ムラサキツバメの集団、今季初撮り(2018年12月2日)

今年は9月に近所の公園でムラサキツバメの卵、幼虫、蛹、さらに運良く羽化シーンまで観察できた(その記事は→こちら)。
その後は成虫がたくさん見られるかと思うとそうでもなく、成虫はさっぱり見かけない。この分では越冬個体を観察できないのではないかと心配になってきた。

好天の11月25日に主フィールドを歩いてみるとムラサキツバメ♂がマテバシイの梢で見られた(写真1)。
12-100ミリズームレンズなのであまり大きく撮れない。

▼写真1 ムラサキツバメ♂ その1 開翅(ノートリミング、2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_3522658.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

40-150ミリズームレンズに交換している間に移動してしまった。目で追っていると、近くの葉上に3匹ほどの集団がいるのが見えた(写真2)。
切れているのはご愛敬で(笑)。

▼写真2 ムラサキツバメの集団 その1a(2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_3523441.jpg


少し離れて全体を撮っておく(写真3)。
この日は300ミリを持っていなかったのでこれが限界であった。

▼写真3 ムラサキツバメの集団 その1b(2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_3524168.jpg

※写真2、3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

キョロキョロしていると、なんとすぐ近くに別の集団がいた(写真4)。

▼写真4 ムラサキツバメの集団 その2a(2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_3524931.jpg


はっきりしないが8匹くらいいたようだ(写真5)。

▼写真5 ムラサキツバメの集団 その2b(ストロボ撮影、2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_3525793.jpg

※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

二日後は300ミリも持って行ってこの集団を撮ってみる(写真6)。
この日は飛び出している個体もいたので正確な数は何とも言えないけれど、ムラサキツバメが4、5匹、ムラサキシジミが1匹いたように思う。

▼写真6 ムラサキツバメの集団 その2c(2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_353533.jpg

▼写真7 ムラサキツバメの集団 その2d(2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_3531267.jpg

※写真6、7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

その右上の方には写真2、3と同じムラサキツバメ3匹の集団が健在(写真8)。

▼写真8 ムラサキツバメの集団 その1c(ノートリミング、2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_3532062.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

集団のいるマテバシイの下の方にも♀が飛んできて開翅してくれた(写真9、10)。

▼写真9 ムラサキツバメ♀ その1a 開翅(ノートリミング、2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_3532944.jpg

▼写真10 ムラサキツバメ♀ その1b 開翅(ノートリミング、2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_3533766.jpg


拡大する(写真11)。

▼写真11 ムラサキツバメ♀ その1c 開翅(2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_3534487.jpg

※写真9〜11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真12は上の方の別個体。

▼写真12 ムラサキツバメ♀ その2 開翅(ノートリミング、2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_353513.jpg

※写真14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真13も別個体。

▼写真13 ムラサキツバメ♀ その3 開翅(ノートリミング、2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_3535913.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真14は♂の開翅。
♂はどうも近くにきてくれない。

▼写真14 ムラサキツバメ♂ その2 開翅(ノートリミング、2018年11月27日、東京近郊)
d0303129_354575.jpg

※写真14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

11月も下旬になってから、ようやくムラサキツバメの集団が見つかってホッとした。これでしばらくはまた蝶の観察&撮影が楽しめそうだ。

# by mikiosu | 2018-12-02 23:59 | | Comments(0)

11月の残り蛾2018(2018年12月1日)

載せそびれる前に11月に撮った蛾を紹介しておく。

写真1はミノウスバ♀。
主フィールドのマサキの枝で産卵中だ。

▼写真1 ミノウスバ♀ その1a 産卵中(2018年11月8日、東京近郊)
d0303129_3215996.jpg


同じ個体を拡大する(写真2)。
今季は♂の姿を見ることはできなかった。

▼写真2 ミノウスバ♀ その1b 産卵中(2018年11月8日、東京近郊)
d0303129_322653.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真3はアケビコノハ。
ウスタビガを探しに行った公園の銀杏にとまっていた。こんなところにとまっているのを自力で見つけられるとは思えない。これは観察仲間のI女史に教えてもらった。

▼写真3 アケビコノハ その1a(2018年11月14日、東京近郊)
d0303129_322156.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

3日後の夜に行くと、アケビコノハはまだとまっていた(写真4)。
ストロボ撮影すると複眼の真ん中が黒く見えた。

▼写真4 アケビコノハ その1b(2018年11月17日、東京近郊)
d0303129_3222343.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真5はクワコ。
アケビコノハと同じ日、夜のトイレで見つけた。

▼写真5 クワコ(2018年11月17日、東京近郊)
d0303129_322303.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

トイレにはニトベエダシャクもいた(写真6)。
晩秋の蛾・ニトベエダシャクは今季初撮り。

▼写真6 ニトベエダシャク その1(2018年11月17日、東京近郊)
d0303129_3223874.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

主フィールドでニトベエダシャクを見つけたのは11月21日(写真7)。

▼写真7 ニトベエダシャク その2(2018年11月21日、東京近郊)
d0303129_32246100.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

同じ日、チャエダシャクも今季初撮り(写真8)。
この日は公園内で3匹見つけた。

▼写真8 チャエダシャク♂(2018年11月21日、東京近郊)
d0303129_3225387.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真9はホシホウジャク。
トイレ近くの手洗い場の建物外壁にとまっているのを観察仲間のおはるさんが教えてくれた。いつも飛んでいる姿ばかりなので、静止シーンはちょっと貴重。

▼写真9 ホシホウジャク その1a(2018年11月21日、東京近郊)
d0303129_323165.jpg


横からも撮っておく(写真10)。

▼写真10 ホシホウジャク その1b(2018年11月21日、東京近郊)
d0303129_323832.jpg

※写真9、10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真11はヨスジノコメキリガ。
これはトイレにいた。何年も前、昆虫写真を撮り始めた頃はよく見かけた気がするが、最近はあまり目にしていなかった。

▼写真11 ヨスジノコメキリガ(2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_3231628.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真12はオオウンモンクチバ。
園路脇のアオキの葉上にとまっていた。

▼写真12 オオウンモンクチバ(2018年11月25日、東京近郊)
d0303129_3232416.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真13はミドリハガタヨトウ。
この蛾も晩秋〜初冬に見られる蛾だ。主フィールドの擬木柵にとまっていた。

▼写真13 ミドリハガタヨトウ(2018年11月26日、東京近郊)
d0303129_3233158.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真14は多分フサヤガの腹面。
コフサヤガと似ていて識別は難しい。

▼写真14 フサヤガ その1a(2018年11月26日、東京近郊)
d0303129_3233843.jpg


しゃがみ込んで側面も撮っておく(写真15)。

▼写真15 フサヤガ その1b(2018年11月26日、東京近郊)
d0303129_3234690.jpg

※写真14、15はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ぼちぼちフユシャクも出てくる頃だ。

# by mikiosu | 2018-12-01 23:59 | | Comments(0)

今年も見られたウスタビガ(2018年11月20日)

近年ずっと観察している東京近郊のウスタビガ。見られる数はそれほど多くなく、いつまで見られるか懸念していた。今季はどうであろうか。
観察仲間から目撃情報をいただき、数日後に見に行ってみる。
写真1は街灯にとまっていたウスタビガ♂。
これは観察仲間のI女史にメールで教えてもらった。

▼写真1 ウスタビガ♂ その1a(ノートリミング、2018年11月14日、東京近郊)
d0303129_13411151.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

遠いので300ミリで撮る(写真2)。
まずまず綺麗な♂。できればすぐ近くでマクロレンズで撮りたかった。

▼写真2 ウスタビガ♂ その1b(ノートリミング、2018年11月14日、東京近郊)
d0303129_1341194.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真3は銀杏の枝にとまっていた♀。
銀杏の葉がもう少し黄葉すると見分けが付かなくなるところだ。これもI女史からの情報。

▼写真3 ウスタビガ♀ その1a(ノートリミング、2018年11月14日、東京近郊)
d0303129_13412713.jpg


尾端から卵が出ていた(写真4)。

▼写真4 ウスタビガ♀ その1b(2018年11月14日、東京近郊)
d0303129_1341356.jpg


尾端を真下から撮ってみた(写真5)。
この個体は動きがなく、絶命していた可能性大である。ヤママユなども絶命した場所に卵をバラバラとまき散らしていることがある。

▼写真5 ウスタビガ♀ その1c(2018年11月14日、東京近郊)
d0303129_13414345.jpg

※写真3〜5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真6は3日後の夜の様子。
同じ場所にとまったままなので、やはり絶命していたようだ。

▼写真6 ウスタビガ♀ その1d(ノートリミング、2018年11月17日、東京近郊)
d0303129_13415293.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真7は別個体の♀。
街灯脇のマテバシイの葉上にとまっていた。

▼写真7 ウスタビガ♀ その2a(ノートリミング、2018年11月14日、東京近郊)
d0303129_1342021.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真8は同じ場所の3日後の様子。
ウスタビガの夜の様子を見たかったのだが、ここにはもういなかった。

▼写真8 ウスタビガ♀(その2a)のいたマテバシイと街灯(ノートリミング、2018年11月17日、東京近郊)
d0303129_1342868.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真9、10はウスタビガの交尾シーン。
これもI女史に教えてもらった。ちょっと高い位置であったが♂も♀もなかなか綺麗だった。

▼写真9 ウスタビガの交尾シーン その1a(2018年11月14日、東京近郊)
d0303129_13421762.jpg

▼写真10 ウスタビガの交尾シーン その1b(2018年11月14日、東京近郊)
d0303129_13422596.jpg

※写真9、10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真11は夜のウスタビガの様子。

▼写真11 ウスタビガ♀ その3a(ノートリミング、2018年11月17日、東京近郊)
d0303129_13423350.jpg


拡大する(写真12)。

▼写真12 ウスタビガ♀ その3b(2018年11月17日、東京近郊)
d0303129_13424194.jpg

※写真11、12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

11月17日は暗くなってから見に行ってみたけれど、ウスタビガが活動するシーンはまったく見られず、葉裏に1匹とまっていただけ。すっかり肩透かしを食らってしまった。
暗い夜道を一人帰る足取りの、何と重かったことであろうか…。とは言え、蛾を撮るものはこれくらいでめげている場合ではないであろうな。

# by mikiosu | 2018-11-20 13:39 | | Comments(2)