人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ツマグロキチョウの産卵シーン(2019年7月14日)

コマツナギの多い河原ではツマグロキチョウも見られた。
この河原に来るのは実は4回目。過去記事はこちら(→1回目2014年)(→2回目2016年)(→3回目2017年)。いずれも秋のことで、初夏に行ったのは初めてだった。

写真1は1匹だけ見られたツマグロキチョウ。
産卵行動をしていたので慌てて撮った。草被りもやむを得ない(笑)。

▼写真1 ツマグロキチョウ♀ その1a 産卵シーン(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_14343562.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真2はその時の卵。

▼写真2 ツマグロキチョウの卵 その1(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_14344580.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真3、4は小飛後に休んでいるところ。
こういうとき、一人でいると蝶を見失うか、卵の場所が分からなくなってしまうかどちらか。この日は二人だったので、私が卵の場所を押さえ、同行のdragonbutterさんが蝶を追いかけていたので両方撮れた次第だ。

▼写真3 ツマグロキチョウ♀ その1b(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_1434537.jpg

▼写真4 ツマグロキチョウ♀ その1c(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_1435187.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ひと休みしたあとまた産卵した(写真5)。

▼写真5 ツマグロキチョウ♀ その1d 産卵シーン(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_1435794.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真6は産卵直後のカワラケツメイ。卵が産み付けられているのもどうにか分かる。

▼写真6 ツマグロキチョウの卵 その2a(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_14351533.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真7はその時の卵を60ミリマクロレンズで撮ったもの。

▼写真7 ツマグロキチョウの卵 その2b(2019年7月7日、北関東)
d0303129_14352394.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

この日はイチモンジセセリもいくつか見られた。
この河原のイチモンジセセリはどうも黄色っぽい気がする(写真8、9)。

▼写真8 イチモンジセセリ その1a(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_14352937.jpg

▼写真9 イチモンジセセリ その1b(2019年7月7日、北関東)
d0303129_14353676.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2019-07-14 23:59 | Comments(4)

ミヤマシジミの♂と♀(2019年7月13日)

コマツナギのたくさんある河原に着くと、風がとても強く、時折小雨もパラついていて撮影日和とは言いがたい。それでもツバメシジミやベニシジミが見つかったのでもう少し粘ってみる。
ほどなく葉上にとまるミヤマシジミ♂が見つかった(写真1)。
完品ではないけれど、まずまず綺麗な個体。半開翅から開翅シーンまで何とか撮れた。なんとか…というのは風が強くて翅が閉じたり開いたりしていたからだ。

▼写真1 ミヤマシジミ♂ その1a(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_345774.jpg

▼写真2 ミヤマシジミ♂ その1b 半開翅(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3451690.jpg

▼写真3 ミヤマシジミ♂ その1c 開翅(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3452182.jpg

▼写真4 ミヤマシジミ♂ その1d 開翅(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3452940.jpg

▼写真5 ミヤマシジミ♂ その1e 開翅(2019年7月7日、北関東)
d0303129_3453835.jpg


辛抱強く歩くと♂も♀も複数個体見つかった。
写真6はコマツナギにとまっていた♂。
中途半端な開翅シーンだけれど、表翅から裏翅の黒い紋が透けて見えたので載せてみた。

▼写真6 ミヤマシジミ♂ その2 開翅(2019年7月7日、北関東)
d0303129_3454623.jpg


写真7〜10は♀。
仔細に見ると青鱗粉が少し乗っていた。

▼写真7 ミヤマシジミ♀ その1a(2019年7月7日、北関東)
d0303129_3455229.jpg

▼写真8 ミヤマシジミ♀ その1b 半開翅(2019年7月7日、北関東)
d0303129_346119.jpg

▼写真9 ミヤマシジミ♀ その1c 開翅(2019年7月7日、北関東)
d0303129_34686.jpg

▼写真10 ミヤマシジミ♀ その1d 半開翅(2019年7月7日、北関東)
d0303129_3461665.jpg


同行の「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさんが追いかけていた♀が産卵した。産卵シーンは撮れなかったけれど、卵は撮れた(写真11、12)。

▼写真11 ミヤマシジミの卵 その1a(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3462394.jpg

▼写真12 ミヤマシジミの卵 その1b(2019年7月7日、北関東)
d0303129_3462957.jpg

※写真11、12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

この日は卵を撮る予定はなかったので30ミリマクロレンズは持参していなかった。60ミリでもそこそこ撮れるけれど、卵はやはり30ミリの方が撮りやすかろう。今後は手を抜かず、30ミリも持ち歩くようにしたい(反省)。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2019-07-13 23:59 | | Comments(4)

ゴイシシジミ今季初撮り(2019年7月12日)

7月7日のトンボ遠征ではいくつか今季初撮りの蝶もあったのだ。

写真1〜6はゴイシシジミ。
グンバイトンボを探していると、小さな流れの脇のドクダミの葉上にちょこんととまっていた。
ゴイシシジミは可愛いなあ(笑)。

▼写真1 ゴイシシジミ その1a(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3291597.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真2は小飛後の半開翅シーン。
足下にいるのはアミメアリのようだ。

▼写真2 ゴイシシジミ その1b(2019年7月7日、北関東)
d0303129_3292455.jpg


また少し飛んで笹の葉に止まった(写真3、4)。

▼写真3 ゴイシシジミ その1c(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3293198.jpg

▼写真4 ゴイシシジミ その1d(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3293995.jpg


葉裏に移動する(写真5)。

▼写真5 ゴイシシジミ その1e(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3294668.jpg

※写真2〜5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

産卵行動をしているように見えたので♀だったのかもしれない(写真6)。
あとで葉っぱをめくってみたけれど、残念ながら卵は見つからなかった。

▼写真6 ゴイシシジミ その1f(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_329547.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ツバメシジミは移動後の河原で見つけた(写真7)。
例年なら春先に撮っているところだが、今年はこれが初撮りであった。

▼写真7 ツバメシジミ♂(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_330433.jpg


ツバメシジミは♀も発見(写真8)。
傷んでいたけれど、♂と♀が撮れてちょっと嬉しい。

▼写真8 ツバメシジミ♀(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3301188.jpg

※写真7、8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

この河原にはミヤマシジミの食草であるコマツナギが多い。
最初に撮れたのはベニシジミ(写真9、10)。

▼写真9 ベニシジミ その1a(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_3302090.jpg

▼写真10 ベニシジミ その1b(2019年7月7日、北関東)
d0303129_3302518.jpg

※写真9、10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2019-07-12 23:59 | | Comments(2)

羽化直後のオニヤンマ(2019年7月11日)

グンバイトンボのポイントにはミヤマカワトンボも複数見られた。ミヤマカワトンボは東京郊外の渓流沿いでも見られるけれど、ここは渓流沿いと言うより用水路沿いに近い環境。こういうところにもいるのか。

写真1〜3はミヤマカワトンボ♂。
すべて別個体である。

▼写真1 ミヤマカワトンボ♂ その1(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_255664.jpg

▼写真2 ミヤマカワトンボ♂ その2(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_2551368.jpg

▼写真3 ミヤマカワトンボ♂ その3(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_2552048.jpg

※写真1〜3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真4、5はミヤマカワトンボ♀。

▼写真4 ミヤマカワトンボ♀ その1a(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_2552810.jpg


ミヤマカワトンボの翅の翅脈はとても細かい(写真5)。
光の角度によってこの翅脈が実に綺麗に見えるのだが、この日は曇っていた。

▼写真5 ミヤマカワトンボ♀ その1b(2019年7月7日、北関東)
d0303129_2553587.jpg

※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

グンバイトンボを探索中に見つけたのは羽化直後のオニヤンマ(写真6)。
この写真は9時0分撮影。まだ翅を畳んでいた。

▼写真6 オニヤンマ♂ その1a(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_2554351.jpg


顔面をアップにしてみた(写真7)。

▼写真7 オニヤンマ♂ その1b(2019年7月7日、北関東)
d0303129_2555138.jpg

※写真6、7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真8はフィッシュアイレンズで撮ってみたもの(写真8)。

▼写真8 オニヤンマ♂ その1c(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_2555783.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

10時20分過ぎ、同行のdragonbutterさんが「翅を震わせている」というので慌てて撮る(写真9)。
翅がキラキラしている。

▼写真9 オニヤンマ♂ その1d(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_25667.jpg


この後顔を撫でるような仕草をしたかと思うと飛び立っていった(写真10)。
飛び立った写真はピンボケなので割愛するが、処女飛翔は初めて見たのでちょっと嬉しい。

▼写真10 オニヤンマ♂ その1e(2019年7月7日、北関東)
d0303129_2561377.jpg

※写真9、10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真11、12は近くの川で撮ったアオハダトンボ♂。

▼写真11 アオハダトンボ♂ その1a(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_2562069.jpg


アオハダトンボの翅脈も細かい(写真12)。
日が当たればもうちょっと綺麗なのだけれど…。とは言えそれを綺麗に撮るのはなかなか難しかったりする。

▼写真12 アオハダトンボ♂ その1b(2019年7月7日、北関東)
d0303129_2562828.jpg

※写真11、12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

この日はほかにハラビロトンボやミヤマアカネなども見られた。

by mikiosu | 2019-07-11 23:59 | 蜻蛉 | Comments(2)

グンバイトンボ初見初撮り(2019年7月10日)

七夕の7月7日はお天気が心配されたが「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさんと北関東へ遠征。
お目当てはグンバイトンボ。グンバイトンボはモノサシトンボに似ているが、♂の中脚と後脚が花びらのように広がることからその名がある。
昔は井の頭公園にもいたらしい。今では東京はおろか東日本で見られる場所はごく限られている。

現地に着いてからしばらく探索。1時間ほどするとdragonbutterさんから「♀がいる!」と声がかかる。
写真1〜8はグンバイトンボの♀。
写真1は笹の葉先に止まったところ。

▼写真1 グンバイトンボ♀ その1a(2019年7月7日、北関東)
d0303129_4451037.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真2〜5はアジサイの茎にとまったところ。
グンバイトンボは初見初撮りなので、できるだけいろんな角度で撮っておきたい。

▼写真2 グンバイトンボ♀ その1b(2019年7月7日、北関東)
d0303129_4451986.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

▼写真3 グンバイトンボ♀ その1c(2019年7月7日、北関東)
d0303129_4452615.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真4はほぼ真横から撮ったもの。
写真5は同じ写真を拡大したもの。

▼写真4 グンバイトンボ♀ その1d−1(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_4453367.jpg

▼写真5 グンバイトンボ♀ その1d−2(2019年7月7日、北関東)
d0303129_4453915.jpg

※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真6、7は真上から撮ったもの。

▼写真6 グンバイトンボ♀ その1e(ノートリミング、2019年7月7日、北関東)
d0303129_4454854.jpg

▼写真7 グンバイトンボ♀ その1f(2019年7月7日、北関東)
d0303129_4455438.jpg

※写真6、7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真8は枯れ枝にとまったところ。
この後見失ってしまった。

▼写真8 グンバイトンボ♀ その1g(2019年7月7日、北関東)
d0303129_446345.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

特徴のある♂は残念ながら見つからなかったけれど、お目当てのグンバイトンボが見られて良かった。この日見られた♀が、来年以降も命を繋げてくれるのではあるまいか。
お誘いくださったdragonbutterさん、ありがとうございました。

by mikiosu | 2019-07-10 23:59 | 蜻蛉 | Comments(0)

モノサシトンボの♂と♀(2019年7月6日)

5月下旬から近所の公園3カ所で観察してきたモノサシトンボ。
今季はどこでも数が少なかった気がする。

写真1は主フィールドで撮影した未成熟個体。

▼写真1 モノサシトンボ♂ その1(ノートリミング、2019年5月26日、東京近郊)
d0303129_4143337.jpg


写真2〜5は10日後にプチ遠征先の公園で撮ったモノサシトンボたち。
写真2、3は♀。

▼写真2 モノサシトンボ♀ その1(ノートリミング、2019年6月5日、東京都)
d0303129_4144020.jpg

▼写真3 モノサシトンボ♀ その2(2019年6月5日、東京都)
d0303129_4144621.jpg


写真4、5は♂。

▼写真4 モノサシトンボ♂ その2a(ノートリミング、2019年6月5日、東京都)
d0303129_4145395.jpg

▼写真5 モノサシトンボ♂ その2b(2019年6月5日、東京都)
d0303129_415019.jpg


写真6はほぼ一週間後に撮った♂。
増えているかと思ったら1匹しか見つからなかった。

▼写真6 モノサシトンボ♂ その3(2019年6月13日、東京都)
d0303129_415815.jpg


写真7〜14は近所の公園で撮影したモノサシトンボたち。
写真7はヒメジャノメとツーショット。

▼写真7 モノサシトンボ♂ その4a(ノートリミング、2019年6月19日、東京都)
d0303129_41517100.jpg


写真8、9は60ミリマクロレンズで側面から。

▼写真8 モノサシトンボ♂ その4b(ノートリミング、2019年6月19日、東京都)
d0303129_4152488.jpg

▼写真9 モノサシトンボ♂ その4c(2019年6月19日、東京都)
d0303129_4153138.jpg


毎年1回は顔面を激写したい(写真10)。

▼写真10 モノサシトンボ♂ その4d(ノートリミング、2019年6月19日、東京都)
d0303129_4153953.jpg

※写真7〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真11〜14は交尾シーン。
写真11は絞りf4、写真12は絞りf11で撮ったもの。

▼写真11 モノサシトンボの交尾シーン その1a(ノートリミング、2019年6月19日、東京都)
d0303129_4154868.jpg

▼写真12 モノサシトンボの交尾シーン その1b(ノートリミング、2019年6月19日、東京都)
d0303129_4155567.jpg


できるだけ近づいて右側と左側から(写真13、14)。

▼写真13 モノサシトンボの交尾シーン その1c(ノートリミング、2019年6月19日、東京都)
d0303129_416268.jpg

▼写真14 モノサシトンボの交尾シーン その1d(2019年6月19日、東京都)
d0303129_416841.jpg


できれば産卵シーンも撮りたかったけれど、なかなか思うようにはいかない。来年の課題かな。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2019-07-06 23:59 | 蜻蛉 | Comments(0)

アオモンイトトンボの♂と♀(2019年7月5日)

6月にプチ遠征先の公園で撮影したアオモンイトトンボたち。
早朝からミドリシジミ狙いで出かけたけれど、まったく撮れずに、池の周りでアオモンイトトンボをいくつか撮って帰った。
写真1、2は池のほとりで撮影した♂。

▼写真1 アオモンイトトンボ♂ その1(2019年6月5日、東京都)
d0303129_325919.jpg


▼写真2 アオモンイトトンボ♂ その2(2019年6月5日、東京都)
d0303129_3251855.jpg


写真3、4は植え込みにいた個体。
ほぼ真横から撮れると副性器のある腹部第二節の膨らみがよく分かる。

▼写真3 アオモンイトトンボ♂ その3a(2019年6月5日、東京都)
d0303129_3252489.jpg

▼写真4 アオモンイトトンボ♂ その3b(2019年6月5日、東京都)
d0303129_3253240.jpg


写真5は未成熟の♀。

▼写真5 アオモンイトトンボ♀(未成熟) その1(ノートリミング、2019年6月5日、東京都)
d0303129_3254158.jpg


写真5〜7は♂タイプの♀。
至近距離でじっとしていてくれると、いろいろな角度から撮れてありがたい。

▼写真6 アオモンイトトンボ♀(♂タイプ) その2a(2019年6月5日、東京都)
d0303129_3254892.jpg

▼写真7 アオモンイトトンボ♀(♂タイプ) その2b(2019年6月5日、東京都)
d0303129_3255542.jpg

▼写真8 アオモンイトトンボ♀(♂タイプ) その2c(2019年6月5日、東京都)
d0303129_326377.jpg


池のほとりでは交尾シーンも撮れた(写真9)。
はっきりしないが、この♀は♂タイプではないようだ。

▼写真9 アオモンイトトンボの交尾シーン(ノートリミング、2019年6月5日、東京都)
d0303129_3261091.jpg


クロイトトンボも1匹見られた(写真10)。

▼写真10 クロイトトンボ♂(2019年6月5日、東京都)
d0303129_3261723.jpg


撮影機材:※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2019-07-05 23:59 | 蜻蛉 | Comments(0)

ミドリヒョウモンとアサギマダラ(2019年7月3日)

好天の6月26日はどこに行こうか迷ったけれど、東京郊外の山へ行ってみた。お目当てはオオムラサキと、あわよくばウラミスジシジミだったのだけれど、残念ながらどちらも見られず。
気温も高くなって蝶の出は悪し…。

見られたのはミドリヒョウモン♂(写真1〜4)。
高い場所に咲く花で吸蜜していたので300ミリで撮影。ミドリヒョウモンは信州辺りでは普通種であるが、初夏に都内で撮る機会はそれほど多くはない。

▼写真1 ミドリヒョウモン♂ その1a(ノートリミング、2019年6月26日、東京郊外)
d0303129_4293369.jpg

▼写真2 ミドリヒョウモン♂ その1b(2019年6月26日、東京郊外)
d0303129_4293943.jpg

▼写真3 ミドリヒョウモン♂ その1c 開翅(ノートリミング、2019年6月26日、東京郊外)
d0303129_4294620.jpg

▼写真4 ミドリヒョウモン♂ その1d(2019年6月26日、東京郊外)
d0303129_4295345.jpg


同じ花にアサギマダラもきていた(写真5〜7)。

▼写真5 アサギマダラ♀ その1a(ノートリミング、2019年6月26日、東京郊外)
d0303129_430183.jpg

▼写真6 アサギマダラ♀ その1b 開翅(ノートリミング、2019年6月26日、東京郊外)
d0303129_430819.jpg

▼写真7 アサギマダラ♀ その1c 飛び立ち(2019年6月26日、東京郊外)
d0303129_4301520.jpg

※写真5〜7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真8は別個体。

▼写真8 アサギマダラ♀ その2 飛翔中(2019年6月26日、東京郊外)
d0303129_4302329.jpg


山頂で思いがけなく猫ちゃんを見つける。
なかなかの美猫であった。

◎今日のニャンコ ♪(ノートリミング、2019年6月26日、東京郊外)
d0303129_4303387.jpg

※今日のニャンコはOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO


撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

by mikiosu | 2019-07-03 23:59 | | Comments(2)

アサギマダラの卵&ミドリヒョウモンの幼虫(2019年7月1日)

モイワサナエ遠征時に撮影した蝶の写真を遅まきながら載せておきたい。

写真1はクロアゲハ♂。
群馬まで遠征してクロアゲハか、と思われるかもしれないが、北信方面では珍しいらしい。タニウツギ系の花で吸蜜していた。

▼写真1 クロアゲハ♂(ノートリミング、2019年6月16日、群馬県)
d0303129_484810.jpg


近くにはイケマがいくつか見られた。案内してくださった「浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)」の浅間の煙さんが複数の卵を見つけてくれた。この付近にはキジョランがなく、アサギマダラはイケマで産卵するとのことである。
イケマの葉裏の卵は初めてなので喜んで撮る(写真2、3)。

▼写真2 アサギマダラの卵 その1a(2019年6月16日、群馬県)
d0303129_4856100.jpg

▼写真3 アサギマダラの卵 その1b(2019年6月16日、群馬県)
d0303129_4932.jpg

※写真2、3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

湿地周りで幼虫を発見。ミドリヒョウモンの幼虫であった(写真4、5)。
なんでこんなところにきたのか…。

▼写真4 ミドリヒョウモンの幼虫 その1a(ノートリミング、2019年6月16日、群馬県)
d0303129_491244.jpg

▼写真5 ミドリヒョウモンの幼虫 その1b(ノートリミング、2019年6月16日、群馬県)
d0303129_491926.jpg


午後は「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさんと二人で転戦。
道端で見つけた蝶は…ギンイチモンジセセリ(写真6)。
今季初撮りだが残念ながら裏翅が撮れない…。

▼写真6 ギンイチモンジセセリ 開翅(2019年6月16日、群馬県)
d0303129_49268.jpg


撤収直前に道路脇の葉上でクモガタヒョウモン♀を見つけた(写真7、8)。
なかなか綺麗な個体。♀を撮る機会はそんなに多くないのでちょっと嬉しい。

▼写真7 クモガタヒョウモン♀ その1a 開翅(ノートリミング、2019年6月16日、群馬県)
d0303129_493574.jpg

▼写真8 クモガタヒョウモン♀ その1b 開翅(2019年6月16日、群馬県)
d0303129_494230.jpg


撮影機材:※印以外は※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

by mikiosu | 2019-07-01 23:59 | | Comments(0)