コフキトンボ♀帯型ほか(2018年6月15日)

ウチワヤンマが複数いた6月9日はコフキトンボ♀の帯型でもいないかとうろうろしてみた。
写真1はシオカラトンボ♂。
最近見かけてもカメラを向けていなかったのでたまには撮ってみる。

▼写真1 シオカラトンボ♂(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_1492698.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真2はオオシオカラトンボ♂。
シオカラトンボを撮っていたらオオシオカラトンボが飛んできてシオカラトンボを追い払ってしまった。

▼写真2 オオシオカラトンボ♂(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_1493685.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真3はコフキトンボ♂。
池のほとりのロープにはコフキトンボ♂がとまっていた。

▼写真3 コフキトンボ♂ その1(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_149441.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

別のロープにはコフキトンボ♂とショウジョウトンボ♂がとまっていた(写真4)。
ショウジョウトンボ♂は倒立しても、コフキトンボ♂はいつもどおり尾端を下げてとまっていた。

▼写真4 コフキトンボ♂ その2&ショウジョウトンボ♂(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_1495172.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

この辺にいるかな…と言うあたりにコフキトンボ♀帯型はいた(写真5)。
遠い上になかなか良い角度で撮れない。

▼写真5 コフキトンボ♀(帯型) その1&2(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_14959100.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真6は別個体を拡大したもの。

▼写真6 コフキトンボ♀(帯型) その3(2018年6月9日、東京都)
d0303129_14101056.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO & Tele Converter MC-14

写真7、8は両方ともコフキトンボ♀。
左側が♂型の♀で、右側が帯型の♀だ(写真7)。

▼写真7 コフキトンボ♀(帯型) その4a&♂型♀ その1a(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_1410172.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO & Tele Converter MC-14

写真8は同じ個体。
左上が♂型の♀、右下が帯型の♀。

▼写真8 コフキトンボ♀(帯型) その4b&♂型♀ その1b(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_1410255.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO & Tele Converter MC-14

写真9は♂型の♀。

▼写真9 コフキトンボ♀(♂型) その2(2018年6月9日、東京都)
d0303129_1410338.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO & Tele Converter MC-14

写真10は4日後に撮った♂型の♀。

▼写真10 コフキトンボ♀(♂型) その3a(2018年6月13日、東京都)
d0303129_14104131.jpg


引いて撮るとこんな感じ(写真11)。
右側にとまっているのはコシアキトンボ♂。

▼写真11 コフキトンボ♀(♂型) その3b&コシアキトンボ♂(ノートリミング、2018年6月13日、東京都)
d0303129_14104944.jpg

※写真10、11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

# by mikiosu | 2018-06-15 23:59 | 蜻蛉 | Comments(0)

ウチワヤンマ今季初撮り(2018年6月14日)

ヤブヤンマのぶら下がりを見た翌日、同じ場所にヤブヤンマは見つからず、代わりに前日は見かけなかったウチワヤンマを池の中の杭で見つけた。

写真1〜4は同じ個体。

▼写真1 ウチワヤンマ♂ その1a(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_13403917.jpg

▼写真2 ウチワヤンマ♂ その1b(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_13404777.jpg

▼写真3 ウチワヤンマ♂ その1c(2018年6月9日、東京都)
d0303129_13405450.jpg


飛び立って戻ったところも撮ってみた(写真4)。

▼写真4 ウチワヤンマ♂ その1d 飛翔中(2018年6月9日、東京都)
d0303129_1341361.jpg


写真5は別個体。
前日は見かけなかったのにこの日は4個体も見つけた。

▼写真5 ウチワヤンマ♂ その2(ノートリミング、2018年6月9日、東京都)
d0303129_13411013.jpg

※写真1〜5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

4日後も上の写真5と同じ場所にウチワヤンマはとまっていた(写真6〜10)。

▼写真6 ウチワヤンマ♂ その3a 飛翔中(ノートリミング、2018年6月13日、東京都)
d0303129_13411831.jpg

▼写真7 ウチワヤンマ♂ その3b(ノートリミング、2018年6月13日、東京都)
d0303129_13412685.jpg

▼写真8 ウチワヤンマ♂ その3c(ノートリミング、2018年6月13日、東京都)
d0303129_1341347.jpg

▼写真9 ウチワヤンマ♂ その3d(ノートリミング、2018年6月13日、東京都)
d0303129_13414164.jpg

▼写真10 ウチワヤンマ♂ その3e(ノートリミング、2018年6月13日、東京都)
d0303129_13414841.jpg

※写真6〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

ほんのちょっとした角度の違いで背景がガラッと変わるのが面白くていろいろ撮ってみた。

# by mikiosu | 2018-06-14 23:59 | 蜻蛉 | Comments(0)

ヤブヤンマのぶら下がり(2018年6月13日)

6月8日は近所の公園でモノサシトンボを撮ったあとに久し振りに主フィールドを覗いてみた。
公園外れでしゃがみこんで菌類を探しているI女史を見つけて情報を仕入れる。するとここ数日、毎日のようにヤブヤンマの羽化が見られるという。案内してもらうと♀が1匹ぶら下がっていた。

写真1はヤブヤンマ♀。
逆光でシルエットになってしまった。

▼写真1 ヤブヤンマ♀ その1a(2018年6月8日、東京都)
d0303129_12584329.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ストロボを準備して撮ると、ヤゴの殻が5個あった(写真2、3)。
ヤゴの殻は周辺にもたくさんあって、I女史によると30匹以上も羽化したという。
…もっと早く見に行くべきであった。

▼写真2 ヤブヤンマ♀ その1b(ストロボ撮影、2018年6月8日、東京都)
d0303129_12585479.jpg

▼写真3 ヤブヤンマ♀ その1c(ストロボ撮影、2018年6月8日、東京都)
d0303129_1259118.jpg

※写真2、3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

ちょっと拡大する(写真4)。

▼写真4 ヤブヤンマ♀ その1d(ストロボ撮影、2018年6月8日、東京都)
d0303129_1259952.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

引いて撮るとこんな感じ(写真5)。

▼写真5 ヤブヤンマ♀ その1e(ストロボ撮影、2018年6月8日、東京都)
d0303129_12591718.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

違う角度からも撮っておく(写真6)。
羽化間もない翅の感じがちょっと出ていた。

▼写真6 ヤブヤンマ♀ その1f(ストロボ撮影、2018年6月8日、東京都)
d0303129_12592521.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

自然光だとこんな感じ(写真7)。

▼写真7 ヤブヤンマ♀ その1g(2018年6月8日、東京都)
d0303129_12593230.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

翌日も見に行ってみたがヤブヤンマは見られず、仕方なくヤゴ殻だけ撮ってみた(写真8)。

▼写真8 ヤブヤンマの羽化殻(2018年6月9日、東京都)
d0303129_1259398.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&&付属フラッシュ FL-LM3


この枝のこの位置が羽化するのに都合が良かったのだろう。
夏の暑い時期に♂の姿も見られると良いのだが、ここは蚊も多いし撮るのには苦労するかも(苦笑)。

余談だが写真8の撮影ではカメラに付属のストロボを使ってみた。オリンパス機には内蔵ストロボはなく、初代機から外付けの小さなストロボが付属していた。ガイドナンバーも小さく最初から外部ストロボを買っていたので使ったことはなかった。
ヤブヤンマの撮影では手前に障害物があって、外部ストロボを使うとストロボ光が蹴られることが多かった。もっと小さいストロボなら蹴られないかもしれないので、翌日出かけるときにオリンパス機の箱を引っ張り出して付属ストロボを探すと、買ったときのままビニール袋に入っていた。
初めて持ち出すと、小さいのにバウンスもできるし、電池も不要で使い勝手は良さそうであった。今後は持って歩くことにしよう。これでストロボはFL-900RとマクロフラッシュSTF-8と付属フラッシュ FL-LM3の3個を持ち歩くことになった。そのうち多灯発光に凝ってFL-600Rまで持ち歩くことにならないことを祈る(苦笑)。

# by mikiosu | 2018-06-13 23:59 | 蜻蛉 | Comments(5)