミング、2018年7月11日、関東)
d0303129_16343938.jpg

※写真14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

♂は1カットしか撮れなかったのはやや残念だけれど、♂も♀も撮れたので良しとしたい。少し涼しくなったらまた♂や交尾シーン狙いで出かけてみたいものだ。

by mikiosu | 2018-07-14 23:59 | 蜻蛉 | Comments(8)

ネアカヨシヤンマ♂初見初撮り(2018年7月13日)

毎年マルタンヤンマ&ヤブヤンマを見に行く公園にはいくつかよく見られるポイントがあり、今日くらい暑ければきっといるはず…との思いとともに二度三度とチェックして回る。まあ大体は自分が見つけられなくてもどなたかが見つけてくれるのであった(笑)。
この日もマルタンヤンマ♂の場所を教えてくださった「あかねの独り言 パート2」のあかねさんが、一度ポイントを離れた私に大物がいると連絡をくれたので大急ぎで戻る。

写真1はネアカヨシヤンマ♂。
そこは数分前に自分でチェックしていた場所であった。わずかの間に飛んできたのであろうか。

▼写真1 ネアカヨシヤンマ♂ その1a(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_351945.jpg


写真2は自然光で撮ったもの。

▼写真2 ネアカヨシヤンマ♂ その1b(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_352677.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真3、4も同じ位置からのストロボ撮影&自然光の比較。

▼写真3 ネアカヨシヤンマ♂ その1c(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_353414.jpg

▼写真4 ネアカヨシヤンマ♂ その1d(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_354017.jpg


側面からも押さえておく(写真5、6)。

▼写真5 ネアカヨシヤンマ♂ その1e(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_354986.jpg

▼写真6 ネアカヨシヤンマ♂ その1f(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_355640.jpg


複眼の模様がマルタンヤンマやヤブヤンマとは明らかに異なる(写真7、8)。

▼写真7 ネアカヨシヤンマ♂ その1g(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_3659.jpg

▼写真8 ネアカヨシヤンマ♂ その1h(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_361313.jpg


背面からも撮っておく(写真9、10)。
翅の付け根に赤茶色の斑があり、ヨシ原などに生息するのでネアカヨシヤンマということらしい。

▼写真9 ネアカヨシヤンマ♂ その1i(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_361969.jpg

▼写真10 ネアカヨシヤンマ♂ その1j(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_362755.jpg


シルエット気味に横からも撮ってみた(写真11)。

▼写真11 ネアカヨシヤンマ♂ その1k(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_20181867.jpg


最後にもう一度背面から(写真12)。

▼写真12 ネアカヨシヤンマ♂ その1l(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_364432.jpg

※写真3〜12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

『ネイチャーガイド 日本のトンボ』によるとネアカヨシヤンマは蜘蛛を狩るらしい。この近くで今年6月に撮ったアオヤンマみたいだなと思ったら、DNA解析ではネアカヨシヤンマとアオヤンマは近縁なのだそうだ。なるほど、そう思ってみると生殖器の形態もよく似ている。

by mikiosu | 2018-07-13 04:00 | 蜻蛉 | Comments(6)

ヤブヤンマ♀今季初撮り(2018年7月12日)

ヤブヤンマは♂のブルーの複眼も綺麗だけれど、♀のエメラルドグリーンの複眼も侮れない。

写真1はヤブヤンマ♀。
この個体は14時頃、散策路脇の枝にとまっていた。12時台に通ったときにはいなかった。

▼写真1 ヤブヤンマ♀ その1a(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_20335450.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

これもストロボと自然光で撮っておく(写真2、3)。

▼写真2 ヤブヤンマ♀ その1b(2018年7月10日、東京都)
d0303129_2034378.jpg

▼写真3 ヤブヤンマ♀ その1c(自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_2034912.jpg

※写真2、3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

真横からも押さえておく(写真4はストロボ撮影、写真5は自然光)。

▼写真4 ヤブヤンマ♀ その1d(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_2034161.jpg

▼写真5 ヤブヤンマ♀ その1e(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_20342440.jpg

※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

近い枝にじっとしているので60ミリマクロで撮ってみることにした。
写真6はマクロフラッシュ撮影、写真7は自然光。

▼写真6 ヤブヤンマ♀ その1f(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_20343110.jpg

▼写真7 ヤブヤンマ♀ その1g(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_20343924.jpg


複眼をしっかり撮りたくてさらに近づく(写真8はマクロフラッシュ、写真9は自然光)。

▼写真8 ヤブヤンマ♀ その1h(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_20344675.jpg

▼写真9 ヤブヤンマ♀ その1i(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_20345328.jpg


拡大してみる(写真10)。

▼写真10 ヤブヤンマ♀ その1j(2018年7月10日、東京都)
d0303129_2035111.jpg

※写真6〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

もっと激写したかったのだがさすがに近すぎたのか飛んでしまった(汗)。本来なら他のカメラマン氏に叱られるところだけれど、すでに皆さんひと通り撮ったあとで、しかもネットマンが出没していて、採られないようにそろそろ飛ばしちゃおうか、などと話していたところだったので叱られずに済んだ(笑)。

ブルーの複眼の綺麗なマルタンヤンマ♂、♂とはまた違った魅力のあるヤブヤンマ♀が撮れて、暑い中行ってみた甲斐があったというもの。この日はさらに嬉しい出会いがあった。(つづく)

by mikiosu | 2018-07-12 21:00 | 蜻蛉 | Comments(0)

マルタンヤンマ♂今季初撮り(2018年7月11日)

高温多湿が予想されると出かけたくないところなのだけれど、そんなときこそマルタンヤンマ&ヤブヤンマのぶら下がりが見られるので頑張って出かけないといけないのであった。
前回の7月3日、マルタンヤンマは♀だけ、ヤブヤンマは♂だけ見られたので、一週間後の7月10日は最低でもマルタンヤンマ♂だけは何とかしたいところだ。
現地に着くと1枚も撮らないうちにもう汗だくになっていた(苦笑)。ポイントにはすでに「あかねの独り言 パート2」のあかねさんが来ておられ、「向こうの木立にマルタンヤンマ♂がいますよ」と教えてくださった。

写真1〜10はマルタンヤンマ♂。
写真1、2は40−150ミリズームレンズで撮ったもの。
さほど意味はないが今回はすべてノートリミングで載せてみた。

▼写真1 マルタンヤンマ♂ その1a(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15445713.jpg

▼写真2 マルタンヤンマ♂ その1b(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1545418.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

この個体はやや高い位置にいたので300ミリでちょうど良かった(写真3)。

▼写真3 マルタンヤンマ♂ その1c(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15451174.jpg


横からも撮っておく(写真4)。

▼写真4 マルタンヤンマ♂ その1d(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1545195.jpg


今回はストロボと自然光の両方で撮っておいた(写真5、6)。
ストロボ撮影ではなるべく背景が真っ暗にならないようにするのが良いと思う(写真5)。
具体的にはシャッタースピードを下げ、ISOを高くする(とは言え、高くしすぎない)。

▼写真5 マルタンヤンマ♂ その1e(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15452770.jpg


シャッタースピードを下げれば、自然光撮影でもISOは高くしなくても大丈夫なので、ノイズも出にくくなる(写真6)。

▼写真6 マルタンヤンマ♂ その1f(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1545362.jpg


写真7、8もストロボ撮影&自然光の比較。

▼写真7 マルタンヤンマ♂ その1g(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1545468.jpg

▼写真8 マルタンヤンマ♂ その1h(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15455398.jpg


ほんのちょっと角度が違うだけで背景の印象がかなり異なるので何枚も撮ってしまう(写真9ストロボ撮影、写真10自然光撮影)。

▼写真9 マルタンヤンマ♂ その1i(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1546145.jpg

▼写真10 マルタンヤンマ♂ その1j(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_1546910.jpg

※写真3〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

遠くに♀もいたのでこれもストロボ撮影&自然光撮影で押さえておく(写真11、12)。

▼写真11 マルタンヤンマ♀ その1a(ノートリミング、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15461925.jpg

▼写真12 マルタンヤンマ♀ その1b(ノートリミング、自然光、2018年7月10日、東京都)
d0303129_15462510.jpg

※写真11、12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

マルタンヤンマはやはり♂を撮らないと撮った気がしないかな(笑)。次回はヤブヤンマ♀の予定。

by mikiosu | 2018-07-11 23:59 | 蜻蛉 | Comments(0)

マルタンヤンマ♀&ヤブヤンマ♂今季初撮り(2018年7月4日)

好天&蒸し暑いと予想された7月3日はマルタンヤンマ&ヤブヤンマのぶら下がり狙いで出かけてみる。
気温は思ったほど上がらなかったけれど、先客のカメラマンの方々のおかげで首尾良くマルタンヤンマ♀のぶら下がりを撮ることができた。

写真1〜3はマルタンヤンマ♀。
取りあえず40−150ミリズームレンズで撮る。

▼写真1 マルタンヤンマ♀ その1a(ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13513380.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

少し遠いので300ミリ単焦点レンズに換えた(写真2)。

▼写真2 マルタンヤンマ♀ その1b(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13544949.jpg


シルエット気味に撮ってみた(写真3)。

▼写真3 マルタンヤンマ♀ その1c(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13515381.jpg


少しすると向こうにヤブヤンマ♂がいるとの声がする。
チャーンス! とばかりに移動する(笑)。
まずは40−150ミリズームレンズで何枚か押さえる。
写真4は自然光で、写真5はストロボ撮影。

▼写真4 ヤブヤンマ♂ その1a(ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_1352227.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

▼写真5 ヤブヤンマ♂ その1b(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13521098.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真6、7は300ミリ単焦点レンズで撮ったもの。
この個体は300ミリでは近すぎるくらいだった。

▼写真6 ヤブヤンマ♂ その1c(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13521928.jpg

▼写真7 ヤブヤンマ♂ その1d(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13522644.jpg


その後はマルタンヤンマの♂はいないかともう少しブラブラする。
見つかったのはまたヤブヤンマ♂。
少し遠かったが40−150ミリズームレンズで撮ったのが写真8。

▼写真8 ヤブヤンマ♂ その2a(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13523485.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

300ミリに換えて撮る(写真9)。
この日は暑いので重い300ミリは置いていこうかと思ったりしたが、やはり300ミリは必要であった。

▼写真9 ヤブヤンマ♂ その2b(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13524451.jpg


この個体はしきりに首を傾げていた(写真10)。

▼写真10 ヤブヤンマ♂ その2c(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13525260.jpg


と言うか正確には何というのか、複眼を掻いたり回したりしていた(写真11〜13)。

▼写真11 ヤブヤンマ♂ その2d(ストロボ撮影、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13525964.jpg

▼写真12 ヤブヤンマ♂ その2e(ストロボ撮影、2018年7月3日、東京都)
d0303129_1353817.jpg

▼写真13 ヤブヤンマ♂ その2f(ストロボ撮影、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13531463.jpg


最後にもう一度落ち着いたところを撮って終了(写真14)。

▼写真14 ヤブヤンマ♂ その2g(ストロボ撮影、ノートリミング、2018年7月3日、東京都)
d0303129_13532290.jpg


15時には気温も下がり(と言ってもまだ30度はあったのだが)、ヤンマたちの姿も見えなくなったので撤収。マルタンヤンマ♂はまた次回のお楽しみということになった。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

by mikiosu | 2018-07-04 23:59 | 蜻蛉 | Comments(10)

MFのコフキトンボ再び(2018年6月29日)

6月下旬は主フィールドでコフキトンボをたくさん見かけた。
写真1は池のほとりのコフキトンボ♂。

▼写真1 コフキトンボ♂ その1a(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_14181932.jpg


絞りを変えて撮っておく(写真2)。

▼写真2 コフキトンボ♂ その1b(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_141933.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

近くにもう一匹♂がいた(写真3)。

▼写真3 コフキトンボ♂ その2(2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_14191030.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

やや遠いところには♀もいた(写真4)。
いわゆる♂タイプの♀だ。

▼写真4 コフキトンボ♀(♂型) その1a(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_14192012.jpg


ちょっと飛んだ隙に高い位置を♂に取られた(写真5)。

▼写真5 コフキトンボ♀(♂型)&♂(上) その1b(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_14192745.jpg


ちょっと小競り合いしかけたけれど結局そのままの位置でとまった(写真6)。

▼写真6 コフキトンボ♀(♂型)&♂(上) その1c(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_14193522.jpg

※写真4〜6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO & Tele Converter MC-14

写真7は帯型の♀。
帯型の♀はどうも遠くか角度の悪い位置か、その両方でしか見かけない。なぜだ!(苦笑)

▼写真7 コフキトンボ♀(♂型) その2(2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_14194352.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

やや遠い場所にとまっていた帯型♀を狙っていると、♂につられて飛んだ(写真8、9)。

▼写真8 コフキトンボ♀(♂型) その3a 飛翔中(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_14195287.jpg

▼写真9 コフキトンボ♀(♂型) その3b 飛翔中(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_1420069.jpg


帯型♀が元の位置にとまると♂がまた後方からちょっかいを出す(写真10)。

▼写真10 コフキトンボ♀(♂型) その3c(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_1420855.jpg


♂はそのまま通り過ぎて元の位置にとまる(写真11)。

▼写真11 コフキトンボ♀(♂型) その3d(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_14201753.jpg


写真12は両方が元の位置にとまったところ。
帯型♀がちょっと翅を立てた。

▼写真12 コフキトンボ♀(♂型) その3e(ノートリミング、2018年6月22日、東京近郊)
d0303129_1420255.jpg

※写真8〜12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2018-06-29 23:59 | 蜻蛉 | Comments(2)

羽化直後のアキアカネ(2018年6月27日)

もうだいぶ前になってしまったけれど、6月13日は東京郊外の公園にトンボ狙いで出かけてみた。
お目当てはモートンイトトンボとオナガサナエ。
昨年&一昨年は6月22日頃に撮影している。今季はいろいろと発生が早いので出ているのではないかと期待した。
オナガサナエのいるはずの池は水がかなり涸れていてオナガサナエの姿もまったく見られなかった。
モートンイトトンボの方は、田んぼはすでに田植えも済んでいて、発生していても良いように思うのだけれど、やはり姿は見られない。
池は2周、田んぼは5周くらいしたかもしれない。

見つかったのはアオモンイトトンボ(写真1)。
とまらずにどんどん離れていくので慌てて飛翔シーンを押さえる。

▼写真1 アオモンイトトンボ その1 飛翔中(2018年6月13日、東京郊外)
d0303129_2110371.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真2は別個体。
アオモンイトトンボは♂♀の識別が意外に難しくてよく間違える。♂だとは思うが表記はしないでおく。

▼写真2 アオモンイトトンボ その2(2018年6月13日、東京郊外)
d0303129_21101050.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

田んぼを一周したときにはヤゴ殻しか見つからなかったけれど、2周目&3周目にはアキアカネが羽化しているのに気がついた。
写真3は♂のようであった。

▼写真3 アキアカネ♂ その1a(2018年6月13日、東京郊外)
d0303129_21101764.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

引いて撮るとこんな感じ(写真4)。

▼写真4 アキアカネ♂ その1b(ノートリミング、2018年6月13日、東京郊外)
d0303129_21102654.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

近くで♀も見つかった(写真5)。

▼写真5 アキアカネ♂ その2(2018年6月13日、東京郊外)
d0303129_21103443.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

この日はアキアカネ♂が2匹、♀が1匹見つかった。

本来なら一週間後の6月20日頃にもう一度覗きに行くべきところなのだが、今月はどうも巡り合わせが悪く、行きそびれてしまった。どこかほかの場所でモートンイトトンボを撮る機会があれば良いのだけれど…。
オナガサナエの方は運が良ければ主フィールドでも撮れるので幸運に期待したい。

by mikiosu | 2018-06-27 23:59 | 蜻蛉 | Comments(0)