オオアオイトトンボ♂と♀(2018年11月1日)

10月28日は主フィールドのカラムシを観察中にオオアオイトトンボを見かけた(写真1)。
近くの水場でも観察できていたが、少し離れたところまで遠征してきたのか。

▼写真1 オオアオイトトンボ♂ その1a(ノートリミング、2018年10月28日、東京近郊)
d0303129_23565318.jpg


背面からも撮っておく(写真2)。

▼写真2 オオアオイトトンボ♂ その1b(ノートリミング、2018年10月28日、東京近郊)
d0303129_2357113.jpg


フィッシュアイレンズでも撮ってみた(写真3)。
青空が白くなってしまったのが残念。

▼写真3 オオアオイトトンボ♂ その1c(ノートリミング、2018年10月28日、東京近郊)
d0303129_235798.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

10月30日は今季三度目の丘陵遠征。
結論から言うと目当てのカトリヤンマはまったく見られず、とぼとぼ帰ることになってしまった(涙)。
諦めて帰ろうとする頃、散策路脇の林縁でオオアオイトトンボ♀を見つけた。
♀は今季初撮りなので喜んで撮る(写真4)。

▼写真4 オオアオイトトンボ♀ その1a(ノートリミング、2018年10月30日、東京郊外)
d0303129_23571775.jpg


拡大する(写真5)。

▼写真5 オオアオイトトンボ♀ その1b(2018年10月30日、東京郊外)
d0303129_2357255.jpg


日差しが強いので手で日陰を作ってみた(写真6)。

▼写真6 オオアオイトトンボ♀ その1c(ノートリミング、2018年10月30日、東京郊外)
d0303129_23573353.jpg


拡大する(写真7)。
赤銅色の翅胸部がなかなか綺麗だ。

▼写真7 オオアオイトトンボ♀ その1d(2018年10月30日、東京郊外)
d0303129_23574177.jpg


小飛して笹の葉にとまった(写真8)。

▼写真8 オオアオイトトンボ♀ その1e(ノートリミング、2018年10月30日、東京郊外)
d0303129_23574910.jpg


別角度から(写真9)。

▼写真9 オオアオイトトンボ♀ その1f(ノートリミング、2018年10月30日、東京郊外)
d0303129_23575557.jpg


これも日陰にして撮ってみた(写真10)。

▼写真10 オオアオイトトンボ♀ その1g(2018年10月30日、東京郊外)
d0303129_2358230.jpg


ほかに撮るものもなかったのでかなり熱心に撮ってみた次第であった(苦笑)。

※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

# by mikiosu | 2018-11-01 23:59 | 蜻蛉 | Comments(4)

花壇のヒメアカタテハ&アカタテハ(2018年10月30日)

10月25日は主フィールドのカラムシでアカタテハの幼虫を見つけた(写真1)。
と言うかたまたまお会いした「公園昆虫記」のおはるさんに教えてもらった。

▼写真1 アカタテハの幼虫 その1a(ノートリミング、2018年10月25日、東京近郊)
d0303129_23342496.jpg


拡大する(写真2)。
まだ小さいようだ。アカタテハは成虫越冬なのでまだこれから葉っぱをたくさん食べるだろう。

▼写真2 アカタテハの幼虫 その1b(ノートリミング、2018年10月25日、東京近郊)
d0303129_23343383.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真3は3日後に同じ場所で見かけた幼虫の巣。

▼写真3 アカタテハ幼虫の巣(ノートリミング、2018年10月28日、東京近郊)
d0303129_23344297.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

幼虫の巣を観察していると成虫も飛んできた(写真4)。
あちこちでしきりに産卵行動をしていたので♀であろう。

▼写真4 アカタテハ♀(2018年10月28日、東京近郊)
d0303129_23345190.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

花壇のウインターコスモスを見に行くとヒメアカタテハがきていた(写真5)。

▼写真5 ヒメアカタテハ その1a(2018年10月28日、東京近郊)
d0303129_23345951.jpg


開翅シーンも撮れた(写真6〜8)。

▼写真6 ヒメアカタテハ その1b 開翅(ノートリミング、2018年10月28日、東京近郊)
d0303129_2335793.jpg

▼写真7 ヒメアカタテハ その1c 開翅(ノートリミング、2018年10月28日、東京近郊)
d0303129_23351523.jpg

▼写真8 ヒメアカタテハ その1d 開翅(ノートリミング、2018年10月28日、東京近郊)
d0303129_23352318.jpg

※写真5〜8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

狙いのアオスジアゲハはこの日は撮れなかったけれど、アカタテハとヒメアカタテハが撮れたので満足して帰る。

# by mikiosu | 2018-10-30 23:59 | | Comments(0)

花壇のフジバカマにイカリモンガ(2018年10月28日)

主フィールドをブラブラした10月25日は、花壇のフジバカマで意外なものを見つけた。
イカリモンガだ(写真1、2)。
イカリモンガは東京郊外では珍しい蛾ではないけれど、主フィールドで見たのは初めてであった。

▼写真1 イカリモンガ その1a(ノートリミング、2018年10月25日、東京近郊)
d0303129_22335227.jpg

▼写真2 イカリモンガ その1b(ノートリミング、2018年10月25日、東京近郊)
d0303129_22335950.jpg


小飛して花壇のネームプレートにとまった(写真3、4)。

▼写真3 イカリモンガ その1c(ノートリミング、2018年10月25日、東京近郊)
d0303129_2234720.jpg

▼写真4 イカリモンガ その1d(ノートリミング、2018年10月25日、東京近郊)
d0303129_22341616.jpg


最後にまた草の上にとまったところをパチリ(写真5)。

▼写真5 イカリモンガ その1e(ノートリミング、2018年10月25日、東京近郊)
d0303129_2234245.jpg


いつか飛翔シーンを撮りたいと思っているのだが、この日も撮れなかった。イカリモンガの飛翔は割りとゆっくりなのに、こちらの動作がさらにトロいのでなかなかうまくいかない(苦笑)。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

# by mikiosu | 2018-10-28 23:59 | | Comments(0)