ウスバシロチョウ&サカハチチョウ春型登場(2013年4月28日)

4月26日、ようやくウスバシロチョウを今季初撮り。
今年はもう10日くらい前から羽化していたようだが、なかなかシャッターチャンスがなかった。個体数もまだあまり増えていない。
この日も山歩きをした帰りがけ、風に吹かれるように飛んできて葉上にとまったところを何とか撮ったもの(写真1〜3)。
この木は確か梅だったように思う。
見上げるようにして撮ったが、風にあおられて翅が捲れ、裏翅も見えた(写真3)。
昨年5月はこの辺りでウスバシロチョウの写真をかなりたくさん撮った。今年も本格的な発生はこれからだと思うが、どうだろうか。

▼写真1 ウスバシロチョウ 開翅(ノートリミング、2013年4月26日、裏高尾)
d0303129_1262347.jpg

▼写真2 同上 開翅(2013年4月26日、裏高尾)
d0303129_126348.jpg

▼写真3 同上 裏翅(2013年4月26日、裏高尾)
d0303129_1264549.jpg


ウスバシロチョウを撮った場所のすぐ近くでは、4月22日にコミスジを今季初撮りしていた。

▼写真4 コミスジ 開翅(2013年4月22日、裏高尾)
d0303129_1265746.jpg

▼写真5 同上 裏翅(2013年4月22日、裏高尾)
d0303129_127925.jpg


ウスバシロチョウと同じ27日に今季初撮りしたのがサカハチチョウ春型(写真6〜9)。
ウスバシロチョウとサカハチチョウ春型は、昨年は5月7日初見で、同じ日に撮っている。今年はやや早いが、この両種は2年続けて同じ日に撮ったことになる。
最初にやや離れた草地にとまる開翅姿を撮ったあと、裏翅を右、左、右と撮り、最後にまた開翅写真を撮った。
一旦飛び立ってもすぐ近くに着地し、あまり遠くまで飛ばなかったからだ。

▼写真6 サカハチチョウ春型♂ 開翅(2013年4月26日、裏高尾)
d0303129_1272221.jpg

▼写真7 同上 裏翅(2013年4月26日、裏高尾)
d0303129_1273295.jpg

▼写真8 同上 裏翅(2013年4月26日、裏高尾)
d0303129_1274175.jpg

▼写真9 同上 開翅(2013年4月26日、裏高尾)
d0303129_1275594.jpg


ちょうど蝶を撮りにきていたと思しき人が近くにいたので、少し話をする。
その方は、
「サカハチチョウは裏翅が宝石のように綺麗ですよ」と言う。
裏翅が複雑な模様をしているとは思っていたが、これまでそんな風に感じたことはなかった。
しかしファインダー越しに見たこの日のサカハチチョウの裏翅は確かにそんな輝きを感じさせた。
そう、まるで鉱物の断面のような模様だ(写真7、8参照)。

このサカハチチョウにはちょっとした思い出がある。
一昨年に初めてこの蝶の開翅写真を撮ったのは、故郷に帰省中のときだった。やや翅の痛んだ個体だが、開翅を初めて撮ったのと、故郷にこのような蝶がいたことを初めて知ったのとで、思い出に残る1枚だ(写真10)。

▼写真10 サカハチチョウ 開翅(2011年5月19日、岩手県大船渡市日頃市町、長安寺境内にて)
d0303129_128779.jpg

※ニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-04-28 23:56 | | Comments(2)

羽化間もないサナエトンボ2種(2013年4月27日)

ニホンカワトンボを見つけた4月22日、同じ場所でクロサナエも見つけた。
実を言えば撮った時にはクロサナエとは分からず、ダビドサナエだと思っていた。
まったく、カワトンボ科の識別も容易でないが、サナエトンボ科の識別もややこしい。
ニホンカワトンボもクロサナエもゆっくり、というよりむしろふらふらと飛んでいて、太陽の光を浴びて翅がキラキラ輝いていた。
いずれのトンボも羽化間もないと見えて、一旦飛んでもすぐそばの葉上にとまる。
カワトンボの方は少しでも離れようと羽ばたくが、サナエトンボはまだそんな力がないのか、それともさして気にしないのか、近づいてもしばらくじっとしている。
写真1、2は4月22日に見つけた♀だ。

▼写真1 クロサナエ♀ 背面(2013年4月22日、東京都)
d0303129_314374.jpg

▼写真2 同上 側面(2013年4月22日、東京都)
d0303129_314528.jpg


4月23日は別の場所に遠征するつもりだったが、バスに乗り遅れそうな感じだったので電車を降りずに乗り続け、前日と同じ場所に行くことになった。
前日数個体見られたニホンカワトンボは遠くから1匹眺めただけで、近くには寄れなかった。
その代わりにクロサナエの♂♀、ヒメクロサナエ♂が見られた。
前日と同様にいずれも羽化間もない個体のようで、葉上にとまってじっとしていた。
写真3、4はクロサナエ♀、写真5、6はクロサナエ♂だ。

▼写真3 クロサナエ♀ 側面(2013年4月23日、東京都)
d0303129_318298.jpg

▼写真4 同上 背面(2013年4月23日、東京都)
d0303129_3174241.jpg


▼写真5 クロサナエ♂ 側面(2013年4月23日、東京都)
d0303129_3175570.jpg

▼写真6 同上 背面(2013年4月23日、東京都)
d0303129_318945.jpg


写真7〜10はヒメクロサナエ♂だ。
ヒメクロサナエは胸部(翅胸)側面の模様がクロサナエとは違っていたので、別種であることは分かったが、種名は家に帰ってから調べた。

▼写真7 ヒメクロサナエ♂ その1 背面(ノートリミング、2013年4月23日、東京都)
d0303129_318301.jpg


写真7はしばらく経つといなくなっていたが、写真8〜10の個体は2時間後に通りかかるとまだ同じ場所にとまっていた。

▼写真8 ヒメクロサナエ♂ その2 背面(ノートリミング、2013年4月23日、東京都)
d0303129_3191624.jpg

▼写真9 同上 側面(2013年4月23日、東京都)
d0303129_3193342.jpg

▼写真10 同上 正面(2013年4月23日、東京都)
d0303129_3185458.jpg


最後におまけ。
◎今日のニャンコ ♪(2013年4月23日、東京都)
d0303129_319623.jpg


参考文献:『ネイチャーガイド 日本のトンボ』(尾園暁、川島逸郎、二橋亮著、文一総合出版)

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-04-27 22:44 | 蜻蛉 | Comments(0)

羽化間もないニホンカワトンボ(2013年4月26日)

ダビドサナエ、シオヤトンボ、シオカラトンボに続いて、ニホンカワトンボ(※1)が見られるようになった。
ニホンカワトンボはなかなか敏感なトンボで、思うように近づけない場合が多い。必ずと言っていいほど、もう一歩というところで飛んで逃げられる。
ところが4月22日に見かけた個体は、あまり逃げず、逃げてもすぐ近くにとまって、ゆっくりと写真を撮らせてくれた。
写真1〜3は♀、写真5、6は♂である。
これらの個体は複眼の色などから、すべて羽化間もない個体と思われる。羽化間もないために遠くまで逃げず、じっとしてくれていたのだろう。
参考までに昨年撮影した♀(写真4)、同♂(写真7)を一緒に載せてみる。

▼写真1 羽化間もないニホンカワトンボ♀ 無色翅型(2013年4月22日、東京都)
d0303129_2322191.jpg

▼写真2 同上(2013年4月22日、東京都)
d0303129_2323012.jpg

▼写真3 同上(2013年4月22日、東京都)
d0303129_2324417.jpg

▼写真4 昨年撮影の成熟したニホンカワトンボ♀ 無色翅型(2012年5月16日、東京都)
d0303129_2325470.jpg

※ニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

▼写真5 未成熟のニホンカワトンボ♂ その1 橙色翅型(2013年4月22日、東京都)
d0303129_233394.jpg

▼写真6 未成熟のニホンカワトンボ♂ その2 橙色翅型(2013年4月22日、東京都)
d0303129_2331770.jpg

▼写真7 昨年撮影の成熟したニホンカワトンボ♂ 無色翅型(2012年5月11日、東京都)
d0303129_2332629.jpg

※ニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

さて、カワトンボはいろいろと厄介なトンボだ。ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの識別はかなり難しい。
『ネイチャーガイド 日本のトンボ』(尾園暁、川島逸郎、二橋亮著、文一総合出版)によると、従来ヒガシカワトンボと呼ばれていた東日本の個体群の大部分と中部日本以西のオオカワトンボと呼ばれていた個体群はニホンカワトンボとなり、ニシカワトンボ、ヒウラカワトンボ、及びヒガシカワトンボの一部がアサヒナカワトンボと呼ばれることになった。
同書掲載の分布域の境界線がどうもはっきりしないが、東京はニホンカワトンボしか生息しない単独生息域(東日本か、または太平洋側・中部山岳地域に含まれるようだ)になっており(ただし、都内にアサヒナカワトンボが生息していないかどうかは確証がない)、この地域のニホンカワトンボは橙色翅型♂、無色翅型♂、無色翅型♀の3種類しか発生しないことになっている。
しかし、2011年には淡橙色翅型の♂♀の写真を撮っているようなので、どうも図鑑通りにはいかないような気がする。今年はもう少しよく観察してみたいと思う。

まあ、詳しいことは図鑑を参照していただくとして、ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの識別ポイントを一つだけ紹介しておく。
写真8はニホンカワトンボの頭部と胸部(翅胸)だ。
頭部(左目の左端から右目の右端まで)の幅が、翅胸高さより狭いのがニホンカワトンボ、逆に翅胸高さより頭部の幅が広いのがアサヒナカワトンボの特徴だ。
言い換えれば、ニホンカワトンボは胸部が大きいと言うこと。
そうは言ってもなかなかピンと来ないかもしれない。
図鑑や写真などではかなり似ていても、生きた個体を見ると違いが案外と分かる場合もあるが、どうだろうか。

▼写真8 ニホンカワトンボ♂ 頭部と翅胸(写真6と同一個体)
d0303129_2341590.jpg


ニホンカワトンボ♂の縁紋は赤く、♀の縁紋は白い。
上に掲げた写真5、6は縁紋が白いが、これは未成熟の♂である。
問題は縁紋が白い未成熟♂と♀をどう見分けるかだが、一番分かりやすいのは腹部先端の形状を見ることだろう(写真9、10)。

▼写真9 ニホンカワトンボ♀ 腹部先端(写真3と同一個体)
d0303129_2342655.jpg

▼写真10 ニホンカワトンボ♂ 腹部先端(写真5と同一個体)
d0303129_234858.jpg


この方法は他のトンボでも応用できるので、トンボを撮る時にはできるだけ先端部分も鮮明に写るようにしたい。
なお、ニホンカワトンボは絶滅危惧種なので、撮影地は東京都としておく。

最後におまけ。
◎今日のニャンコ ♪(2013年4月22日、東京都)
d0303129_4324692.jpg


(※1)ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボの識別は難しく、間違えている可能性があります。ご注意ください(2014年5月15日記)。

参考文献:『ネイチャーガイド 日本のトンボ』(尾園暁、川島逸郎、二橋亮著、文一総合出版)

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-04-26 23:46 | 蜻蛉 | Comments(0)