越冬中のウラギンシジミ(2019年1月4日)

謹賀新年

皆さま、明けましておめでとうございます。
年末よりブログ更新サボり気味ではございますが(汗)、今月もぼちぼち越冬蝶やフユシャクなどを更新していきたいと思っております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真1〜3は暮れに主フィールドで撮ったウラギンシジミ。
その日は主フィールドにてウラギンシジミの越冬個体を5匹ほど見つけた。
花と一緒に撮れたのはこれだけ。

▼写真1 越冬中のウラギンシジミ その1a(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_13341240.jpg


引いて撮るとこんな感じ(写真2)。
この花は多分サザンカ。

▼写真2 越冬中のウラギンシジミ その1b(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_13342157.jpg


拡大する(写真3)。

▼写真3 越冬中のウラギンシジミ その1c(2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_13342962.jpg


この個体は12月31日も同じ場所にいたけれど、花の具合はこちらの方が綺麗だった。
ほかのウラギンシジミの越冬個体やムラサキ兄弟などはこれからおいおい載せていきたい。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

# by mikiosu | 2019-01-04 13:32 | | Comments(18)

ムラサキツバメの越冬集団(2018年12月30日)

近所の公園や主フィールドで観察している越冬蝶はまとめ切れていないので、年明けにゆっくり取り上げたいと思う。
この12月には日本チョウ類保全協会主催の写真展のお手伝いなどで新宿御苑に行く機会があった。
ムラサキツバメの越冬集団が見られるという情報をいただいたので付近を探してみると首尾良く見つかった。

写真1、2はムラサキツバメの越冬集団。
タイサンボクの葉上で十数頭の集団になっていた。よく分からないが14匹くらいいたようだ。この日はうっかりストロボを持たずに出かけてしまったので鮮明に撮ることはできなかった。

▼写真1 ムラサキツバメの越冬集団 その1a(ノートリミング、2018年12月22日、東京都)
d0303129_4302279.jpg

▼写真2 ムラサキツバメの越冬集団 その1b(ノートリミング、2018年12月22日、東京都)
d0303129_4302979.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

日本チョウ類保全協会のお仲間によるとほかにも集団がいるらしい。
翌日はストロボ持参でまた出かけた。
写真3は前日見つけた集団。

▼写真3 ムラサキツバメの越冬集団 その1c(ノートリミング、ストロボ撮影、2018年12月23日、東京都)
d0303129_4304796.jpg


拡大する(写真4)。
これでも明確には数えられない。13〜14匹だと思う。

▼写真4 ムラサキツバメの越冬集団 その1d(ストロボ撮影、2018年12月23日、東京都)
d0303129_4305698.jpg


ちょっと角度を変えて撮る(写真5)。
葉っぱがカーブしていて良い具合に屋根を形成しているようだ。

▼写真5 ムラサキツバメの越冬集団 その1e(ノートリミング、2018年12月23日、東京都)
d0303129_431485.jpg

※写真3〜5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真6は日本チョウ類保全協会のN氏に教えてもらった別の集団。
これもタイサンボクだ。

▼写真6 ムラサキツバメの越冬集団 その2a(ノートリミング、ストロボ撮影、2018年12月23日、東京都)
d0303129_4311217.jpg


拡大する(写真7)。
これはかなりの数だ。とても正確には数えられないが35匹くらいいたようだ。

▼写真7 ムラサキツバメの越冬集団 その2b(ストロボ撮影、2018年12月23日、東京都)
d0303129_4312083.jpg


写真8はストロボ撮影、写真9は自然光撮影。
ここの集団は自然光でも何とか撮れそうだ。

▼写真8 ムラサキツバメの越冬集団 その2c(ノートリミング、ストロボ撮影、2018年12月23日、東京都)
d0303129_4312755.jpg

▼写真9 ムラサキツバメの越冬集団 その2d(ノートリミング、2018年12月23日、東京都)
d0303129_4313488.jpg

※写真6〜9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真10もN氏に教えてもらった別の集団。
よくこんな集団を見つけられるものだと感心する。

▼写真10 ムラサキツバメの越冬集団 その3a(ノートリミング、2018年12月23日、東京都)
d0303129_4314352.jpg

▼写真11 ムラサキツバメの越冬集団 その3b(ノートリミング、2018年12月23日、東京都)
d0303129_4315021.jpg


拡大する(写真12)。
タイサンボクの葉からはみ出して葉柄や枝の上に出てしまっているように見える。よく分からないが20匹くらいか。

▼写真12 ムラサキツバメの越冬集団 その3c(ストロボ撮影、2018年12月23日、東京都)
d0303129_4315961.jpg

※写真10〜12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

年内にもう1回くらい見に行きたかったけれど、年末の掃除やら何やらもたもたしていて行きそびれてしまった。年が明けたらまた見に行ってみたい。
ムラサキツバメと言えば、今秋には首尾良く羽化シーンを撮ることができた。再掲載になるけれど、その写真を掲げて2018年の締めくくりとしたい。

皆さま、よいお年を

▼おまけ写真 ムラサキツバメの羽化シーン(再掲載、2018年9月25日、東京都)
d0303129_432724.jpg

※おまけ写真はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

# by mikiosu | 2018-12-30 04:32 | | Comments(14)

クロオビフユナミシャクの♂と♀、ほか(2018年12月26日)

もたもたしているうちに暮れも押し詰まってきた。12月中に撮った写真は掲載しきれなくなった。取りあえずフユシャクの第二弾は載せておく。

写真1、2は12月5日に撮ったクロオビフユナミシャク♂。
例年なら中旬以降に見られるので、今年はかなり早かったと思う。

▼写真1 クロオビフユナミシャク♂ その1a(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_354994.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真2 クロオビフユナミシャク♂ その1b(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_3542291.jpg


4日後にはトイレでも見られた(写真3)。

▼写真3 クロオビフユナミシャク♂ その2(ノートリミング、ストロボ撮影、2018年12月9日、東京近郊)
d0303129_3543087.jpg


その2日後の11日にも見られた(写真4)。

▼写真4 クロオビフユナミシャク♂ その3(ノートリミング、ストロボ撮影、2018年12月11日、東京近郊)
d0303129_3543969.jpg


その日は♀が今季初撮りできた(写真5)。

▼写真5 クロオビフユナミシャク♀ その1a(ノートリミング、2018年12月11日、東京近郊)
d0303129_3544684.jpg


写真6はマクロフラッシュで撮ったもの。

▼写真6 クロオビフユナミシャク♀ その1b(ストロボ撮影、2018年12月11日、東京近郊)
d0303129_354541.jpg


側面からも撮っておく(写真7)。

▼写真7 クロオビフユナミシャク♀ その1c(ストロボ撮影、2018年12月11日、東京近郊)
d0303129_355020.jpg


写真8は12月14日に見つけた♂。

▼写真8 クロオビフユナミシャク♂ その4(ノートリミング、2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_355935.jpg


12月11日にはクロスジフユエダシャク♂もまだ見られた(写真9)。

▼写真9 クロスジフユエダシャク♂(ノートリミング、2018年12月11日、東京近郊)
d0303129_3551617.jpg


クロスジフユエダシャクの♀は18日も観察できた(写真10)。

▼写真10 クロスジフユエダシャク♀(2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_3552483.jpg


今季はどちらも交尾シーンを撮ることはできなかった。今後見られる種では交尾シーンも撮りたいところだ。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

# by mikiosu | 2018-12-26 23:59 | | Comments(0)