タグ:フユシャク ( 78 ) タグの人気記事

今季のウスモンフユシャクなど(2018年3月2日)

概して地味な色合いのフユシャクの中にあって、地味な上に数も多いためにあまり珍重されないのがウスバフユシャクやクロテンフユシャクではなかろうか(私見)。近年自分の周囲でも蛾が好きだという方が増えてきてはいるけれど、ウスバフユシャクが好き、とか、クロテンフユシャクが好き、と言う方にはまだお目にかかったことがない。

写真1、2はウスモンフユシャク。
ウスモンフユシャクは主フィールドでは年に1、2回しか出会えないのでちょっと嬉しい。しかも交尾中だった。

▼写真1 ウスモンフユシャク交尾中 その1a(2018年1月16日、東京近郊)
d0303129_352944.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

せっかくなのでフィッシュアイレンズでも撮っておく(写真2)。

▼写真2 ウスモンフユシャク交尾中 その1b(2018年1月16日、東京近郊)
d0303129_353974.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

写真3はクロテンフユシャク♂。
トイレで発見。

▼写真3 クロテンフユシャク♂(2018年1月23日、東京近郊)
d0303129_354738.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真4はウスバフユシャク♂。

▼写真4 ウスバフユシャク♂(2018年1月23日、東京近郊)
d0303129_355656.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真5は交尾中のウスバフユシャク。

▼写真5 ウスバフユシャク交尾中 その1(2018年2月4日、東京近郊)
d0303129_36660.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真6も交尾中のウスバフユシャク。
擬木柵に絡まるツタにとまっていた。

▼写真6 ウスバフユシャク交尾中 その2a(2018年2月4日、東京近郊)
d0303129_361668.jpg


角度を変えると♀の姿も見える(写真7)。

▼写真7 ウスバフユシャク交尾中 その2b(2018年2月4日、東京近郊)
d0303129_362315.jpg

※写真6、7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

この日は産卵中の♀も見られた(写真8)。
♀が単独でいるとウスバフユシャクかクロテンフユシャクか、またはウスモンフユシャクかよく分からない。

▼写真8 産卵中のフユシャク♀(2018年2月4日、東京近郊)
d0303129_363485.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

ウスバフユシャクもクロテンフユシャクも、以前はカメラを構えるのも億劫になるほど見られたものだが、ここ2、3年はすっかり少なくなってしまった。さほど変わっていないように見える主フィールドも、徐々に環境が悪化しているのであろうか。

by mikiosu | 2018-03-02 23:59 | | Comments(4)

今季のシロフフユエダシャクなど(2018年3月1日)

12月末にナミスジフユナミシャク♂を撮ったあと、1、2月はフィールド散策もさぼってばかりであまり熱心に観察していない。とは言え、春が来る前に今季のフユシャクを載せておかねばなるまい。

写真1は年明けのナミスジフユナミシャク♂。
今季、ナミスジフユナミシャク♂は同じトイレで数回見ただけ。トイレ以外では見ていない。

▼写真1 ナミスジフユナミシャク♂(2018年1月2日、東京近郊)
d0303129_512194.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真2、3は♀。
ナミスジフユナミシャク♀は1月中旬まで見られた。

▼写真2 ナミスジフユナミシャク♀ その1(2018年1月16日、東京近郊)
d0303129_5121497.jpg

▼写真3 ナミスジフユナミシャク♀ その2(2018年1月18日、東京近郊)
d0303129_5122378.jpg

※写真2、3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

例年主フィールドでは1月下旬に見られるシモフリトゲエダシャク。今季は1月18日に♀が登場(写真4)。
この個体は観察仲間である「公園昆虫記」のおはるさんに教えていただいた。

▼写真4 シモフリトゲエダシャク♀ その1a(2018年1月18日、東京近郊)
d0303129_5123115.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

フィッシュアイレンズでも撮ってみた。
フィッシュアイレンズにマクロフラッシュSTF-8は取り付けられないが、発光部を手に持って適当な距離から発光させてみた(写真5)。

▼写真5 シモフリトゲエダシャク♀ その1b(2018年1月18日、東京近郊)
d0303129_5124076.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO&マクロフラッシュSTF-8

シモフリトゲエダシャク♂は見られなかった。山間部では4月くらいまで見られるのでまだチャンスはあるかもしれない。

写真6はシロフフユエダシャク♀、写真7は♂。
同じ日に♂も♀も見られると気分が良い(笑)。

▼写真6 シロフフユエダシャク♀ その1(2018年1月18日、東京近郊)
d0303129_512487.jpg

▼写真7 シロフフユエダシャク♂ その1(2018年1月18日、東京近郊)
d0303129_5125639.jpg

※写真6、7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真8はシロフフユエダシャクの♂(左下)と♀(右上)が近くにいたところ。

▼写真8 シロフフユエダシャク♂&♀(2018年2月4日、東京近郊)
d0303129_513443.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真9は同じ個体の♂、写真10は同じ個体の♀。

▼写真9 シロフフユエダシャク♂ その2(2018年2月4日、東京近郊)
d0303129_5131626.jpg

▼写真10 シロフフユエダシャク♀ その2(2018年2月4日、東京近郊)
d0303129_5132641.jpg

※写真9、10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真11はヒロバフユエダシャク♂。
ちょっと引き気味に撮ってみた。

▼写真11 ヒロバフユエダシャク♂ その1a(2018年2月24日、東京近郊)
d0303129_513337.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

約1時間後に今度はマクロレンズで撮ってみると、ちょっと位置が違っていた(写真12)。

▼写真12 ヒロバフユエダシャク♂ その1b(2018年2月24日、東京近郊)
d0303129_5134119.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

今季、ヒロバフユエダシャク♀の方は撮り損なってしまったようだ。
シロトゲエダシャク、トギレフユエダシャクなど3月に見られるフユシャクもあるので、もうちょっと頑張りたい。

by mikiosu | 2018-03-01 23:59 | | Comments(0)

イチモジフユナミシャク♂&♀(2017年12月28日)

12月17日はプチ遠征先のトイレでイチモジフユナミシャク♂を今季初撮り(写真1)。
とは言え例年たくさんの蛾が見つかるトイレでは、まったく見られなかったのがショックであった。写真のイチモジフユナミシャクはその近くのトイレでかろうじて見つけた1匹。

▼写真1 イチモジフユナミシャク♂ その1(2017年12月17日、東京近郊)
d0303129_312474.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

2日後には主フィールドでも♂が見つかった(写真2)。

▼写真2 イチモジフユナミシャク♂ その2(ノートリミング、2017年12月19日、東京近郊)
d0303129_3122298.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

12月23日には♀も撮れた(写真3)。
これはフィッシュアイレンズで撮ってみたもの。

▼写真3 イチモジフユナミシャク♀ その1a(ノートリミング、2017年12月23日、東京近郊)
d0303129_3123659.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

イチモジフユナミシャクの♀は地味な茶系が多いフユシャク♀の中ではエメラルドグリーンの美麗種と言えよう(写真4、5)。

▼写真4 イチモジフユナミシャク♀ その1b(2017年12月23日、東京近郊)
d0303129_312431.jpg

▼写真5 イチモジフユナミシャク♀ その1c(2017年12月23日、東京近郊)
d0303129_3125363.jpg

※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

さらに3日後、K先生から4匹いる! との連絡があったので見に行ってみるとまだいてくれた(写真6〜10)。
写真6は翅が短い個体。

▼写真6 イチモジフユナミシャク♀ その2(2017年12月26日、東京近郊)
d0303129_313060.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真7はまずまず綺麗な個体。

▼写真7 イチモジフユナミシャク♀ その3(2017年12月26日、東京近郊)
d0303129_313898.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真8、9は翅の黒帯がほとんどない個体。

▼写真8 イチモジフユナミシャク♀ その4a(2017年12月26日、東京近郊)
d0303129_3131859.jpg

▼写真9 イチモジフユナミシャク♀ その4b(2017年12月26日、東京近郊)
d0303129_3132676.jpg

※写真8、9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真10はそこそこ綺麗な個体。

▼写真10 イチモジフユナミシャク♀ その5(ノートリミング、2017年12月26日、東京近郊)
d0303129_3133657.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

こうして見比べてみると結構個体差がある。例年イチモジフユナミシャク♀は見られても1〜2個体くらいで、主フィールドでイチモジフユナミシャク♀がこれほど簡単に見られた年はあまりなかった気がする。

by mikiosu | 2017-12-28 23:59 | | Comments(8)

クロオビフユナミシャク♀、ほか(2017年12月27日)

12月13日にはクロオビフユナミシャク♀も見られた(写真1)。

▼写真1 クロオビフユナミシャク♀ その1a(ノートリミング、2017年12月13日、東京近郊)
d0303129_2245543.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

クロオビフユナミシャク♀は、フユシャクの♀としては翅が大きい(写真2)。

▼写真2 クロオビフユナミシャク♀ その1b(2017年12月13日、東京近郊)
d0303129_225552.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

4日後には♂の姿も(写真3)。

▼写真3 クロオビフユナミシャク♂ その1a(2017年12月17日、東京近郊)
d0303129_2251580.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

風に吹かれて下翅も見えた(写真4)。

▼写真4 クロオビフユナミシャク♂ その1b(2017年12月17日、東京近郊)
d0303129_2252342.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

12月19日には擬木柵でシロオビフユシャク♂も見られた(写真5)。
これはフィッシュアイレンズで撮ったもの。

▼写真5 シロオビフユシャク♂ その1a(ノートリミング、2017年12月19日、東京近郊)
d0303129_2253219.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

もちろんマクロレンズでも撮ってある(写真6)。
シロオビフユシャクは通常翅を開いてとまっている。翅を閉じているのは羽化間もないからだと思う。

▼写真6 シロオビフユシャク♂ その1b(ノートリミング、2017年12月19日、東京近郊)
d0303129_2254110.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

約1時間後に通りかかると翅を開いていた(写真7)。

▼写真7 シロオビフユシャク♂ その1c(ノートリミング、2017年12月19日、東京近郊)
d0303129_2254982.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

12月26日にはトイレでナミスジフユナミシャク♂も今季初撮り(写真8)。
ナミスジフユナミシャクは例年12月中に見ている種なのでこの時期に撮っておきたかった。できれば♀の姿も一緒に掲載したかったけれど、取りあえず♂だけでも載せておく。

▼写真8 ナミスジフユナミシャク♂(2017年12月26日、東京近郊)
d0303129_2255951.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

ナミスジフユナミシャク♂とクロオビフユナミシャク♂はちょっと似ているが、ナミスジフユナミシャク♂は前翅前縁にやや丸みがあり、クロオビフユナミシャク♂は直線的なので区別できると思う。

by mikiosu | 2017-12-27 23:59 | | Comments(0)

チャバネフユエダシャク♀、ほか(2017年12月26日)

ここ2、3年、主フィールドのフユシャク観察は物足りない結果に終わっている。
かつては12月下旬から2月上旬くらいの間なら、歩くと必ずなにがしかのフユシャクが見られた。近年は何も見られない日が珍しくなくなってしまった。
一見したところ環境が大きく変わったようには思えないのだが人間には分からないところで悪化しているのであろうか…。
それでも今季は柵などで♀の姿がそこそこ見られる。

写真1〜3はクロスジフユエダシャク♀。
今季2匹目の♀。公園内では柵のてっぺんにいることが多い。

▼写真1 クロスジフユエダシャク♀ その1a(ノートリミング、2017年12月13日、東京近郊)
d0303129_1226266.jpg


拡大してみる(写真2)。

▼写真2 クロスジフユエダシャク♀ その1b(2017年12月13日、東京近郊)
d0303129_12261032.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

マクロフラッシュを使用して撮ってみる(写真3)。

▼写真3 クロスジフユエダシャク♀ その1c(ノートリミング、2017年12月13日、東京近郊)
d0303129_12261790.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真4はチャバネフユエダシャク♀。
地味な色彩の多いフユシャクの中にあって、チャバネフユエダシャク♀は異色の存在だ。その模様からホルスタインとも呼ばれる。

▼写真4 チャバネフユエダシャク♀ その1a(ノートリミング、2017年12月23日、東京近郊)
d0303129_12262948.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

フィッシュアイレンズでも撮ってみた(写真5)。
やっぱりフィッシュアイレンズは面白い。

▼写真5 チャバネフユエダシャク♀ その1b(ノートリミング、2017年12月23日、東京近郊)
d0303129_12263633.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

写真6はマクロフラッシュ使用。

▼写真6 チャバネフユエダシャク♀ その1c(ノートリミング、2017年12月23日、東京近郊)
d0303129_12264538.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真7は別個体。

▼写真7 チャバネフユエダシャク♀ その2(ノートリミング、2017年12月23日、東京近郊)
d0303129_12265378.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

3日後にはロープにいる個体も見つけた(写真8)。

▼写真8 チャバネフユエダシャク♀ その3(ノートリミング、2017年12月26日、東京近郊)
d0303129_1227343.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

残念ながら♂の姿は今季まだ見ていない。以前ならトイレなどで気軽に見られた気がするが近年はさっぱりだ。

by mikiosu | 2017-12-26 23:59 | | Comments(2)

クロスジフユエダシャクの♀と♂(2017年12月6日)

主フィールドをぶらぶらした12月3日には木柵でクロスジフユエダシャクの♀を見つけた(写真1)。
クロスジフユエダシャクの♂はあちこちで飛んでいるのを見かけるが♀はなかなか見つからないので嬉しい。

▼写真1 クロスジフユエダシャク♀ その1a(2017年12月3日、東京近郊)
d0303129_6214858.jpg


30ミリマクロレンズでちょっと引いて撮る(写真2)。

▼写真2 クロスジフユエダシャク♀ その1b(ノートリミング、2017年12月3日、東京近郊)
d0303129_6215717.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

フィッシュアイレンズでも撮ってみる(写真3)。

▼写真3 クロスジフユエダシャク♀ その1c(ノートリミング、2017年12月3日、東京近郊)
d0303129_622732.jpg


フィッシュアイレンズでできるだけ近づき、周辺を少しトリミングすれば歪みはあまり気にならなくなる(写真4)。

▼写真4 クロスジフユエダシャク♀ その1d(2017年12月3日、東京近郊)
d0303129_6221581.jpg

※写真3、4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

写真5は近くにいた別個体。
さほど労せずに2個体見つかったのはかなりラッキー。

▼写真5 クロスジフユエダシャク♀ その2(ノートリミング、2017年12月3日、東京近郊)
d0303129_6222535.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

一方、♂の方は毎年♀の10倍くらいは見かける。しかし飛んでばかりでなかなかシャッターチャンスがなかったりする。
この日も飛んでいるところを一応押さえただけ(写真6)。
地面に降りてもよほど注意深く見ていないと見失ってしまうだろう。

▼写真6 クロスジフユエダシャク♂ その 飛翔中(2017年12月3日、東京近郊)
d0303129_6223837.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

3日後にようやく静止個体が撮れた(写真7、8)。

▼写真7 クロスジフユエダシャク♂ その2(2017年12月6日、東京近郊)
d0303129_6225068.jpg

▼写真8 クロスジフユエダシャク♂ その3(2017年12月6日、東京近郊)
d0303129_6225844.jpg

※写真7、8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ところによってはもうチャバネフユエダシャクやクロオビフユナミシャクも出ているらしい。取りあえず第一弾のクロスジフユエダシャクが♂も♀も撮れて良かった。

by mikiosu | 2017-12-06 23:59 | | Comments(0)

シロオビフユシャク&ナミスジフユナミシャク(2017年1月11日)

この冬、主フィールドではフユシャクの数がとても少ない。昨冬も少なかったが、今季はそれ以上。このままどんどん少なくなってしまうのだろうか。

写真1〜3はシロオビフユシャク♀。
この日、シロオビフユシャク♀だけは3匹見つかった。
12-100ミリズームレンズで体長10ミリ前後のフユシャク♀もきっちり撮れてしまうので、秋に買った30ミリマクロレンズの出番がほとんどない(苦笑)。

▼写真1 シロオビフユシャク♀ その1(2017年1月4日、東京近郊)
d0303129_4425230.jpg

▼写真2 シロオビフユシャク♀ その2(2017年1月4日、東京近郊)
d0303129_443388.jpg


色が濃い(黒っぽい)とクロバネフユシャクと紛らわしいが、これもシロオビフユシャク♀でいいだろう(写真3)。

▼写真3 シロオビフユシャク♀ その3(2017年1月4日、東京近郊)
d0303129_4431548.jpg


写真4は翌日近所の塀で見つけたシロオビフユシャク♂。

▼写真4 シロオビフユシャク♂ その1(2017年1月5日、都区内)
d0303129_4432851.jpg


5日後にはプチ遠征先の公園内のトイレで♂を見つけた(写真5)。
主フィールドではまだ♂の姿を見つけていない。

▼写真5 シロオビフユシャク♂ その2(2017年1月10日、東京近郊)
d0303129_4434143.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真6〜8はナミスジフユナミシャク♀。
最初に見つけた個体はイチモジフユナミシャク♀とちょっと紛らわしかった(写真6)。これは主フィールドの擬木柵にいた。
(訂正:主フィールドにおけるナミスジフユナミシャク♀の今季初撮りは2016年12月29日であった。2017年1月14日記)

▼写真6 ナミスジフユナミシャク♀ その1(2017年1月5日、東京近郊)
d0303129_4435941.jpg


写真7、8はナミスジフユナミシャク♀でまず間違いないと思う。
写真7は木柵で、写真8は擬木柵で見つけた。ナミスジフユナミシャクの♂の方は東京郊外では12月21日に見ているが、主フィールドではまだ見かけていない。

▼写真7 ナミスジフユナミシャク♀ その2(2017年1月5日、東京近郊)
d0303129_444122.jpg

▼写真8 ナミスジフユナミシャク♀ その3(2017年1月10日、東京近郊)
d0303129_4442510.jpg


綺麗な色のイチモジフユナミシャク♀もまだいた(写真9)。

▼写真9 イチモジフユナミシャク♀(2017年1月7日、東京近郊)
d0303129_4443737.jpg


写真10はプチ遠征先のトイレにいたイチモジフユナミシャク♂。
♂は主フィールドでも撮影済みだが、せっかくなので♂♀両方載せておく。

▼写真10 イチモジフユナミシャク♂(2017年1月10日、東京近郊)
d0303129_4444753.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

例年なら見かけても撮らなくていいか、というくらい発生するウスバフユシャクは、まだ主フィールドでは出ていない。ウスバフユシャクが毎日複数見られないようだと、主フィールドのフユシャク生息数はかなり深刻ではないかと危惧する。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

by mikiosu | 2017-01-11 23:59 | | Comments(6)

イチモジフユナミシャク&ナミスジフユナミシャク(2016年12月25日)

暮れも押し詰まってきたので、その後のフユシャクの様子を少々。
写真1はクロスジフユエダシャク♀。
今季は交尾シーンを撮っているので♂も♀も撮影済みなのだが、個体数が少なくてあまり撮影チャンスは多くなかった。

▼写真1 クロスジフユエダシャク♀(2016年12月17日、東京近郊)
d0303129_14515554.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真2は主フィールドでは今季初撮りのチャバネフユエダシャク♂。
今季は5〜6匹見かけたが、ほとんどトイレや民家の壁で見つけたもの。これは主フィールドの柵にいた。

▼写真2 チャバネフユエダシャク♂(2016年12月16日、東京近郊)
d0303129_1452753.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真3、4は今季既に掲載済みだがチャバネフユエダシャク♀。
主フィールドでは♂よりも♀の方がよく目につく。
写真3は12−100ミリズームで引き気味に、写真4は40−150ミリズームでアップで撮ってみた。

▼写真3 チャバネフユエダシャク♀ その1(2016年12月23日、東京近郊)
d0303129_14521818.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真4 チャバネフユエダシャク♀ その2(2016年12月25日、東京近郊)
d0303129_14523023.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真5は今季初撮りのイチモジフユナミシャク♂。
珍しく葉上にとまっていたので喜んで撮る。

▼写真5 イチモジフユナミシャク♂ その1(2016年12月17日、東京近郊)
d0303129_14524320.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

大体は写真6のようにトイレで見つかる(写真6)。
これは丘陵方面のトイレで撮ったもの。

▼写真6 イチモジフユナミシャク♂ その2(2016年12月21日、東京郊外)
d0303129_14525566.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

主フィールドでは柵で見つかることがほとんど(写真7)。

▼写真7 イチモジフユナミシャク♂ その3(2016年12月23日、東京近郊)
d0303129_145354.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

東京郊外にアサギマダラ幼虫を撮りに遠征していると、主フィールドの観察仲間であるおはるさんから、イチモジフユナミシャク♀が出ていると連絡が来た。
午後遅く主フィールドに寄ってみるとまだイチモジフユナミシャク♀はそのまま柵に留まっていた(写真8)。

▼写真8 イチモジフユナミシャク♀ その1a(2016年12月23日、東京近郊)
d0303129_14531611.jpg


イチモジフユナミシャク♀は綺麗だし、主フィールドでは年に1〜2個体くらいしか見られないので嬉しい。
引き気味のカットからアップまで12−100ミリズームでいっぺんに撮れるのはありがたい。

▼写真9 イチモジフユナミシャク♀ その1b(2016年12月23日、東京近郊)
d0303129_14532875.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真10は丘陵方面で撮ったナミスジフユナミシャク♂。
これもトイレの中で見つけた。主フィールドで見られるのは1月に入ってからかな。

▼写真10 ナミスジフユナミシャク♂(2016年12月21日、東京郊外)
d0303129_14533952.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

この日丘陵方面で雑木林の中を歩いていると、こんなシーンに遭遇した(写真11、12)。
フクラスズメなのだが、散策路脇の木の枝に刺さっていた。

▼写真11 フクラスズメ その1a(2016年12月21日、東京郊外)
d0303129_14535198.jpg

▼写真12 フクラスズメ その1b(2016年12月21日、東京郊外)
d0303129_1454185.jpg

※OLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

フクラスズメはかなり大きい蛾だし、刺さっている場所もモズのハヤニエにしてはちょっと違和感があった。誰かに刺されたのか、それともやはりモズなのか…。
最近はヤママユなどの大物蛾も手乗り撮影に挑戦したりする私であるが、蛾の中には触りにくいオーラを感じるタイプがいくつかある。フクラスズメもその中のひとつで、私ならフクラスズメを掴んで枝に刺すなどご免被りたい。

by mikiosu | 2016-12-25 23:59 | | Comments(4)

チャバネフユエダシャク&クロオビフユナミシャク(2016年12月11日)

好天の12月9日は久し振りにヘムレンさんと丘陵方面に遠征。
特に狙いがあった訳ではなく、敢えて言えばお昼に美味しいうどんを食べたかった(笑)。
埼玉県側の公園外れのトイレではチャバネフユエダシャク♂を今季初撮り(写真1)。
♀の方は主フィールドで2〜3匹見かけているが、まだ♂は見つけていなかった。

▼写真1 チャバネフユエダシャク♂(2016年12月9日、埼玉県)
d0303129_14332767.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&エレクトロニックフラッシュFL-600R

写真2はクロオビフユナミシャク♂。
こちらは丘陵のトイレで今季初撮り。

▼写真2 クロオビフユナミシャク♂(2016年12月9日、東京郊外)
d0303129_14333956.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&エレクトロニックフラッシュFL-600R

写真3はナカオビアキナミシャク。
最初はイチモジフユナミシャク♂かと思ったものの、微妙に違うような気がして調べるとナカオビアキナミシャクだった(汗)。
これもトイレで見つけた。

▼写真3 ナカオビアキナミシャク(2016年12月9日、東京郊外)
d0303129_14335137.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&エレクトロニックフラッシュFL-600R

写真4はカシワキボシキリガ。
カシワキボシキリガも初冬によく見かける蛾だ。

▼写真4 カシワキボシキリガ(2016年12月9日、東京郊外)
d0303129_1434239.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

公園の桜を見上げるとイラガの繭があった(写真5)。
模様が薄いのがちょっと残念(笑)。

▼写真5 イラガの繭(2016年12月9日、埼玉県)
d0303129_14341541.jpg

※写真5はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

この日最大の発見はいつか見てみたいと思っていたモズのハヤニエ(写真6)。
この日はひょっとして見つけられるのではないかと何となく感じていた。

▼写真6 モズのハヤニエ(トノサマバッタ)(2016年12月9日、埼玉県)
d0303129_14342515.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

モズどころか野鳥の姿はさっぱり見られなかったけれど、モズのハヤニエが撮れたので満足して撤収した(笑)。

by mikiosu | 2016-12-11 23:59 | | Comments(0)

クロスジフユエダシャク登場(2016年12月5日)

例年主フィールドで最初に見られるフユシャクのクロスジフユエダシャク。今季はチャバネフユエダシャク♀に先を越されてしまったが、12月2日にその姿を見せてくれた。

写真1は今季初撮りのクロスジフユエダシャク♂。
昨年は11月21日、一昨年は11月14日だったので、今年はだいぶ遅い登場だ。

▼写真1 クロスジフユエダシャク♂ その1a(2016年12月2日、東京近郊)
d0303129_2521041.jpg


この日は柵でも見つけた(写真2)。

▼写真2 クロスジフユエダシャク♂ その2(2016年12月2日、東京近郊)
d0303129_2522139.jpg


二日後には公園隣接の民家外壁で見つけた(写真3)。

▼写真3 クロスジフユエダシャク♂ その3(2016年12月4日、東京近郊)
d0303129_2523388.jpg


ムラサキシジミのポイント付近で観察仲間のおはるさんに交尾個体がいるのを教えてもらった(写真4)。
ここは最近刈られたばかりの笹薮の外れ。こんなところで交尾して、どこで産卵するつもりなのか、他人事(?)ながら気になる。

▼写真4 クロスジフユエダシャクの交尾シーン その1a(2016年12月4日、東京近郊)
d0303129_252447.jpg


反対側から見ると交尾中かどうかよく分からない(写真5)。

▼写真5 クロスジフユエダシャクの交尾シーン その1b(2016年12月4日、東京近郊)
d0303129_2525642.jpg


翌日は飛んできた♂がツバキの葉上にとまってくれた(写真6)。

▼写真6 クロスジフユエダシャク♂ その4(2016年12月5日、東京近郊)
d0303129_253557.jpg


例年♀を見つけるのに苦労するのだが、今季はおはるさんのおかげで交尾シーンもあっさり撮れた(笑)。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

by mikiosu | 2016-12-05 23:59 | | Comments(0)