クロアゲハの蛹&ムラサキツバメの蛹(2018年9月8日)

近所の公園をひと回りした9月5日はマイコアカネ♂以外にもいろいろ収穫があった。
写真1、2はキアゲハの幼虫。
公園外れの野草園ではキアゲハの幼虫が4匹ほど見られた。
8月下旬に見つけた4個体は雷雨の翌日から見られなくなってしまったけれど、別のアシタバには終齢幼虫が3匹、三齢幼虫らしき個体が2匹見つかった。
写真1は終齢幼虫、写真2は三齢幼虫くらいと思う。

▼写真1 キアゲハの幼虫 その1(2018年9月5日、東京都)
d0303129_331022.jpg

▼写真2 キアゲハの幼虫 その2(2018年9月5日、東京都)
d0303129_331886.jpg


そして個人的に嬉しかったのはクロアゲハの蛹を見つけたこと(写真3)。
ここは拙宅の隣家のガレージ軒下。8月27日まで拙宅の柑橘系の木にいた終齢幼虫の蛹化した姿ではないかと思う。幼虫のいた場所からは6〜7メートルといったところか。

▼写真3 クロアゲハの蛹 その1a(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_332623.jpg


腕を伸ばして真横から撮ってみる(写真4)。

▼写真4 クロアゲハの蛹 その1b(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_333324.jpg


もちろん背面からも撮っておく(写真5)。

▼写真5 クロアゲハの蛹 その1c(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_334211.jpg


後日30ミリマクロで深度合成してみた(写真6)。

▼写真6 クロアゲハの蛹 その1d(2018年9月8日、東京都)
d0303129_335275.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

クロアゲハの終齢幼虫が見えなくなったのは8月28日。翌日前蛹、30日から蛹になったとすると9月12〜14日あたりが羽化予定日になろうか。できれば羽化シーンも拝みたいと期待が膨らむ。

池のほとりのユキヤナギの枝ではホシミスジの幼虫を見つけた(写真7、8)。
すでに終齢幼虫のようだ。公園内にはホシミスジ幼虫の食草はたくさんあるけれど、幼虫は1匹しか見つからなかった。

▼写真7 ホシミスジの幼虫 その1a(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_34010.jpg

▼写真8 ホシミスジの幼虫 その1b(2018年9月5日、東京都)
d0303129_34727.jpg


二日後には前蛹になっていた(写真9、10)。

▼写真9 ホシミスジの前蛹 その1a(ノートリミング、2018年9月7日、東京都)
d0303129_341412.jpg

▼写真10 ホシミスジの前蛹 その1b(2018年9月7日、東京都)
d0303129_342247.jpg


翌日蛹を撮りに行ってみると姿が見えない。野鳥に食べられてしまったか。こんな目立つ場所ではどうか…と思っていた。

公園外れのマテバシイでは8月末にムラサキツバメの幼虫が観察できた。
この日はマテバシイの根元をチェックしてみる。
いたいた、ムラサキツバメの蛹だ(写真11)。

▼写真11 ムラサキツバメの蛹 その1a(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_343168.jpg


たくさんのアリが甲斐甲斐しく蛹の世話をしているように見える(写真12)。
このアリはアミメアリのようだ。

▼写真12 ムラサキツバメの蛹 その1b(2018年9月5日、東京都)
d0303129_343936.jpg


これだけアリがいると寄生バチも寄ってこられまい。ムラサキツバメは交尾シーンも撮れていないが、チャンスがあれば羽化シーンも撮ってみたい。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

# by mikiosu | 2018-09-08 23:59 | | Comments(0)

ノシメトンボ&マイコアカネ今季初撮り(2018年9月7日)

近所の公園ではトンボもいろいろ見られる。
写真1はコシアキトンボ♂。
あまりカメラを向けないトンボだけれど、目の前にとまったので撮ってしまった(笑)。

▼写真1 コシアキトンボ♂(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_362179.jpg


公園入口ではノシメトンボ♀を見かけた(写真2)。
ノシメトンボは今季初めて見た気がする。

▼写真2 ノシメトンボ♀(2018年9月5日、東京都)
d0303129_362812.jpg


マイコアカネ♂もいた(写真3〜5)。
以前主フィールドで撮ったことがあるけれど、この公園では初めて撮った。

▼写真3 マイコアカネ♂ その1a(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_363642.jpg

▼写真4 マイコアカネ♂ その1b(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_364454.jpg

▼写真5 マイコアカネ♂ その1c(2018年9月5日、東京都)
d0303129_365167.jpg


写真6、7はマユタテアカネ♂。
写真6は絞りf8、写真7は絞り開放で撮ったもの。
水辺で撮る際には、背景が写っていた方が面白い場合がある。

▼写真6 マユタテアカネ♂ その1a(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_365971.jpg

▼写真7 マユタテアカネ♂ その1b(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_37552.jpg


写真8は二日後に見かけたマユタテアカネ♀。
この公園では8月21日にツマグロ型♀を撮っている。この日は通常型がいたので撮っておいた。

▼写真8 マユタテアカネ♀(2018年9月7日、東京都)
d0303129_371356.jpg


この日の撮影では、マユタテアカネ♂とマイコアカネ♂は同じ赤トンボでも微妙に色合いが異なる気がした。もちろん尾端の形状が違うので識別はできるけれど、遠目にはマイコアカネ♂の方がやや朱色っぽく見えて、マユタテアカネではないなと思って近づいたらマイコアカネだった。

撮影機材:※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

# by mikiosu | 2018-09-07 23:59 | 蜻蛉 | Comments(6)

ウラナミシジミ今季初撮り(2018年9月6日)

最近は遠征にも出かけず、近所の公園をひと回りして終わりの日々だ(笑)。
それでも丹念に見て回るといろいろな出会いがあるから面白い。

写真1はヒメジャノメ。
♀のようだ。池のほとりの葉上で翅を開いたり閉じたりしていた。

▼写真1 ヒメジャノメ♀ その1a(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_2351717.jpg


少し近づく(写真2)。

▼写真2 ヒメジャノメ♀ その1b(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_2352475.jpg


玄関を出てすぐなので毎日のようにキツネノマゴの群落をチェックする。
ヤマトシジミにしてはちょっと大きい蝶がきていた。
ウラナミシジミであった(写真3〜7)。
そう言えばもう9月、ウラナミシジミが見られる時期になっていた。
飛翔中にチラリと見えた表翅から♀と思われるが、しっかり撮れていないので判別はしないでおく。

▼写真3 ウラナミシジミ その1a(2018年9月5日、東京都)
d0303129_2353242.jpg

▼写真4 ウラナミシジミ その1b(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_2354072.jpg

▼写真5 ウラナミシジミ その1c(2018年9月5日、東京都)
d0303129_2354630.jpg

▼写真6 ウラナミシジミ その1d(2018年9月5日、東京都)
d0303129_2355344.jpg

▼写真7 ウラナミシジミ その1e(2018年9月5日、東京都)
d0303129_236061.jpg


出かけるときに通りかかるとモンシロチョウが交尾していた。家に戻ってカメラを持ってきて撮る(写真8、9)。

▼写真8 モンシロチョウの交尾シーン その1a(2018年9月5日、東京都)
d0303129_236873.jpg

▼写真9 モンシロチョウの交尾シーン その1b(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_2361597.jpg


約2時間後、外出から戻るとまだ交尾中であった(写真10)。

▼写真10 モンシロチョウの交尾シーン その1c(ノートリミング、2018年9月5日、東京都)
d0303129_2362260.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

夕方、薄暗くなった頃にはキツネノマゴの花は閉じているようである。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

# by mikiosu | 2018-09-06 23:59 | | Comments(0)